徳倉城(とくらじょう)

徳倉城の基本情報

通称・別名

徳蔵城、土倉城

所在地

岡山県岡山市北区御津河内

旧国名

備前国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

松田親秀

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

松田氏、宇垣氏、遠藤氏(宇喜多氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、石垣、堀切、井戸跡

指定文化財

県史跡(徳倉城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

金川城(岡山県岡山市)[4.5km]
鍛冶山城(岡山県岡山市)[9.2km]
冠山城(岡山県岡山市)[10.4km]
辛川城(岡山県岡山市)[10.5km]
備中高松城(岡山県岡山市)[11.4km]
富山城(岡山県岡山市)[11.5km]
岡山城(岡山県岡山市)[12.7km]
大廻小廻山城(岡山県岡山市)[13.0km]
鬼ノ城(岡山県総社市)[13.0km]
賀陽氏館(岡山県岡山市)[13.3km]

徳倉城の解説文

徳倉城(とくらじょう)は、岡山県岡山市北区御津河内にある平山城

歴史
築城年代は定かではない。『備前記』には遠藤河内守が在城した戸倉古城、『備陽国誌』には宇垣一郎兵衛、遠藤河内守が在城した戸倉山城・徳倉城、『吉備前秘録』には須々木備前守、浮田河内守が在城した土倉の城、などの記述が見られる。

金川城主の松田元隆が金川城の支城として整備したと考えられ、天文年間(1532~1555)から永禄5年(1562)頃までは、松田氏の重臣である宇垣氏が城主を務めたとされる。

永禄11年(1568)に宇喜多直家が松田氏を滅ぼすと徳倉城も宇喜多氏に攻められ、直家の家臣である遠藤河内守が城主となったようだ。

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い後に宇喜多秀家が改易となり備前が小早川秀秋の領地となると、徳倉城も廃城になったと考えられている。

遺構
旭川水系の三谷川に面した、高尾山から北にのびる山塊の先端付近、標高232mの山頂に築かれている。案内板西側の県道沿いから大手道を登るルートと、徳蔵神社から登るルートがある。

山頂の本丸を中心に、北の尾根上に大小4段の出曲輪、北東の尾根上に二の丸・大手曲輪・大手出曲輪、南東の尾根上に三の丸を2~6mの比高差で階段状に置く。さらに、北尾根と南東尾根の下方約100mには、出丸らしき曲輪群が階段状に配置されている。

本丸以外は堀切で分断しながら尾根に沿って階段状に曲輪を配する中世山城の様相だが、本丸だけは通路が鋭角に屈折する折坂虎口が採用されていたり、石垣で固められていたりと改変がうかがえる。本丸や二の丸では瓦片が採集されており、何らかの建物があったと推定されている。

本丸は細かい折れを伴い、3か所の虎口のうち、東辺中央付近から北東尾根の曲輪群に通じる虎口が折坂虎口となっている。曲輪直下には枡形のような空間が設けられ、横矢が掛かる設計だ。本丸北端から東辺に積まれた石垣と連動することで、防御を固めているのだろう。東辺南端から北東尾根の曲輪群や南東尾根の曲輪群に通じる虎口は坂虎口で、本丸側L字形の石列を設けて内枡形状の空間が設けられている。本丸西辺南端からも南東尾根の曲輪群に通ずる虎口があり、ここも通路幅が狭い坂虎口で、通路が屈曲する場所には石積みがある。

大手曲輪のある北東尾根を挟み込むようにして、北尾根と南東尾根の尾根上に曲輪群を設けて防御を固めていると考えられる。両側の2つの尾根には、先端部にまで曲輪群を構築。谷筋の道のりは大手曲輪に近づくと急斜面になり、やがて二の丸の上段に通じ、本丸への虎口に至る。北東尾根の北端は、幅約6m、深さ約8mの堀切でしっかりと遮断している。

本丸北端から東辺の石垣は高さ約4~5mに及び、圧巻だ。本丸に至る通路、本丸付近の虎口の技巧性も見事で、見ごたえがある。

交通
岡山空港から車で約10分、山陽自動車道岡山ICから車で約20分

参考文献
『岡山県中世城館跡総合調査報告書 第1冊-備前編-』、岡山県教育委員会、2020年。

文:萩原さちこ

徳倉城の口コミ情報

2019年12月22日 作州牛刑部少輔SMG46
徳倉城

地元の方作成のパンフレットにも記載されていますが、駐車場は河内公民館前の広場をご利用くださいとのことです。
火の見櫓が目印です。

2019年12月22日 大納言織田晃司
徳倉城

大手登山道より登城。

駐車場は無く、大手登山道近くの広くなった路肩に停める。
駐車禁止の標識はありませんが岡山空港に向かう道なので交通量はそこそこあるので、当て逃げされないよう気をつけて停めました。

登城時間によっては本丸から離陸直後の飛行機を見ることができます。

2017年01月03日 石工集団穴太衆
徳倉城

徳倉城は高尾山から北へ伸びた山塊の先端頂部にあり、三谷川に面した標高232mの山頂に築かれて山頂の本丸を中心に南北の尾根と北東の尾根に曲輪群を配し、東へ伸びた尾根に出丸を設けている。本丸部分以外は階段状に五段の曲輪を配し、堀切によって遮断する一般的な中世山城の形態を成して本丸部分のみは高石垣が設けられている本丸は南北に長い曲輪で妙見堂が鎮座している石垣は東面に設けられており、坂虎口に対して横矢の張り出しがある南端には幅1m程の多聞櫓跡のような遺構があり、中央に階段が付いている、興味深い遺構は搦め手側にあり、鞍部から東の徳蔵神社に向かって降りる道沿いに堀底道のような空堀遺構が残っている。幅が狭い割に深さがあり、水が流れている形跡もない。案内板によれば500m程の規模で残され南側の尾根続きの部分を遮断できる規模である県道61号線沿いに案内板とパンフレットが用意されている大手道は案内板から西に向かって行き、三谷川沿いの旧県道付近に入口がありせまいが軽四なら進入し駐車出来る又県道沿いに路側帯があり駐車可大手から登り搦め手側から降りて来るのがベスト

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore