飯沼城(いいぬまじょう)

飯沼城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県銚子市飯沼町(飯沼観音)

旧国名

下総国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

海上氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

海上氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

桜井城(千葉県旭市)[18.4km]
森山城(千葉県香取市)[21.7km]
野手城(千葉県匝瑳市)[24.8km]
小見川城(千葉県香取市)[26.5km]
鹿島城(茨城県鹿嶋市)[32.9km]

飯沼城の口コミ情報

まー宮内卿様[2016年10月31日]
飯沼観音の境内に駐車場なし。ただ地元民も路駐しているので問題はないかと。石碑のある公園に行くのを忘れてました。

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年05月08日]
現在は飯沼観音や圓福寺が建っていますが、城の痕跡はほとんどなくかろうじて近くの公園に石碑がある程度です。

銚子電鉄観音駅(なぜかたい焼きが有名)や高速バス陣屋町バス停から徒歩圏内ですし、飯沼観音から数分で銚子漁港へ出られるので、銚子観光の一つとして立ち寄るのがよいでしょう。

さくら主膳佑にゃ〜様[2011年04月18日]
小天狗様城主就任祝い
室町時代、海上郡を所領した千葉氏一族東氏流海上氏により、本拠中島城の支城として築かれた。戦国時代初頭には海上備中守師胤が居城しその本拠となったと見られるが、師胤が千葉自胤、太田資忠の攻撃を受けた千葉孝胤の臼井城救援に向かったところ反撃に遭い、逆に飯沼城を奪われている。
江戸時代、銚子地方は高崎藩松平氏の飛地となり陣屋が置かれた。
城、陣屋はほぼ同一の箇所に置かれたと見られるが、飯沼城は円福寺、飯沼陣屋は陣屋公園となっている。

中務大輔平八郎様[2010年06月14日]
陣屋町公園になっており石碑があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore