今石動城(いまいするぎじょう)

今石動城の基本情報

通称・別名

所在地

富山県小矢部市城山町

旧国名

越中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

前田利家

築城年

天正13年(1585)

主な改修者

主な城主

前田氏

廃城年

文禄3年(1594)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切、切岸、大手道

指定文化財

市史跡

再建造物

説明板

周辺の城

道坪野城(富山県小矢部市)[2.6km]
蓮沼城(富山県小矢部市)[3.2km]
木舟城(富山県高岡市)[5.0km]
安養寺城(富山県小矢部市)[6.3km]
一乗寺城(富山県小矢部市)[7.0km]

今石動城の解説文

今石動城(いまいするぎじょう)は富山県小矢部市に在った城。

構造
標高186mの白馬山に築かれた山城。曲輪跡、堀切が残る。本丸は山頂部に設置され、大きさは東西50m、南北30m。そこから伸びる6つの尾根を利用して城が構成されている。
なお、城域は250箇所以上の削平地が見つかっており県内でも有数の規模である事は疑い無いが、今後更に拡がる可能性がある為はっきりした事は言えない。

名前の由来
築城以前、この地は池田・吉原(葭原)と呼ばれていた。

白馬山頂には元々能登・越中国境にある石動山(せきどうさん)山頂に在った伊須流岐比古(いするぎひこ)神社から勧請した伊須流伎比古神社が在り、白馬山に築城するにあたってその神社名に因み「新しい石動(いするぎ)」=「今石動」と名付けたと云われているが、
天正10年(1582年)に前田利家が石動山天平寺を攻めた折、天平寺の衆徒は和睦の人質として本地仏の木造虚空蔵菩薩像を差し出し、その後城を築くにあたりこれを城の守護尊として愛宕神社に祀ったため、石動山から多くの衆徒が集まり今石動と呼ばれるようになったという話もある(但し利家は石動山を焼き尽くし、宗徒らにも撫で斬りに近い対応を以って臨んでいる)。この仏像は室町時代の作とみられ、現在は富山県小矢部市新富町4-9にある聖泉寺に安置されている(市文化財指定)。

因みに延徳3年(1491年)に冷泉為広によって著された『越後下向日記』には、蓮沼から船で小矢部川を下る折に見た景色を順に「蓮沼川」「シユメイ川(渋江川)」「ユスリギ山」「南ニ遠クイハウセン(医王山)」「フクマチ(現富山県小矢部市東福町・西福町)里」と記している。地理的配置からして「ユスリギ山」=「白馬山」である事は疑い様が無く、その呼称からしてこの頃すでに石動山より勧進されていたのは間違い無かろう。

年表
天正13(1585年)年4月 越中攻略の拠点として前田利家によって築城され、守将に利家の末弟に当たる前田秀継が入城した。
同年5月 佐々成政配下の越中国守山城主神保氏張、同木舟城主佐々平左衛門、同井波城主前野勝長によって攻められ、城下に放火されるも秀継と子の利秀の活躍によって撃退される(今石動合戦)。
同年8月 豊臣秀吉が越中平定(富山の役)のため滞在。
同月25日 佐々成政が降伏し、越中平定。秀継は利家より木舟城4万石を拝領して赴任。今石動城は子の利秀が城代として治めた。
同年11月 天正大地震により木舟城が倒壊して秀継が圧死。利秀は遺領を継ぎ木舟へと赴く。
天正14(1586年)年 地震により甚大なる被害を受けていた木舟城並びに城下を復旧するのは困難であると判断した利秀は、本拠を今石動城へと移して今石動城下の町割を行うと共に職人、寺院の招聘に努める。鍛冶町、紺屋町、御坊町、細工町、糸岡町(糸岡荘に在った木舟城下から移ってきた人々が住んだ町と思われる)などの町名が今日まで旧町名として残っており、また今日まで残る寺院の数も多い。また蓮沼を通っていた北陸道は今石動を通る様に修正され、それと同時に小矢部川の水運の拠点としての役目も移った為、城下は大いに栄える事となる。...

今石動城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore