院庄館(いんのしょうやかた)

院庄館の基本情報

通称・別名

所在地

岡山県津山市院庄(作楽神社)

旧国名

美作国

分類・構造

平城(方形館)

天守構造

築城主

不明

築城年

鎌倉時代前期

主な改修者

主な城主

後醍醐天皇

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀、井戸

指定文化財

国史跡(院庄館跡(児島高徳伝説地))

再建造物

碑、説明板

周辺の城

神楽尾城(岡山県津山市)[4.5km]
津山城(岡山県津山市)[5.6km]
葛下城(岡山県苫田郡)[7.7km]
岩屋城(岡山県津山市)[10.0km]
医王山城(岡山県津山市)[13.2km]
西屋城(岡山県苫田郡)[13.4km]
竜王山城(岡山県久米郡)[16.9km]
三星城(岡山県美作市)[19.2km]
井の内城(岡山県美作市)[20.0km]
周匝茶臼山城(岡山県赤磐市)[20.5km]

院庄館の解説文

作楽神社(さくらじんじゃ)は、岡山県津山市神戸にある神社である。鎌倉時代から室町時代にかけて美作国守護の館(「院庄館」)があった地に、後醍醐天皇とその忠臣児島高徳を祭神として、明治2年(1869年)、津山藩主松平慶倫により創建された。

1922年(大正11年)3月8日、敷地全体(30,189平方メートル)が、「院庄館跡(児島高徳伝説地)」として国の史跡に指定された。1973年(昭和48年)11月から1974年(昭和49年)3月までと1980年(昭和55年)11月から1981年(昭和56年)1月までの2度にわたり、津山市教育委員会によって発掘調査が行われた。

院庄館の口コミ情報

2021年05月03日 ドクターイエロー
鬼山城[院庄館  周辺城郭]



標高170m(比高50m)山頂に築かれています。交通の要衝に造られていて、周辺地域をくまなく押さえることのできる位置にあります。北側と南側に城域が区分され、それぞれに階段状の曲輪(北に6段、南に3段)が配置されています。城の西側は切り立った切岸で固められ、更に上部には土塁が続いています。北の曲輪には鬼の井戸跡と竪堀もわずかに確認できました。コンパクトな山城ですが、主郭、切岸、土塁、堀、曲輪等の遺構が比較的良く残っているようです。

地元の保存会の尽力により県道70号線からの案内看板が整備され迷うことなく城に行けます。ただし道は細く急勾配なので大型車には不向きです。有り難いことに西側切岸直下まで車で乗りつけることが可能で小さな駐車場(2台可能)も用意されています。更に仮設トイレやパンフレットも用意されています。ベンチも設置してあり、見学しやすい城です。地元愛、素晴らしいですね!感謝感謝です。

この地には元祖・美咲桃太郎伝説が伝えられており、岡山市、香川県高松市、愛知県犬山市の桃太郎三大伝説地よりも2年前に発表された日本一早いものとのことです。鬼が住みついていた山なので鬼山、納得ですね!城の周りには伝説の地が点在しています。地名にも残っています。パンフレットをゲットしてゆかりの地ウオーキングも良さそうです。

またここ美咲町は幕末から明治にかけて活躍したジャーナリスト岸田吟香(麗子像で有名な洋画家・岸田劉生の父)の出身地でもあります。吟香は明治5年(1872)卵かけご飯を食べた日本で初めての人物とされ、周囲に卵かけご飯を勧めたとされています。城の南東2キロの美咲町運動公園内には美味しい卵かけご飯のお店があります。おかわり自由!城攻めの疲れを癒してください。R3.5.3訪城

2021年04月09日 しおうまる美作守
美和山古墳群[院庄館  寺社・史跡]



岡山県津山市二宮に所在する、国指定史跡美和山古墳群です。
美作地方最大の前方後円墳である全長80mの1号墳(胴塚)2号墳(円墳、蛇塚、直径34m)3号墳(円墳、耳塚、直径37m)と6号墳(円墳、直径16m)の4基で構成されています。戦国期においては山城としても利用され、江戸時代にまとめられた作陽志には、城主立石掃部亮久朝のとき三星城主、後藤勝基によって陥落したとあります。南には隣接する龍潭寺がありますが、西方に駐車スペースがありますのでご利用はこちらがお勧めです。

山城跡と言うことで訪ねましたが、どこからどう見ても気持ちよく古墳です。
しかし…周囲には人の気配が全く無く、前線の出城に取り残された足軽の気分。
城郭遺構としては北側の紫竹川を天然の堀とし、前方後円墳の前円部と後円部の先端部、曲輪となる上部の削平地に土塁が残っています。丘陵からの見晴らしは良く、周囲を見渡すと北部に神楽尾城、南は嵯峨山城、東へ目を向けると津山城と、周辺の城の位置関係がハッキリ分かります。以前、神楽尾城に登城したときは美和山城が上から丸見えでした。神楽尾が落ちれば必然的に落ちる城ですね。

ジャンルは違いますが、古墳が好きって方の気持ち分かった気がしました♪

【フォト一覧】
上左より
① 北側より前円より後円方向
② 現城主様のお宅入り口…笑
③ 東側後円部の土塁
④ 西側前円部の土塁
下左より
① 主郭となる後円部上の土塁
② 北部神楽尾城遠望(中央)
③ 東部津山城遠望(中央)
④2号基


【登城日】令和3年4月2日

2020年10月19日 織田上総介晃司
院庄館

院庄IC近くの作楽神社が院庄館跡となります。
作楽神社参拝者用駐車場が南側にあります。

作楽神社からほど近い場所の「道の駅久米の里」に全長7mのZガンダムがあります。

院庄ICから北上すると美作三湯の1つ奥津温泉があります。
津山藩主専用の鍵湯があるなど由緒ある温泉です。
冬場を除く毎週日曜朝8:30より早乙女姿の女性の方による足踏み洗濯の演習が行われております。
宿泊者や朝駆けの方へのちょっとしたご褒美です。

2020年10月19日 ドクターイエロー
院庄館



中国自動車道・院庄ICよりすぐのところにあります。駐車場も広く用意されています。敷地内には作楽神社があって、御城印ではなく御朱印を授かることができます(15時までです)。広くて静かな佇まいに圧倒されます。R2.10.18訪城

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore