丹南陣屋(たんなんじんや)

丹南陣屋の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府松原市丹南町

旧国名

河内国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

高木正次

築城年

元和9年(1623)

主な改修者

主な城主

高木氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

一津屋城(大阪府松原市)[2.9km]
小山城(大阪府藤井寺市)[4.3km]
東村砦(大阪府堺市)[5.1km]
高屋城(大阪府羽曳野市)[5.1km]
宇利和利城(大阪府大阪市)[5.4km]

丹南陣屋の解説文

丹南陣屋(たんなんじんや)は大阪府松原市丹南町(河内国丹南郡)にあった丹南藩の藩庁である。

歴史・概要
初代藩主高木正次は関東、及び近江国に9千石を領する旗本であったが、元和9年(1623年)大坂城定番となる。この時、1千石の加増を受け、河内国丹南郡に1万石を与えられ、陣屋を築いた。

6代正陳の時、江戸定府となった。元禄12年(1699年)所領の一部を下野国足利郡に移された。

13代正善の時、明治維新を迎えた。

なお、陣屋の御殿の客殿の一部が来迎寺の奥座敷として明治維新後に移築現存されていたが、取り壊されてしまい、現存しない。(非公開となっている)。

陣屋の隣にある高木氏の菩提寺である来迎寺山門前に陣屋の碑と説明版がある。陣屋跡は現在工場敷地や民家となっていて、陣屋の遺構を見る事は出来ない。

丹南陣屋の口コミ情報

左衛門尉ねこすずめ様[2016年06月29日]
駅から離れているので、車がお薦めです。隣のメガドンキに停めました。ちゃんと買い物もしましたよ(^^;

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore