赤丸城(あかまるじょう)

赤丸城の基本情報

通称・別名

城ヶ平山城

所在地

富山県高岡市福岡町舞谷字上ヶ平

旧国名

越中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

天正年間(1573〜1592)以前

主な改修者

佐々成政?

主な城主

中山次郎兵衛

廃城年

天正13年(1585)以降

遺構

曲輪、堀切、畝状堅堀、虎口、井戸

指定文化財

市史跡(赤丸城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

木舟城(富山県高岡市)[5.5km]
飯久保城(富山県氷見市)[8.0km]
今石動城(富山県小矢部市)[8.2km]
二塚城(富山県高岡市)[8.6km]
高岡城(富山県高岡市)[8.9km]
守山城(富山県高岡市)[9.6km]
道坪野城(富山県小矢部市)[9.9km]
蓮沼城(富山県小矢部市)[10.8km]
池田城(富山県氷見市)[12.1km]
古国府城(富山県高岡市)[13.2km]

赤丸城の解説文



赤丸城(あかまるじょう)は、富山県高岡市福岡町舞谷にあった日本の城(山城)。高岡市指定史跡[1]。とやま城郭カードNo.32[2][3]

規模 

主郭は城ヶ平山(174メートル)の山頂部に築かれていた。削平地は山の一帯に広がっており、城の東側に堀切、西側には県内では珍しい畝状竪堀が残っている。また山裾を西は今石動(現富山県小矢部市)、東は越中国守山城へと通ずる旧街道、『山根道』が走っていた。また城内には当時使われていた井戸が残っており、中から滑車や錘、土器等が見つかっている。

歴史 

築城年代は不明だが、天正年間(1573年 - 1591年)に五位庄を治めていた国人で越中国浅井城主中山国松の弟、次郎兵衛が拠ったとされる。尚、長禄年間(1457年 - 1459年)に加賀国の半国守護赤松政則が「城ヶ平」に居住したと伝わるが、越中国鴨城の事ではないかとする意見もある。因みに鴨城は赤丸城の南西約1キロメートル、浅井城は北東約600メートルに位置している。

天正年間前半、上杉謙信に攻められている。

天正9年(1581年)、中山氏が佐々成政の支配下に入る。

天正12年(1584年)、この頃前田利家に対する防衛拠点の一つとして改修が施されたと思われる。虎口などにその痕跡が見られる。

天正13年(1585年)、佐々成政が豊臣秀吉に降伏(富山の役)し、中山氏は赤丸城から退去。廃城年代は不明だが、この時点で赤丸城の存在意義がほぼ失われたと考えられる事から、さほど時を置かずして廃城となったと思われる。

以前から赤丸城が本城とされ、付近にある浅井城はその出城であると見られていたが、近年の調査によって浅井城こそが本城であり、赤丸城はその出城であった事が判明した。

現在 

周辺には富山県指定史跡である城ガ平横穴古墳があり、これらと共に赤丸城を通る遊歩道が設置され、ハイキングコースとなっている。

赤丸城の口コミ情報

2022年06月28日 掃部頭Kent
赤丸城



山頂の本丸跡まではかなり急で狭い山道を登って行きます。軽い気持ちで登ると後悔します。また下る時も充分注意して下さい。滑りやすく急な土の道で、自分は勢いつきすぎて薮の中に落ちました。
途中に城が平古墳という横穴古墳もあり、それなりに攻めがいのある所ではあります。

2022年05月16日 曲輪中務少輔削平
鴨城[赤丸城  周辺城郭]



現地看板によれば高岡市福岡町加茂にある標高154.6mのカモ山を中心に鳥倉にある元取山(195.7m)も含む城域のようです。高岡市コミュニティバスの加茂バス停から南へ50mの道路脇に鴨城跡説明板があります。そこから西へ山に向かって行くと突き当たりに岸谷砂防堰堤があり、2、3台停まれる駐車スペースがあります。道標に従い整備された登山道を登るとすぐに横穴墓群が現れ、さらに単調な尾根を登って行きます。出丸とされるにらみ(ねらみ)山砦まで17分。そこから二の丸の切岸下を雪にゴボりながら半周して本丸までさらに26分でした。見所の空堀はほとんど雪に埋まっていて残念でしたが冬枯れの枝越しに赤丸城が見えたのは良かったです。本丸から二の丸を経由し、さらに物見台とされる元取山へ。帰路は元取山と鴨城の鞍部から堰堤に降りました。尾根の分岐から2分でバッパショウズ。さらに4分で分岐があり、「体力に自信のない方はこの道を通らないで下さい」の道標があります。そこを進むとすぐに倒木で道が塞がれており、突破するのがかなり大変でした。(下からだと立入禁止看板あります)。そこは避けてもう一方の分岐からにらみ山砦の下に迂回した方が安全かと思います。周辺案内図の看板を見ると城跡周辺にはまだまだ見所があるようなので調べ直してまた出直したいと思いました。2022.3.12

赤丸城の周辺スポット情報

 鴨城(周辺城郭)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore