白井城(しろいじょう)

白井城の基本情報

通称・別名

所在地

群馬県渋川市白井本丸609-1他

旧国名

上野国

分類・構造

梯郭式平城

天守構造

不明

築城主

長尾景仲

築城年

永享年間(1429〜1441)

主な改修者

主な城主

白井長尾氏、本多氏

廃城年

寛永元年(1624)

遺構

曲輪、帯曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)、三日月堀(水堀)、櫓台、枡形虎口、用水跡

指定文化財

市史跡(白井城址)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

渋川城(群馬県渋川市)[1.4km]
剣城(群馬県渋川市)[5.7km]
長井坂城(群馬県渋川市)[9.8km]
箕輪城(群馬県高崎市)[12.7km]
蒼海城(群馬県前橋市)[13.4km]
石倉城(群馬県前橋市)[13.6km]
前橋城(群馬県前橋市)[13.9km]
沼田城(群馬県沼田市)[15.8km]
北新波砦(群馬県高崎市)[16.3km]
尻高城(群馬県吾妻郡)[16.4km]

白井城の解説文

白井城は、山内上杉氏の有力な配下で家老職を勤めた長尾一族のうち、白井を本拠とした白井長尾氏の居城である。長尾氏が上野国に入ったのは、建武4年(1337)に上杉憲顕が上野・越後両国の守護となり、長尾景忠が守護代を務めたことに始まる。

上野での景忠の居所は惣社(前橋市)で、当時白井には白井氏を名乗る武士団が存在していた。その後上野と越後の守護が分岐し、長尾氏も景忠の3人の子どもが分立し、景廉が越後長尾氏、景直が鎌倉長尾氏、清景が白井長尾氏の祖となったと「雙林寺本平姓長尾系図」に記されている。

白井城の築城年代は、虎口東側に張り出し部を有する本丸の構造が、享徳の大乱(1454~1482)時に上杉軍が本陣とした武蔵五十子城(埼玉県本庄市)の主郭構造と相似していることから、両城とも15世紀半ば頃、長尾景仲(昌賢)が城主の時代に築城されたものと推定されている。

長尾景仲は、主君である関東管領上杉憲実・憲忠・房顕に仕え、「関東無双の案者(知恵者)」と称された武将である。中郷に月江正文を開山として雙林寺を建立し、白井城内には京都から儒学者藤原清範を招いて聖堂を建立し家臣に儒学教育を行っている。雙林寺には県指定重要文化財「長尾昌賢木造と長尾氏位牌」が保存されている。

景仲の没後、北条氏、上杉氏、武田氏による覇権をめぐる戦乱の中、白井長尾氏は景信、景春、景英、景誠、憲景、輝景、景広と代替わりし、景広城主の時、豊臣秀吉の小田原攻めが開始され、天正18年(1590)、前田利家、上杉景勝の両群の前に開城した。豊臣方に開城した白井城は、徳川家康家臣の本多広孝に与えられ、その子康重は2万石で城主となった。家康領国下では沼田城の真田昌幸を押さえる前線基地の役目を果たしたことになる。康重の岡崎移封後は康重の第2子紀貞が入城したが、寛永元年(1624)死去し、嗣子がなかったため廃城となった。

白井城は本丸を中心とした梯郭式縄張りで、五重の空堀と土塁がめぐる。西側は吾妻川の崖線上に形成され、自然の要害となっている。

本丸出入口に現存する野面積石垣の枡形虎口や、本丸東側の南曲輪・新曲輪は本多氏の時代に拡張・整備されたものである。枡形虎口前方東側の三日月堀は白井城址唯一の水堀で、武田氏築城法によって築城した名残と言われている。また、本丸奥には天守建築かそれに相当する建物の存在を思わせる櫓台石垣がある。

本丸背後に一辺15mの笹曲輪が設けられるほか、本丸北には二の丸、三の丸、北曲輪があり、その北西に金比羅曲輪が残る。北曲輪には大手虎口が開かれる。本丸、二の丸、三の丸の東側は堀を隔てて幅10m程の帯曲輪が長く続き、北曲輪大手虎口に達している。

この城の惣曲輪は、北側の吹屋屋敷・松原屋敷と東側の白井宿に囲まれていて、その外側に東西950mの北遠構と南北650mの東遠構の堀がある。大手虎口北側の吹屋では、近年まで鍛冶が行われていた。宿は城東側に南北に形成され、道路中央に用水遺構が設けられている。

長尾氏時代の外構には、城の護りとして愛宕神社、大宮姫神社、神明宮、玄棟院といった寺社が配置され、後に源空寺が建った。

提供:渋川市教育委員会文化財保護課

白井城の口コミ情報

2020年03月12日 牢屋見廻り同心マダオ
明蔵院跡[白井城  寺社・史跡]

天台宗群馬郡上並榎村(高崎藩管轄)護国寺末派長福寺山明蔵院(妙蔵院)は、白井城三院の一つである。元禄頃の境内の除地は五畝八歩あり、明治まで持続。明治初年の檀家数一軒、住職は泰浄といった。白井小学校が、明治六年横町に営築され、生徒数五十・女十五と上野国郡村誌にあるが、これは明蔵院を使用したものと思える。後に白井小学校は吹屋小学校(吹屋玄棟院に開設)と合併し、再び独立した。明治七年八月に明蔵院を使用したとあるからである。既に廃寺となっていた明治三十一年の白井町の大火により焼失。石碑多数建立、金井家墓地などがある。(現地説明板より)

2020年03月12日 牢屋見廻り同心マダオ
神明宮[白井城  寺社・史跡]



白井西方のこの地域が、白井の伊勢神領で明蔵院裏で白井城外堀の土居に当たる所に鎮座している。元禄の頃の除地は下畑四畝四歩で、別当は明蔵院住職が兼ねていた。祭神は天照大御神、社地東西二十五間(郡村誌)面積百二十坪とあり、現在の祭日は四月十五日と十月一日である。この下の町を官本町ともいう。(現地説明板より)

2019年05月29日 牢屋見廻り同心マダオ
東遠構 東城戸口[白井城  遺構・復元物]



白井城東遠構東城戸口は東の利根川を渡河して来る敵に対する関門の役割を果たしていたと言われています。東遠構の遺構は開発により減りつつありますが、一部土塁や、その名残を見ることが出来ます。

2019年05月22日 牢屋見廻り同心マダオ
仁居谷城[白井城  周辺城郭]



仁居谷城は別名仁居谷の砦、二位屋城と言われ築城時期は不明ですが、中世初期の白井太郎常忠の居館と言われています。白井長尾氏の時代には白井城の支城として機能していたと思われます。
開発により遺構は、ほぼ皆無ですが畑の中に一部土塁と思われる土盛りが確認出来ます。土塁と思われる土盛りの北側も畑ですが、周りより低くなっており、堀跡とも見れます。

2019年05月07日 牢屋見廻り同心マダオ
見立城(不動山城)[白井城  周辺城郭]



白井城の支城の一つで、地衆見立氏によって築城。天正八年には真田氏、天正十八年には小田原攻めの上杉・前田氏によって落城、後に廃城となりました。
登城口は追手口と搦手口の2ヶ所から入れますが、追手口(旧刀川小学校側)からの登城は竹藪に阻まれ困難です。追手口と搦手口付近に説明板あり。
危険な場所もありますので、リア攻めされる方は気を付けてください。

2019年05月06日 牢屋見廻り同心マダオ
玄棟院 北遠構[白井城  寺社・史跡]



玄棟院は白井城主長尾憲景が開基。白井城の鬼門に建てられ、北遠構の役目も果たしていました。建立は天正三年(1575)。本堂脇の閻魔大王の石仏は長尾憲景の護持仏と伝えられています。また、枯山水庭園は信玄造りの名が付いており、こちらも長尾憲景築園と伝えられています。

2019年05月06日 牢屋見廻り同心マダオ
金比羅郭[白井城  遺構・復元物]



金比羅郭は現在、農地となっており明確な遺構は少なく、北郭との境にある空堀と玄棟院側に櫓台跡らしき土盛が確認できます。

2019年05月06日 牢屋見廻り同心マダオ
浄水寺跡[白井城  寺社・史跡]



臨済宗の一派である普化宗白井山と称していました。徳川家康が諸藩の動勢をさぐらせる隠密の役目を持って設けられ、県内には六ヵ寺あったといいます。

2019年05月05日 牢屋見廻り同心マダオ
櫓台跡[白井城  遺構・復元物]



古墳を利用した櫓台跡です。墳頂部には城山不動尊が祀られています。

2019年05月05日 牢屋見廻り同心マダオ
源空寺 白井藩主本多氏墓所[白井城  寺社・史跡]



源空寺は白井藩主本多氏の菩提寺で、本堂西の墓地内に本多氏の墓所があります。
左側の宝篋印塔が本多紀貞公。中央の兜幅型墓碑が本多広孝公。右が広孝公夫人の墓です。

2017年12月13日 カーネル
白井城

上越線渋川駅から
改札を出たら跨線橋で東に行き、国道17号に出たら左折して北上します。歩道があって、歩きやすいです
上越線をくぐると、国道17号がY字で分岐するので右のバイパスへ。こちらも歩道があります
その後、吾妻本橋新を渡り終えたらすぐに左折し、生活道路を進みます
本丸に向かって、西へ北へと細い道を歩くと「さくら館デイサービスセンター」にでて、ここに白井城の由来という看板が唐突に現れます

結局直線距離では白井城に行けず、城の北側まで行くと、徒歩4分の看板があるので、ここで南下します
畑の中に北郭の石碑があったりします。畑と堀が共存する道を進み、駅から50分で本丸
東に抜けると様相が一変し、深い堀と土塁に圧倒されます。本丸東の帯郭から畑の中を通って東に出れたので、ここから帰って1時間40分くらいでした

2017年10月01日 禁3密中務丞ひろぴい◢⁴⁶
白井城

車で本丸に行けますが、子持ふれあい公園辺りに車を停めて、歩いて行くと広さを実感。

北曲輪と三の丸の間の空堀は少し西へ行くとそれらしい低地があります。
三の丸と二の丸との間も一部畑になってはいるものの空堀っぽさは、はっきりわかります。

白井城跡看板より、空堀、三日月堀を両手に見ながら枡形門石垣。

本丸を囲う土塁、南側の笹曲輪、本丸東側の空堀と帯曲輪など見応えは充分です。

ポチ攻略範囲広いので寄らない方多いと思いますが、規模も大きくて楽しめると思いますのでお勧めですよ。

道の駅こもちの味噌パンをおやつにどうぞ。

2017年05月08日 mas.k上野介57th
白井城

本郭土塁を廻って東の堀底からもう一つ東の土塁に至り、巡るとこの城跡の良さがよくわかります。そのまま白井宿まで降りてからグルッと外側を廻って二の郭を通って本郭に戻ります。堀と土塁の造りが思いの外技巧的で見応えありますね。

2016年09月11日 左衛門佐平八郎
白井城

先人の記述通り 本丸まで車で行くことが出来ますが すれ違いが厳しい細い道です
本丸は広々としていて 悠々と駐車可能です

本丸虎口の石垣は 太田道灌の指導との伝承があり 中々の迫力があります
周りは2〜3メートルの土塁に囲まれ
曲輪ごとに堀を巡らせ 堅牢な城であったことが伺えます
城域の殆どは農地になっていますが一見畑に見えるところも よく見ると堀だったり 僅かに土塁の名残りを思わせる盛り上がりもあります

三日月堀は雨が降ると水が溜まり 水掘りのようになります
ただ 水が溜まると 堀底道が不通になるため
腰曲輪まで行くのに だいぶ歩くことになるのは ここだけの話

2015年12月30日 すずママ玄蕃頭合戦不参加
白井城

子供が一緒だったので道の駅こもちからクルマでリア攻めチャレンジしました。三の丸の畑のおじいちゃんがトラックどかしてくれました。農繁期は道の駅こもちから徒歩をおすすめします。途中は蔵の町並みや資料館などもあり歩きの方が楽しめると思います。近くに温泉もありますので汗かきでも安心です。

2015年06月25日 牢屋見廻り同心マダオ
白井城

白井城関連史跡

源空寺…白井城北郭の北に位置する源空寺には白井藩主・本多広孝夫妻と本多紀貞の墓があります。
空恵寺…空恵寺は白井長尾氏の菩提寺で白井長尾氏累代の墓17基がありますが、景仲・景春・白井の局の墓が確認出来るのみです。
雙林寺…長尾景熙が開基した寺で長尾昌賢入道景仲の木像が安置されています。(見学の際はお寺さんに一声お掛け下さい)
見立二城(不動山城)…利根川対岸の赤城町にある白井城の支城で、白井城の支城の中では比較的良好な遺構を留めています。
他にも伊熊砦・八崎城・真壁城・箱田城・大室城などの支城群も見学されるとよいかと。


本丸にトイレあり。本丸まで車で行けますが、地元車優先で農繁期には農作業の車両が行き来し、停車してますので気をつけて下さい。



「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore