津幡城(つばたじょう)

津幡城の基本情報

通称・別名

所在地

石川県河北郡津幡町字清水

旧国名

加賀国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

平維盛

築城年

寿永2年(1183)

主な改修者

前田利家

主な城主

平惟盛、津幡氏、富樫氏、前田秀継(前田氏家臣)

廃城年

天正13年(1585)

遺構

曲輪

指定文化財

町史跡(津幡城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

森城(石川県かほく市)[5.0km]
堅田城(石川県金沢市)[7.2km]
一乗寺城(富山県小矢部市)[7.4km]
松根城(石川県金沢市)[7.8km]
切山城(石川県金沢市)[8.2km]

津幡城の解説文

津幡城(つばたじょう)は石川県河北郡津幡町清水に残る、古代の平城。昔から交通の要衝であった。現在石標のみが立てられている。

歴史
平維盛が寿永2年(1183年)倶利伽羅峠の戦いの際津幡川に面した、小高い丘に砦を設けたことに始まる。建久元年(1190年)には、井上庄の地頭津幡隆家が居城とした。

観応2年(1351年)には、富樫氏春がこの城で、桃井直常軍と戦っている。

天正4年(1576年)から一向一揆が立て籠もっていたが、天正9年(1581年)織田方の柴田勝家らによって落城した。

天正12年(1584年)佐々氏と前田氏の間に緊張が高まると、前田利家が再び築城。弟の前田秀継に守らせている。9月、末森城包囲中の佐々軍攻略の軍議をここで開く。天正13年(1585年)、前田秀継が木舟城に移ると廃城となった。(現在、津幡小学校。)

津幡城の口コミ情報

赤備え様[2016年08月14日]
今は津幡小学校より、津幡ふるさと歴史館を目印とされるのがいいと思われます。

安田大宰少弐秀俊様[2015年09月21日]
目印となる津幡小学校は現在、校舎が新しくなり東側の坂の下に移転しています

tomm加賀守様[2010年06月28日]
城跡は全体が少し高台になっていますが、現在は小学校が建っています。

遺構はなく、学校正面入って左側の駐車場の奥に看板と石碑があるのみです。

訪城の際は不審者と間違えられないように気をつけましょう!(笑)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore