中日向城(なかびうじょう)

中日向城の基本情報

通称・別名

中尾生城、中日向、中日尾城

所在地

静岡県浜松市天竜区龍山町中日向

旧国名

遠江国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

天野氏?

築城年

南北朝時代?

主な改修者

主な城主

天野氏、二俣近江守、匂坂長能、奥山氏

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)、土塁、切岸

指定文化財

再建造物

周辺の城

犬居城(静岡県浜松市)[8.0km]
二俣城(静岡県浜松市)[12.6km]
鳥羽山城(静岡県浜松市)[13.0km]
大平城(静岡県浜松市)[15.1km]
田沢城(静岡県浜松市)[15.8km]

中日向城の口コミ情報

あきおこ様[2018年12月12日]
【アクセス】
本アプリのマップでは城の北側に案内されますが南側から訪れるのが正解です。
南側の県道361号からT字路を右に曲がりつづら折れの林道を登ります。

道はアスファルト舗装された1~1.5車線路で退避所もあります。

集落から数分で通行止め(2018年12月現在)となり、その場所の左に数台停められる空き地と右に未舗装林道があります。この未舗装林道が登城路です。特に看板などありませんでしたので注意が必要です。

林道を登ると途中3か所ほど新しい案内標識があり迷うことなく10分ほどで城に到着します。
ただし途中に林業管理用の林道が複数分岐している為、行きに分岐をよく覚えておきましょう。
【見どころ】
登城してすぐの主郭下の円弧を描く土塁と堀切が一番の見どころです。縄張り図では二重堀切になっていると書かれていましたが確認できませんでした。
狭い二ノ郭、しっかり削平されているが小規模な主郭、斜面に小郭が複数あるだけの小さい城ですが、汗をかくこともなく山に囲まれた気持ちのよい森林浴を楽しむことができました。

人♡魚♡姫様[2013年12月01日]
県道361号線から地図の場所を目指して行きました。中日向というバス停があり、そこを通り越して少し行った所を右に曲がり進んで行くと何軒か民家があり、更に進んで行くと林道に入ります。もう少し登城口の近くまで車で行けそうでしたが工事中の為、空いてるスペースに車を止めて登城口の看板までまだ舗装させてない道を歩いて約20分→更に登城口から主郭を目指して20分あたりのもう少しの場所で草木で通れなくなっており小さな子連れのため掻き分けて入るのは厳しく断念。更に歩き回って別ルートを2つ見つけたがそちらも子連れには厳しく断念。またリベンジします‼‼︎

三河守コーキしゃん様[2012年07月22日]
国道361号から地図の付近まで行くと、林道になります。
林道手前に空間がありますので駐車できます。そこから徒歩30分程行った右手に「城山稲荷登山口」という看板が立っています。
後はお城の案内板が立っているので20分位登ると赤い鳥居がありますので、そこが主郭部です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。