篠山城(ささやまじょう)

篠山城の基本情報

通称・別名

桐ヶ城

所在地

兵庫県篠山市北新町他

旧国名

丹波国

分類・構造

輪郭式平山城

天守構造

なし

築城主

徳川家康

築城年

慶長14年(1609)

主な改修者

主な城主

松平氏、青山氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

石垣、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(篠山城跡)

再建造物

御殿、石碑、説明板

周辺の城

沢田城(兵庫県篠山市)[1.2km]
八上城(兵庫県篠山市)[3.6km]
籾井城(兵庫県篠山市)[11.4km]
藍岡山城(兵庫県三田市)[12.8km]
柏原陣屋(兵庫県丹波市)[13.9km]

篠山城の解説文

篠山城(ささやまじょう)は、兵庫県篠山市北新町にある日本の城跡(近世城郭)。篠山盆地の中央部、笹山とよばれる小丘陵に築かれた平山城。国の史跡に指定されている。

歴史・沿革
江戸時代
1609年(慶長14年)徳川家康は、松平康重を常陸国笠間城から丹波国八上城に移し、さらに新城の築城を命じた。これは、山陰道の要衝である丹波篠山盆地に城を築くことによって、大坂の豊臣氏をはじめとする西国諸大名のおさえとするのが目的であったとされる。

篠山盆地中心部の丘陵である笹山を築城地と定め、藤堂高虎が縄張を担当した。普請総奉行を池田輝政が務め、15か国20の大名の助役による天下普請により6か月で完成した。

明和3年、藩校「振徳堂」を建設。

以後、松平三家八代、青山家六代の居城として明治を迎えた。

近現代
明治6年から城郭の建造物は取り壊され始める。二の丸の大書院(おおしょいん)は取り壊しに多くの費用が必要な事や旧藩士の安藤直紀の働きかけで保存される事になった。しかし、取り壊しから免れた大書院も1944年(昭和19年)1月6日に失火により焼失している。明治維新後、城地には役所や学校などが建てられた。
 明治8年から明治43年まで大書院は篠山小学校(篠山尋常小学校)の校舎、明治43年からは多紀郡公会堂として利用されていた。
 明治45年から大正11年まで二の丸に郡立高等女学校があった。
昭和28年頃には内堀が埋め立てられ、公園化が進む。
昭和29年頃から多紀文化顕彰会や多紀郡町村会長が国に対して保存活動を行う。
昭和31年12月28日 - 国の史跡に指定される。
平成5年12月 - 城下町地区が兵庫県の景観形成地区に指定される。
平成6年3月 - 篠山幼稚園と篠山養護学校を城外へ移転させる。...

篠山城の口コミ情報

大蔵大輔おね様[2017年05月21日]
パン屋さんの情報です。
篠山城へ行ったら、絶対訪れたいと思っていました。

お城好きには『城から5分』としか変換できないネーミング。
その名は、『白殼五粉(シロカラゴフン)』という天然酵母のパン屋さん。
お店の方も「丁度城から5分の所にあるからです。」とお話し下さいました。

素材にも拘っていて、例えば原材料名に、放し飼い卵やモンゴル産岩塩…とあります。
お値段ちょっとお高めですが、本当に美味しかったです。

篠山城へ行かれる際は、城から5分の白殼五粉にも是非立ち寄ってみてください。

織田左兵衛督晃司様[2017年02月23日]
篠山城前の駐車場(200円)に停めて登城。

徳川家康の命により築かれただけあって、大書院は規模が大きい。
内部も絢爛で、上段の間はもっとも格式が高く映画のロケにも使用された。
大書院に目がいきがちだが石垣も凄く圧倒される。

余談ではあるが、
篠山城とJR篠山口駅の距離が離れているのは「陸蒸気の如き箱車など(城を)通過させるはもってのほか」として、城と城下町から遠ざけたという。

福山や三原も見習ってほしかった。

ハチミツ式部卿様[2016年09月30日]
他の方の口コミにもありますが、JR福知山線の篠山口駅西口、2番乗場から、バスが出ています。
二階町まで、約15分くらいで、片道290円です。
二階町から、城下町を通って、篠山城大書院を目指しました。
普段は、これも口コミを参考にさせて頂きましたが、大書院、武家屋敷、青山歴史村、美術館の4館共通券があるようですが、この時は、(2016.9.8)美術館がお休みだったので、三館共通で、600円でした。
せっかくなので、三館廻らせて頂きました。
大書院周辺は、もちろん素敵でしたが、
武家屋敷もたくさん残っている区域があって、当時を偲ぶことができました。

カーネル様[2016年09月17日]
八上城から篠山城へ向かう場合です

八上城から篠山営業所バス停に戻り、さらに西へ県道77号を進み、城の北東にある東出丸を見学
ここだけでも、城跡として看板を出せるくらいの規模があります

そのまま東へ進み篠山城の北入口へ。石垣が高く掘は幅が広くてかっこいいです
城の南の青山神社と天守台を見学。天守台から八上城がキレイに見え、おー歩いてきたなぁ。と実感できます

大書院を見学してから北へ抜けて二階町バス停へ。篠山営業所-八上城-篠山城-二階町バス停で2時間半でした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

御狐神治部卿双熾様[2016年01月28日]
JR福知山線篠山口駅からバスで15分ぐらい。二階町下車して南へ300m。
マイカーの場合は城の北側に市営駐車場あります。
お食事は「デカンショうどん」オススメです♪

まるき〜淡路守様[2015年11月08日]
篠山城駐車場は200円

篠山城大書院のみの入館は400円、美術館、武家屋敷、青山歴史村の4館共通券は800円、時間があり、興味がある方にはお得!

大書院入って左の壁際に100名城スタンプ設置。

しまさ大納言様[2012年02月26日]
「100名城スタンプ情報」
大書院入口&受付横
(2012/2/11時点)

中納言M三郎様[2011年09月01日]
篠山城は、輪郭式の平城ですが、一般に弱い平城の防御力を様々な高虎流?の工夫で補った堅城です。外郭の虎口には、外側に角馬出を設け、塁線上には桝形という厳重さです。塁線は直線で単調、腰巻石垣とし上部は土塁ですが、城壁に屏風折を設け死角を減らし防御性を高めています。主郭の石垣は、最大16mの反りの小さな高石垣で固められ、虎口は二重桝型、塁上には本丸で幅2間、二の丸は1間の多聞櫓で防御されており、堀幅が狭いために、攻め手は真上から見えない敵の矢玉を受けることになります。建物が無いのが、惜しいです

にっこう様[2011年08月17日]
篠山口駅から城まで5kmあります。駅西口のバスか、東口のタクシー又はレンタサイクルの利用をおすすめします。ちなみに、レンタサイクルは、90分300円、1日500円です。

中納言M三郎様[2011年07月23日]
山陰道を扼し、篠山盆地中央に藤堂高虎公の縄張により天下普請で築かれた篠山城。中枢部は、コンバクトにまとめ、堀と犬走を持つ反りの無い高石垣、多聞櫓の塁線…まさに高虎流…興奮です。一方、輪郭式に設置した矩形の外周部は広大で、土塁と堀で防御し、虎口には馬出を設置して補強しています。しかし、外周部の長く直線状の塁線は、少人数で防御するには不向きであり、有事の派遣兵力を収容する拠点となり、常駐兵力なら堅牢な中枢部に引いて凌ぐといった工夫、意図を感じます。考え過ぎでしょうか?でも…高虎流築城術はすごい

古楽侍従広家様[2010年09月12日]
全国で唯一残っているといわれている近世城郭での土塁の馬出をみれた時は感動しました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore