五ヶ所城(ごかしょじょう)

五ヶ所城の基本情報

通称・別名

五箇所城、愛洲城

所在地

三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦字城山

旧国名

伊勢国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

愛洲氏

築城年

康永年間〔北朝〕興国年間〔南朝〕(1342〜1345)

主な改修者

主な城主

愛洲氏

廃城年

天正4年(1576)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、石垣

指定文化財

県史跡(五ヶ所城 附 愛州氏居館跡及墳墓)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

一之瀬城(三重県度会郡)[10.4km]
越賀城(三重県志摩市)[13.8km]
田城城(三重県鳥羽市)[16.6km]
田丸城(三重県度会郡)[16.6km]
鳥羽城(三重県鳥羽市)[19.1km]

五ヶ所城の解説文

五ヶ所城は南北朝時代に南朝方についた愛洲氏が、五ヶ所浦北東の小高い丘の上に築いた城郭。

五ヶ所城は天正4年(1576年)、北畠氏の攻撃を受け落城、城主の愛洲重明は志摩国迫子(現在の志摩市浜島町迫子)まで逃げた後、自害したと伝えられる。

ただし、五箇所城と愛洲氏の関係に関しては、史料不足のため不明な点が多い。五ヶ所城の落城後は北畠氏の配下となり、田丸中務の弟・虎熊が五ヶ所に入り統治したとされる。

五ヶ所城の口コミ情報

伊勢守菊月姫様[2012年05月02日]
車だと「愛洲の里」という資料館があります(有)ただし資料館前の橋の幅がせまいので普通車以上は通行は無理かと。
資料館裏手が城址で、表から行くには急斜角の階段を、城址裏手の遊歩道沿いから行くには5㎝位の沢蟹が大量にいる獣道のような藪の中を行きますどちらにしても、歩きやすい服装と靴で。
「裏手から行って階段を降りてきて30分くらい」と資料館の人に言われましたが、15分で行けました

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore