藤島城(ふじしまじょう)

藤島城の基本情報

通称・別名

所在地

福井県福井市藤島町37

旧国名

越前国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

林光明

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

林氏、平泉寺衆徒、斯波氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

福井城(福井県福井市)[5.3km]
成願寺城(福井県福井市)[6.2km]
長崎城(福井県坂井市)[6.2km]
丸岡城(福井県坂井市)[6.9km]
波多野城(福井県吉田郡)[7.0km]
小黒丸城(福井県福井市)[7.5km]
東郷槇山城(福井県福井市)[8.7km]
安居城(福井県福井市)[9.2km]
一乗谷城(福井県福井市)[10.3km]
三留城(福井県福井市)[12.1km]

藤島城の解説文

南北朝時代に、平泉寺衆徒(北朝方)が立て籠もり南朝方と争った。

現在は寺地(西超勝寺)となっており、寺境内に土塁が残る。

アクセス
JR北陸本線福井駅⇒えちぜん鉄道「東藤島」下車⇒徒歩5分

情報提供:福井県教育委員会

藤島城の口コミ情報

2020年10月30日 PanzerVor!治部大輔
藤島城

西超勝寺さんは浄土真宗本願寺派で、東超勝寺さんと偏超寺さんは真宗大谷派です。東西超勝寺のルーツは本願寺第5代綽如上人です。朝倉家の朝倉宗滴と越前一向一揆の争い(九頭竜川の戦い)で、一時越前から加賀に亡命し、その後、加賀門徒と越前門徒の内部抗争(大小一揆)になったそうです。争いは越前門徒が勝ちましたが、織田軍の柴田勝家、前田利家、佐々成政、佐久間盛政の進攻で朝倉家は滅亡し、一向一揆は壊滅状態になったそうです。その後、本願寺が徳川ゆかりの東と、豊臣ゆかりの西に分派した時に超勝寺も東西に分かれたそうです。一向一揆に興味を持たれた方はぜひ本願寺第8代蓮如上人ゆかりのあわら市の吉崎御坊と石川県小松市の鳥越城跡をお勧めします。鳥越城跡は綺麗に整備され、一向一揆の資料館もあります。柴田勝家と佐久間盛政の恐ろしさもわかります。

2020年08月31日 左衛門佐平八郎
藤島城

西超勝寺が城跡です。住宅街の中で道が狭くすぐ近くに「東超勝寺」「偏超寺」など似たようなお寺があります。北側には僅かに土塁が残っているそうです。最寄駅の勝山永平寺線の東藤島駅はこじんまりしていてとても可愛いかったです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore