長井坂城(ながいざかじょう)

長井坂城の基本情報

通称・別名

所在地

群馬県渋川市赤城町棚下綾戸582他/利根郡昭和村

旧国名

上野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

上杉謙信

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

上杉氏、猪俣邦憲

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(長井坂城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

沼田城(群馬県沼田市)[7.4km]
白井城(群馬県渋川市)[9.8km]
渋川城(群馬県渋川市)[11.3km]
名胡桃城(群馬県利根郡)[11.5km]
小川城(群馬県利根郡)[14.1km]

長井坂城の解説文

旧沼田街道の長井坂にあり、北は永井の沢の急崖、西は徒長和の断崖に臨む断崖城で、南北260メートル、東西180メートルほどの囲郭式の山城である。西端の断崖上に三方を高さ2.5メートルの土塁によって囲まれた郭がある。

「加沢記」によれば、永禄3年(1560)長尾景虎(上杉謙信)が関東出馬の際に長井坂に陣を張り、降伏した沼田顕泰(万鬼斎)を引見したとあることや、城郭構造からみて永禄期以降の築城と考えられている。

天正の初めに北条氏の持城となり、近隣の地侍集団が城番を勤めた。天正6年(1578)真田氏が沼田城を略取すると、長井坂城が鉢形城を核とした北条方の北方最前線の要となって、北条・真田両氏激突の攻防が繰り返されたが、天正18年の小田原城の落城とともに、廃城となった。

提供:渋川市教育委員会文化財保護課

長井坂城の口コミ情報

仲乃丞中務丞ひろぴい◢⁴⁶さん[2019年04月21日]
ナビを頼りに車で城跡入口まで行けます。
が、岩本駅、赤城インターチェンジ側からどちらから入っていっても車1台ほどの狭い道です。
停める場所もはっきりしてなくて畑シーズンで邪魔にならないように遠目のやや広いスペースに停めました。近くに停めても短時間なら平気だと思います。過去二回は近くでも平気でした。

本丸の土塁、堀跡、は良く残ってます。
きっちりと整備されてはいないので草の少ない季節の方がおすすめです。

国道17号綾戸ダム辺りから崖上の関越道の橋のすぐ南(渋川方面)あたりがお城。高さを実感できます。
こちらへ出ると、もつ煮で有名な永井食堂、関越道なら赤城高原SAでお土産も。

渋川方面の白井城、沼田方面へ出れば名胡桃城&沼田城もありますのでそちらへ寄った際に時間のある方は寄って見てください。

カーネルさん[2019年04月18日]
上越線岩本駅から

駅から見て城は南だけど、川を渡るため、100mほど北上して利根川を渡る。ここには、長井坂城跡まで6.5km。の看板があります。遠いです

看板のあるカーブを県道255号を目指して東へ、少しショートカットできます

県道にでたら右折して南へ。ゆるく下る道で、歩道があったりなかったりです

永井口のバス停で左斜めに行くと登りに変わります。ここには城まで4kmの看板も・・

ダラダラと舗装路を登り続け、箱根神社を通過するあたりで、歩き始めた頃には遠かった高速道路が近づく。

関越自動車道の真下で、右斜めに下る道にあと1.4kmの案内があります。この先もダラダラと登り続けますが、凄い高さだった高速の橋げたが段々と低くなる

そして高速道路を見下ろす先で、長井坂城入口の標識があります。ここまで90分

城内は土塁と堀が圧巻です。反対側に抜けると追手門の標識で、ここで引き返しました

色々歩き回っていたら長居してしまい、乗りたかった電車に乗るため、帰りは少し小走りしたこともあり、往復して200分でした

真田信濃守信吉さん[2017年11月07日]
二の丸跡に石碑と説明板が建っている。しかし、二の丸跡と三の丸跡は完全に畑と化しており、残念ながら遺構を楽しむことは出来ない。それらの奥にある遺構の整備されている場所は、遊歩道のように散策出来る。
強者は是非、二の丸跡側から倒木をよじ登ったりして、追手跡の碑を目前に見ることが出来る方を目指してほしい。

牢屋見廻り同心マダオさん[2015年01月26日]
旧沼田街道の長井坂にあり、北は永井の沢の急崖、西は利根川の断崖に臨む崖端城である。「加沢記」によると、永禄3年(1560)、長尾景虎(上杉謙信)が関東出馬の際に長井坂に陣を張り、沼田顕泰(万鬼斎)を引見したとあり、そのころからこの地に城塁があったとされる。天正期に北条氏の持城となり、北条方の北方最前線の要として、沼田城を略取した真田氏との攻防が繰り返されたが、天正18年の小田原城の落城とともに廃城となった。
また近くには上杉謙信が築城したと言われる棚下の砦があります。こちらも遺構が素晴らしいです。

傾奇揚げ仙兵衛さん[2012年05月26日]
赤城高原の畑

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。