滝の城(たきのじょう)

滝の城の基本情報

通称・別名

本郷城

所在地

埼玉県所沢市城537他

旧国名

武蔵国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

大石定重

築城年

室町時代

主な改修者

主な城主

大石氏、北条氏照家臣?

廃城年

天正18年(1590)?

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(滝の城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

柏の城(埼玉県志木市)[5.0km]
北秋津城(埼玉県所沢市)[5.3km]
岡城(埼玉県朝霞市)[6.6km]
難波田城(埼玉県富士見市)[7.1km]
山口城(埼玉県所沢市)[9.1km]

滝の城の解説文

滝の城(たきのじょう)は、埼玉県所沢市 城に所在した日本の城である。 同市の東端で隣接する東京都清瀬市との都県境、柳瀬川の北岸に位置し、豊かな緑に覆われた断崖の上に 曲輪や空掘り跡などが残っている。 今日では本丸跡に「城山神社」が祀られ、その南側を中心に滝の城址公園(たきのじょうしこうえん)として整備され、梅・桜の木や運動施設などが揃う公園となっている。

概要
滝の城(滝之城, 瀧之城)は 別称「本郷城」とも呼ばれ、1925年(大正14年)に埼玉県指定史跡に指定されている。

その原型は、伝承によると1180年(治承4年)頃に 源頼朝の挙兵に応じて土豪が築城したものと言われているが、記録などは残っておらず詳細は不明である。また、後述の横穴式墓群の出土により、この場所は城としての成立以前の古代においても何らかの重要な拠点として使用されてきたものと推測される。

戦国時代には、関東管領上杉氏の家臣で武蔵国守護代 大石氏の滝山城(後に八王子城)の支城として対岸の清戸番所との関係もあったとされる。その後大石定久の代に後北条氏の支配下となり北条氏照の支城になった。 氏照は本拠の滝山から北関東に度々出陣しており、その直線上にあたる滝の城は軍勢集結の拠点になった。1564年(永禄7年)の北条氏による下野への遠征の際にはこの城で陣揃(じんぞろえ)が行われたことが記録されている。

その後1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原征伐の際に、浅野長政率いる豊臣方に城北側の大手方面から急襲され八王子城と共に落城、徳川家康の関東入国の領内整備の頃には廃城となったと推測されている。

構造
その構造は多郭式平山城で、面積約6万6,000m², 本丸跡を中心に二の丸・三の丸などの曲輪や物見櫓、複雑に張り巡らされた空堀などの跡がよく残っており、大手は本丸の更に北方に、また北西に搦め手があったとされる。
1986年(昭和61年)の発掘調査では三の丸跡などから障子堀跡も発見されている。
本丸北端西側の土塁の切れ目で、格式の高い門である四脚門が検出されている。白い玉石も敷いてあった。この位置から空堀を越えて「馬出」と呼ばれる郭まで橋が架かっていたと推定される。

名称の由来
郭の東側に滝の痕跡が残っており、城の名の由来とされる。
今日では斜面の岩場に僅かな流れが残るのみ、この小流が南に流れ込み公園の池を形成している。

考古資料...

滝の城の口コミ情報

右兵衛佐ぽーさん様[2017年01月10日]
2017年2月4日に第5次発掘調査の説明会が開催され、遺構の解説もあるそうです。

「滝の城跡」発掘調査の現地説明会を2月4日に開催します!

という所沢市のページに詳しいのでご覧ください。

高田山吹守道灌上洛様[2016年12月18日]
北条氏照滝山城の支城とあって中々の風情。文字通り滝の跡らしきせせらぎもあり。土累なども結構な景観。バスは一時間に一、二本鉄道三線に接続しており、実に交通至便。駐車場もトイレもあり、お勧めです。詳しくは城一覧で。

赤いRVR弾正大弼@松本様[2014年05月15日]
18日の日曜日、滝の城まつりが開催されます。東所沢駅前からの武者行列などもあるようです。詳しくは所沢市ホームページへ。

はせちゃん弾正忠様[2013年01月07日]
2/2 第2回発掘調査現地説明会が実施されます
各回定員50名の完全予約制ですから、お早めに所沢市教育委員会に御連絡下さいませ

ビバちゃん様[2012年07月23日]
滝の城は東所沢駅から歩いて25分くらいバスも出ていて¥170で5分くらいで「城」停留所で降りたらすぐです。ただし1時間に2本しか走ってないのでタイミングが悪かったら散策しながら行っても良いと思います。

城の遺構自体はかなり良い状態で残っているので城好きには満足出来ると思います (^-^)/

野舘宮内少輔サラマンダー様[2012年06月04日]
2012年6月3日13時55分頃(170分)
東所沢病院近くにある城山神社が滝の城本丸です
二の丸に公民館と駐車場があります(無舗装)
遺溝が良好な状態で残されており、傾斜も急で深いです
遊歩道を三の丸をまわって滝の城祉公園まで降り、城山神社まで急な階段を登って一周しても20分位でしょうか
断崖東側を背に本丸があり、二の丸、三の丸が取り囲む配置でしょうか?
その為本丸東側の見晴らしがとても良かったです
この城山神社から少し離れた宅地内にも、物見櫓跡碑がありました
コンパクトに見たい方も、じっくり見たい方も満足出来るのではないでしょうか
ですが子供には退屈なようなので余りお勧め出来ません
個人的には二の丸案内板に置いてある、パンフレットが空っぽだったのが残念です…

ぐっ様[2010年11月15日]
曲輪や空堀が、しっかり残っている。
血の出る松の跡前で、友達が霊を見たそうです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore