飯櫃城(いびつじょう)

飯櫃城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県山武郡芝山町飯櫃字城ノ内

旧国名

上総国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

山室常隆

築城年

天文元年(1532)

主な改修者

主な城主

山室氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

前林城(千葉県成田市)[8.5km]
坂田城(千葉県山武郡)[8.6km]
中沢城(千葉県富里市)[9.2km]
寺台城(千葉県成田市)[10.7km]
成東城(千葉県山武市)[14.0km]
本矢作城(千葉県香取市)[14.3km]
本佐倉城(千葉県印旛郡)[14.5km]
野手城(千葉県匝瑳市)[15.5km]
長沼城(千葉県成田市)[15.8km]
大崎城(千葉県香取市)[16.9km]

飯櫃城の解説文

飯櫃城(いびつじょう)は千葉県山武郡芝山町飯櫃にあった城である。

遺構
高谷川の西岸、東西に伸びる標高約40mの台地東端に位置する。

南東にある主郭と、それを北と西方面から取り囲むように二郭、さらにその西側に三郭と、3つの曲輪から成る。

曲輪はいずれも広く、主郭の北西隅には櫓台がある。また、主郭、二郭にはそれぞれ規模の大きい空堀が残り、三郭の西側、台地基部には谷を利用した堀切が存在する。

歴史
『山室譜伝記』によると、天文元年(1532)、山室常隆が築城したという。

常隆の後、氏勝、光勝と3代続き、芝山周辺に一定の勢力を築いた山室氏は、上杉謙信が関東へ出兵した際にはその幕下に馳せ参じることもあったが(『関東幕注文』)、天正の初め頃には北条氏に属すようになった。

そのため、天正18年(1590)の豊臣秀吉による小田原平定の後、信濃高遠城主・保科氏の攻撃を受けることとなり、飯櫃城に籠城した山室一族は壮絶な戦いの末に滅亡したという。

交通
芝山鉄道芝山鉄道線芝山千代田駅から車で約10分

参考文献
『日本城郭大系 第6巻』新人物往来社、1980年。
『週刊日本の城』デアゴスティーニ・ジャパン、2013年。
芝山町公式サイト(http://www.town.shibayama.lg.jp/)。

飯櫃城の口コミ情報

2021年02月04日 国府左京亮城介
土橋城[飯櫃城  周辺城郭]



南北朝時代に土橋合戦の舞台となった城

【歴史】
築城年代、築城者は不明。
金沢文庫文書によると、建武2年(1335)12月、嫡流の千葉(千田)胤貞が足利尊氏の檄文に応じ上洛した隙をついて、千葉貞胤(千葉氏第11代)の軍が土橋城を急襲し、早朝から日没まで激戦を繰り広げたが落城したとのこと。

【遺構】
道の駅多古から北2.8kmに位置し、栗山川の西側に広がる比高30mの台地の先端に築かれている。
遺構の多くは農地となっており、南端の単郭上の物見台(天御中主命神社)周辺に土塁や空堀が残っている。

【感想】
登城口は天御中主命神社の階段(高さ約30m)を上っていく必要があります。でも、地元のお婆ちゃんが上れるので、健康なメグラーさんなら問題ないかと。この階段を上っている途中に、空堀を確認することができます。
物見台自体は単郭になっており、北から西にかけて土塁があるが、他のこのあたりの城郭と比べても高くはない。
土橋城の北側はほぼ農地になっているが、堀合という地名付近には、他の場所より農地が低い場所にあり、堀の跡を確認することができます。

【アクセス】
道の駅多古から自転車で約15分。
登城口付近に駐車スペースあり。

【写真】
1:登城口(天御中主命神社の参道)
2:物見台の南側にある空堀
3:標柱と土塁
4:天御中主命神社
5:物見台の土塁
6:物見台の虎口
7:堀合にある空堀の跡

2021年02月04日 国府左京亮城介
分城(飯土井城)[飯櫃城  周辺城郭]



北朝に与した千葉胤貞の城

【歴史】
鎌倉時代末期から南北朝時代にこの地を治めていた千葉胤貞が築いたと伝わっている。

【遺構】
道の駅多古から北東800mに位置し、栗山川の東側にある比高20mの舌状台地に築かれている。
主郭には、文政年間に移行された千葉氏が信仰した妙見神社が祀られている。その周囲を、土塁、空堀、物見台が良好に残っている。主郭の東側は農地となって、遺構は全く残っていないが、「一の屋敷」「二の屋敷」があったと伝えられている。

【感想】
現在は、妙見神社を中心に空堀・土塁でがっつりと囲まれた単郭になっているが、地元の伝承にある一の屋敷、二の屋敷が東側にあることから、実際はもう少し大きな城であったのではないかと推測します。妙見神社の背後にある物見台は、妙見社より高く往時は多古の地をかなり見渡せたと思います。
妙見社もあるので、地元の方が整備されているので、空堀もほぼ自由に歩くことができます。南東側の空堀だけは、倒竹で全く進むことができませんが…

【アクセス】
道の駅多古から自転車で5,6分程度。
付近に駐車するスペースはありません。

【写真】
1:登城口
2:標柱
3:妙見神社
4:東側の土塁と空堀
5:物見台
6:空堀
7:分城の東側、一の屋敷・二の屋敷があったと伝わる

2021年01月24日 国府左京亮城介
志摩城[飯櫃城  周辺城郭]



千葉宗家滅亡の城

【歴史】
築城年等は不明。
享徳の乱において、古河公方派の宗家・千葉胤直が叔父の馬加康胤により攻められ、千葉宗家が滅亡した城となっている。この際に、廃城となった可能性がある。

【遺構】
道の駅多古の南1kmほどにある標高18mほどの独立上台地に築かれている。現在、周囲は水田となっているが、当時は沼地であり、それを天然の要害としていた。
塙台(東側)と二ノ台(西側)といわれる2つの独立した郭から構成されている。それぞれ広大な単郭であり、兵力は多く置けるが、防御的な遺構は乏しいが、塙台には枡形虎口が残っている。
現在は農林公園となっており、塙台・二ノ台ともほぼ農地となっている。

【感想】
道の駅多古からも島状の台地がはっきりと見え、当時は浮城であったことが伺えます。
城内はほぼ農地となっているが、地形自体はそのままの状態で残っており、城の大きさを伺い知ることができます。極めてシンプルな造りで、見所も枡形虎口くらいなので、見学自体は10分もかからずに見終えることができます。
ただ、この城で千葉宗家が滅亡したということで、千葉氏としての歴史を語る上では重要な城だと思います。

【アクセス】
道の駅多古から自転車で8分。
多古町で数少ない駐車場が完備されているお城です。

【写真】
1:説明板
2:塙台の枡形虎口
3:塙台の腰曲輪若しくは船着き場跡
4:標柱
5:八幡神社
6:二ノ台

2021年01月17日 国府左京亮城介
多古藩陣屋[飯櫃城  周辺城郭]



久松松平氏が治めた多古藩1万2千石の陣屋

【歴史】
多古藩は、江戸時代前期には保科正光や土方雄久などが藩主になっていた時期もあるが、直ぐに移封され廃藩となっている。その後、正徳3年(1713)に、久松松平氏である松平勝以によって立藩され、幕末まで松平氏が統治していた。
多古藩陣屋は、多古藩が立藩された正徳3年に築城され、明治維新後は多古藩県庁となり、明治6年に多古県廃止に伴い、競売に掛けられた。

【遺構】
多古藩陣屋は、現在の多古第一小学校の校庭にあった。
往時は、御殿、長屋、石垣、堀、朱塗りの橋などがあったが、現在は天神社の背後にある石垣のみが残っている。

【感想】
多古町にある城郭で唯一石垣がある城郭ではあるが、多古第一小学校正門脇にある天神社にしか遺構が残っていないのが残念で仕方がない。

【アクセス】
道の駅多古から自転車で5分。
多古第一小学校内にはトイレもあり、校庭まで行かなければ普通に入ることができる。

【写真】
1:多古藩陣屋の説明板
2:天神社
3:天神社背後の石垣
4:多古第一小学校正門脇にある石垣

2021年01月12日 国府左京亮城介
並木城[飯櫃城  周辺城郭]



水運の地・多古の要衝を守る城

【歴史】
南北朝代から戦国時代まで利用されていたとのこと。
築城者不明も、南北朝時代に北朝方に与した千葉(千田)胤貞が築城か。

【遺構】
道の駅多古の東側にある比高30mほどの台地の南端にある。
多古町にある城の中で、最も遺構の保存状態が良く空堀、土塁、枡形虎口、腰曲輪が残っている。
城は1郭から3郭の構造となっているが、見学できるのは1郭の部分となり、2郭・3郭は個人宅や畑となっています。
1郭の北側(現在の入口付近)から東側に掛けて、高い土塁と空堀で守られている。また、南東には二重の枡形虎口があり、本来はそこから南側の腰曲輪に降りていくことができたようではあるが、崩落があったのか、急傾斜となっており、腰曲輪へは立入禁止となっている。

【感想】
多古城郭保存活用会によって、綺麗に整備されており、遺構が非常に見やすく、随所に案内板もあるので分かりやすいです。
空堀や土塁の上を自由に歩くことができ、土の城を満喫することができます。
ただし、並木城は私有地のため、城内の畑や立入禁止となっている腰曲輪には入らないように気を付けてください。

【アクセス】
道の駅多古より自転車で10分程度。
南側からの登城口はないので、ぐるっと回って光明寺のある北側が入口となります。

【写真】
1:標柱
2:入口付近の二重土塁
3:守り側の視点からの1郭の虎口
4:東側の空堀
5:物見台付近の空堀
6:枡形虎口
7:腰曲輪
8:北西側の空堀

2021年01月12日 国府左京亮城介
道の駅 多古[飯櫃城  その他]



多古町周辺の城郭をリア攻めするのであれば、此処を拠点にすると便利です。

レンタサイクル(500円/日)は、電動で坂が多い多古町を移動するには楽だと思います。
貸出時間は、9時から16時(返却は17時まで)となっています。

あじさい館では、御城印も売られており、毎月新たな御城印が増えています。
(12月末で、多古城、志摩城、並木城、土橋城、玉造城、分城が販売)

公共交通機関でアクセスするのであれば、成田空港第2ターミナルビルからシャトルバスが出ています。それに乗って、終点の「道の駅多古」まで、約25分ほどで、運賃は300円(現金のみ)となっています。また、東京駅から高速バスもあります(令和3年1月現在、コロナの関係で運休している便が多いようです)

2020年12月26日 愛甲左京大夫【相模の狂人】
多古城[飯櫃城  周辺城郭]



曲輪部分は北総ならどこにでも広がっているような丘の上の畑です。近年地元では町内の城郭整備に力を入れているようで、多古城も整備されて遺構が見やすくなりました。道の駅では御城印が手に入るようです。

目を惹く遺構は北端のL字に折れた広い箱堀と、南端の古墳を転用したらしい物見台と虎口、そして南西の端に抉られ北に登る空堀も忘れてはなりません。それぞれ離れていますが農道のような平坦な道を歩いて往来できます。全部見て歩いても30分くらいでしょうか。

2019年04月26日 下沼下総守雄信
第二郭[飯櫃城  遺構・復元物]



第二郭。近くに成田国際空港があるので、頻繁に離着陸する飛行機を見ることができる。

2019年04月26日 下沼下総守雄信
高野神社[飯櫃城  寺社・史跡]

保護建屋に覆われた本殿にも注目。見事な彫刻がされており、びっくりする。

2019年04月26日 下沼下総守雄信
本丸[飯櫃城  遺構・復元物]



本丸(お城マーク表示場所)はこの藪のところ。手前の一段低いところにある畑は堀を埋めた跡。

2019年04月26日 下沼下総守雄信
飯櫃城碑[飯櫃城  碑・説明板]



碑の向かって右側に城の歴史が刻まれている。

2019年04月14日 下沼下総守雄信
飯櫃城

公共交通でのアクセスは芝山千代田駅か松尾駅から芝山ふれあいバスで飯櫃か浅川下車。マイカーならば県道290号線を。蓮福寺、竣工記念碑、消防団の倉庫を目印に。

高野神社の鳥居と階段があるので、この階段か右側にある鋪装路を登る。途中左右に分かれる交差点があるが、主郭は左へ、第3郭は右へ。第2郭はこの道と道の間がこれに当たる。
各郭とも案外広いことに驚く。主郭は畑と藪となっている。主郭と第2郭との間にある堀は一部が埋められて畑となっているが、堀だったことは容易に見てとれる。第2郭、第3郭はやはりその殆どが畑か藪となっている。
城入口の高野神社に注目。保護建屋に覆われた本殿に見事な彫刻が施されている。みのがさぬように!

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore