鳥羽城(とばじょう)

鳥羽城の基本情報

通称・別名

鳥羽の浮城、錦城、二色城

所在地

三重県鳥羽市鳥羽3

旧国名

志摩国

分類・構造

平山城、海城

天守構造

型式不明[3重/1633年築/倒壊(地震)]

築城主

九鬼嘉隆

築城年

文禄3年(1594)

主な改修者

内藤忠重

主な城主

九鬼氏、内藤氏、土井氏、稲垣氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

県史跡(鳥羽城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

坂手村砲台(三重県鳥羽市)[1.1km]
田城城(三重県鳥羽市)[3.7km]
五ヶ所城(三重県度会郡)[19.1km]
田丸城(三重県度会郡)[19.9km]
斎宮城(三重県多気郡)[21.6km]

鳥羽城の解説文

鳥羽城(とばじょう)は、志摩国答志郡鳥羽(現在の三重県鳥羽市鳥羽)にあった城。鳥羽藩の藩庁が置かれた。

水軍の城で、大手門が海側へ突出して築かれたため、鳥羽の浮城、また、城の海側が黒色、山側が白色に塗られていたため、二色城、錦城とも呼ばれる。

歴史

鳥羽城があった桶の山(志摩国答志郡鳥羽)の鳥羽湾に突出した部分には中世、橘氏の居館があった。文禄3年(1594年)当時、豊臣秀吉の家臣であった九鬼嘉隆がその跡地に築城した。九鬼家3代、内藤家3代、天領、土井家1代、大給(松平)家1代、板倉家1代、戸田(松平)1代と目まぐるしく城主が代わり、享保10年(1725年)以降に稲垣家8代で漸く定着した。安政元年(1854年)に地震により城内天守以下の建物が倒壊し、修理を加えないまま、明治4年(1871年)に度会県が置県され同年に払い下げられ破却された。

現在
現在の鳥羽水族館の裏手にある低い丘が鳥羽城である。本丸跡は市立鳥羽小学校の運動場となっていた。山麓北側の武家屋敷跡には市役所・城山公園・旧鳥羽幼稚園などが造られ、遺構は本丸と旧家老屋敷の石垣が残っている。昭和40年(1965年)12月には、三重県史跡に指定されている。

鳥羽城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
説明の看板があります。
あまり、観光客はいませんでしたが、ちらほらと数人は散歩してたり城跡として訪れてる人はいました。
裏から登ると市役所みたいな施設がありました。
表から登ると城感のある構えで、城跡来た雰囲気味わえます。
眺めはいいです。

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年03月02日]
海賊大名、九鬼嘉隆。彼の生涯を見ると本当に興味深く面白いと思い今回はここと決めました。近鉄線鳥羽駅の4番出口から南に線路沿いに行き中京銀行を左に進むと鳥羽城入口の城山公園があります。公園を過ぎて石段を登ったら二の丸、三の丸、最深部に本丸跡です。一番の見所は三の丸の野面積の雛段状の曲輪です。三の丸入口に駐車スペース2台分あります。また城の北の泪橋からは明慶川に海水を引いた堀跡が残ってます。海城の匂いはあまり感じられませんが中之郷駅から百五銀行を周りこむと埋め立てしただろう跡が•••。堀跡と思います。戻って本丸上から見る眺望は山城から見るのと違い潮風と合わさり超気持ちいいですよ(^o^) 本丸上に模擬天守でもあればもっといいのにと思います。
九鬼一族も関ヶ原で親子が敵味方に別れて戦い、西軍の嘉隆は敗れて鳥羽沖の登志島
で切腹したとの事。子の守隆を死なせないようにとの親心かと思いました。_(._.)_

いち様[2016年01月13日]
本丸跡というよりグラウンド跡ですねえ。
旧小学校が廃墟のまま残ってるし。
ただ、二の丸辺りまで綺麗に整備されているので
天守復活できないかなあ、景色が凄くいい場所。
十分元は取れそうだけど。

コロ助様[2014年07月25日]
鳥羽駅から徒歩7分程。本丸は小学校の運動場として利用されていたらしく遺構は多くありませんが、鳥羽湾を見下ろせ、ロケーションは良いです。本丸西側の石垣は立派でした。

昨日訪れたのですが、ビニールテープやシートが張られている箇所があり不思議に思っていたら、今日7/25鳥羽湾花火の為の場所とりだったみたいです。城跡から眺める花火、羨ましいです。

OHMSS井村様[2012年11月10日]
今の鳥羽城跡は綺麗に整備され、春には九鬼嘉隆祭りも開催、この秋からは松坂城址と伊賀上野城とのスタンプラリーも始まりました。

ひろり様[2012年02月20日]
現説での写真をUP。
天守台の石垣、との事です。

シャア専用ゲルググ尾張守様[2011年02月28日]
鳥羽城跡に建てられた、旧鳥羽小学校が廃校になったまま放置されてます。
山頂の本丸跡が運動場跡に…。廃墟な感じがドキドキします

鳥羽城の周辺観光情報

カモメの散歩道

鳥羽駅前から海岸沿いに続くウッドデッキの遊歩道。海を眺めながら、気持ちよく歩くことができる。2005年「日本グッドデザイン賞」を受賞している。

詳細はこちら

情報提供:鳥羽市観光課
「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore