猿岡山城(さるおかやまじょう)

猿岡山城の基本情報

通称・別名

猿岡城、粉河城、秋葉山城

所在地

和歌山県紀の川市粉河

旧国名

紀伊国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

根来衆

築城年

天正元年(1573)

主な改修者

藤堂高虎

主な城主

根来衆、藤堂高虎

廃城年

慶長元年(1596)

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

古和田城(和歌山県紀の川市)[4.6km]
根来寺(和歌山県岩出市)[8.2km]
根福寺城(大阪府貝塚市)[10.1km]
日根荘城館(大阪府泉佐野市)[10.5km]
真田庵(和歌山県伊都郡)[14.2km]
和佐山城(和歌山県和歌山市)[14.5km]
北野城(和歌山県和歌山市)[14.8km]
寺中城(和歌山県海草郡)[15.5km]
千石堀城(大阪府貝塚市)[15.8km]
吉見陣屋(大阪府泉南郡)[16.8km]

猿岡山城の解説文

猿岡山城(さるおかやまじょう)は、紀伊国(現・和歌山県紀の川市粉河)にあった城。別名、粉河城。

概要
1573年(天正元年)、根来寺と並んで紀ノ川流域に勢力があった粉河寺が寺の防衛のために境内南側の猿岡山(現・秋葉山)に築城。1585年(天正13年)の紀州征伐の後、紀伊国粉河に封じられた藤堂高虎が粉河寺を牽制するために入城し、改築した。山城で南側に流れる中津川を堀として代用した城で、高虎が伊予国宇和島に移封された後、廃城となる。隣接する粉河寺を一望できる。

現在は秋葉山公園として整備され、曲輪のみが残されている。公園内に城跡を示す石碑と説明文がある。

猿岡山城の口コミ情報

2021年08月30日 琉城【JM】和泉守
粉河寺(城郭寺院)[猿岡山城  周辺城郭]



粉河寺
1573年に僧兵が境内内に城を築いて、寺の防衛を図った(猿岡山城)。1585年、豊臣秀吉の紀州征伐によって陥落。この後、猿岡山城には藤堂高虎が入る。

粉河御殿
元和5年、徳川頼宣が和歌山入封後に造営した、鷹狩りの休憩場所。石垣が残る☆また、近くにある旧南丘家住宅は、御鷹匠屋敷の遺構である。

写真は粉河御殿の遺構である石垣。

2021年06月01日 課長大和守side-B
最初ヶ峰城[猿岡山城  周辺城郭]



最初ヶ峰城は南北朝期に南朝方の砦があった所で太平記にもその存在が記されているとのこと。
土塁囲みの主郭に腰郭が付随する縄張りだったようですが、現在は公園化され雛壇状の地形と竪堀や土塁を想起させる植込みが往時を偲ばせるのみです。

アクセスは国道424号より南の山側へ登り詰めた庄前峠から西へ尾根伝いの舗装路を進んだ所で駐車場もあります。
また庄前峠の分岐付近には縄張り図を伴う説明板が設置されています。

遺構はありませんが地元では桜と夜景の名所として知られているらしく城跡から眺める紀ノ川流域の景観も素晴らしいので近くまで行かれる際には是非(^^)

2020年11月28日 首藤丹後守通宗
猿岡山城



粉河寺方面から川沿いに進むとこの看板に出会います。駐車場はないけど看板横に1台停めるスペースがあったので駐車。
階段を登る過程では遺構らしきものはなく、明確にわかるのは反対側の遊具周辺に認められる削平地くらいでしょうか。
展望台下の長い道だけ時間切れで行けなかったので、そこには何かあるのかも?と思いながら下城。

2020年10月03日 琉城【JM】和泉守
猿岡山城



藤堂高虎が築いた城。粉河寺境内にある秋葉山にある。遺構は曲輪のみ。

登城口は3カ所ある。

二の丸跡には石碑と説明板がある。本丸跡には遊具があり、そこから一段降りたところに腰曲輪がある。城跡は公園として整備されている。

① 石碑と説明板
② 整備された曲輪跡
③ 本丸跡
④ 本丸跡の後ろにある腰曲輪
⑤ 南の登城口を降りていったところにある削平地

駐車場は有料駐車場に止めました。

2016年12月29日 まるき〜主膳佑
猿岡山城

近所を通ったので寄り道してきました…

紀の川市地域巡回バスのバス停「秋葉台」より住宅地の奥に迷い込み住民の方に声をかけてみたら駐車場は無いとの事
粉河寺の駐車場を利用すると500円かかるので城跡観るだけならどこに停めても構わないと言う事で空いてるスペースに停めさせて頂きました。
城跡まで歩いて2分!
子供が遊べる遊具等がある公園になっていますが説明を読むと切り通し堀等の遺構らしいものがあるらしく探してみると粉河寺とこの山の間は確かに人工的に切り立った崖っぽい感じがする。
山頂?付近は平らにしてあり陣地っぽくていかにも城跡、現地を頭の中の想像で、塀と幟を立てて当時の様子を思い浮かべて自己満足。
北側に粉河寺、南側には展望台があるがあまり高くないので眺望はイマイチ…でした。

粉河寺は西国三十三所の三番です。
ついでに猿岡山城のリア攻め!どーでしょう…。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore