足利氏館(あしかがしやかた)

足利氏館の基本情報

通称・別名

足利氏宅

所在地

栃木県足利市家富町(鑁阿寺)

旧国名

下野国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

足利義兼

築城年

文治年間(1185〜1190)

主な改修者

主な城主

足利義国

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

国史跡(足利氏宅跡(鑁阿寺))

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

岩井山城(栃木県足利市)[1.8km]
足利城(栃木県足利市)[1.8km]
新田金山城(群馬県太田市)[7.1km]
高松城(栃木県足利市)[7.5km]
赤見城(栃木県佐野市)[7.5km]
中野城(群馬県邑楽郡)[8.1km]
小泉城(群馬県邑楽郡)[9.1km]
彦部屋敷(群馬県桐生市)[10.1km]
椿田城(栃木県佐野市)[11.2km]
佐野城(栃木県佐野市)[11.6km]

日本100名城・続日本100名城スタンプ情報

番号・名称

15 足利氏館

設置場所

鑁阿寺本堂内寺務所[地図

足利氏館の解説文



鑁阿寺(ばんなじ)は、栃木県足利市家富町にある真言宗大日派の本山である。「足利氏宅跡(鑁阿寺)」(あしかがしたくあと(ばんなじ))として国の史跡に指定されている。日本100名城の一つ。

概要 

寺号の詳名は「金剛山 仁王院 法華坊 鑁阿寺(こんごうさん におういん ほっけぼう ばんなじ)」と称する。足利氏の氏寺。本尊は大日如来。

鑁阿寺はもともとは足利氏の館(やかた)であり、現在でも、四方に門を設け、寺の境内の周りには土塁と堀がめぐっており、鎌倉時代前後の武士の館の面影が残されている。

歴史・沿革 

  • 12世紀半ば - 足利氏の祖・源義康が同地に居館(足利氏館)を構える。
  • 1196年(建久7年) - 足利義兼(戒名:鑁阿)が理真を招聘し、自宅である居館に大日如来を奉納した持仏堂、堀内御堂を建立。
  • 1234年(文暦元年) - 足利義氏が伽藍を整備、足利氏の氏寺となる。
  • 南北朝時代 - 鶴岡八幡宮の支配下となる。
  • 1908年(明治41年) - 鑁阿寺本堂が古社寺保存法に基づく特別保護建造物(現行法の重要文化財に相当)に指定される。
  • 1922年(大正11年)3月8日 - 「足利氏宅跡」として国の史跡に指定される。
  • 1950年(昭和25年) - 文化財保護法の制定により、本堂は重要文化財となる。
  • 1951年(昭和26年) - 真言宗豊山派から大日派として独立。
  • 2006年(平成18年)4月6日 - 「足利氏館」として日本100名城(15番)に選定される。
  • 2013年(平成25年) - 本堂が国宝に指定される[1][2]

文化財 

国宝

  • 本堂 - 入母屋造、本瓦葺き。桁行(間口)5間、梁間(奥行)5間(「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を指す)。正安元年(1299年)の建立だが、応永14年から永享4年(1407 - 1432年)に大規模な改造が行われ、この時に柱をすべて入れ替え、正面に向拝を付した。平面構成は前方2間分を外陣、後方3間分を内陣及び脇陣とする密教仏堂の形式だが、建築様式は禅宗様を基調とする。組物を詰組とし、柱に粽(ちまき)を設け、扉を桟唐戸、壁を竪板壁とする点などは禅宗様の要素だが、組入天井、板敷の床など和様の要素もある。密教寺院における禅宗様仏堂の初期の例として、また関東地方における禅宗様の古例として貴重である。平成25年(2013年)に国宝指定[3]

重要文化財(国指定)

  • 鐘楼
  • 経堂
  • 金銅鑁字御正体(こんどう ばんじ みしょうたい)
  • 青磁浮牡丹香炉1口、青磁浮牡丹花瓶2口
  • 仮名法華経 巻第一に元徳二年(1330年)の奥書がある
  • 鑁阿寺文書 36巻、8冊、7幅(615通)[4]
  • 魯論抄5冊 足利学校第7代庠主(校長)の玉崗瑞璵(別号九華)による論語の自筆注釈書。魯論抄の現存唯一の古写完本。[5]

栃木県指定有形文化財

  • 御霊屋(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 多宝塔(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 太鼓橋(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 東門・西門(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 山門(仁王門)(栃木県指定有形文化財(建造物))
  • 木造大日如来像 - 室町時代(栃木県指定有形文化財(彫刻))
  • 木造足利歴代将軍坐像(栃木県指定有形文化財(彫刻))
  • 木造不動明王坐像(栃木県指定有形文化財(彫刻))

史跡(国指定)

  • 足利氏宅跡

現地情報 

所在地

  • 栃木県足利市家富町2220

交通アクセス

  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線 足利駅から0.7キロ(徒歩10分)
  • 東武鉄道 伊勢崎線 足利市駅から1.0キロ(徒歩15分)

参考文献 

  • 「新指定の文化財」『月刊文化財』598号、第一法規、2013
  • 藤井恵介「鑁阿寺本堂の謎」『月刊文化財』598号、第一法規、2013

足利氏館の口コミ情報

2022年05月22日 やしち尾張守
足利氏館



太平記館の駐車場に車を止め、足利学校を横目に足利氏館へ向かいました。御城印は鑁阿寺本堂横で購入できました。太平記館には真田広之さん使用の、甲冑が展示されています。

2022年02月25日 つか征夷大将軍
富士山城[足利氏館  周辺城郭]



北条氏や武田氏の備えとして、足利城を本拠とする足利長尾氏の出城として、築城されたそうです。
3つの峰で構成されていて、それぞれ浅間山城、富士山城、坊主山城と呼ばれることもあるようです。
小田原征伐で足利長尾氏は壊滅し廃城になったそうです。

2022年02月25日 つか征夷大将軍
足利陣屋移築表門[足利氏館  遺構・復元物]



旧足利藩主戸田家の陣屋門が移築されてます。しかし管理が何年もされていないらしくだいぶ傷んでいます。まだ個人所有になっているようですが昨年市も重い腰をあげて動き出したと新聞記事を見ました。

修繕されるといいですね。現在は遠目で見学するしかないですね。

2021年12月24日 薩摩治部少輔義弘維新斎
足利氏館



足利氏の館跡は、足利駅から歩いて行ける距離。今は鑁阿寺で厳かな雰囲気。足利氏の足跡が理解できるところ。近くには足利学校もあって歴史観満載。

2021年12月06日 みその三河守
足利氏館



方形城館ということで、他の城郭とかなりことなります。土塁・堀・お寺の門をぐるりと見てまわりました。室町時代の国人の館の雰囲気を味わいましょう。

2021年07月25日 特にありません
足利氏館



足利本拠地。新田義貞の金山城との距離感を感じながら散策するのも良し。

2021年04月18日 弾正少弼星野鉄郎
足利氏館

鎌倉時代の建造物があり驚きと、誰にでも自由に解放してる所に、感動しました。参拝料とか取られずに自由に散策させていただいたお礼に、お賽銭が弾みました。また、時間があれば是非探索したい場所のひとつになりました。

2021年03月01日 清老頭蔵人頭天和
たかうじ君広場 駐車場[足利氏館  駐車場]

観光等では無料で利用することが出来ます。

2021年02月21日 弾正少弼マックイーン
足利氏館



お堀と土塁がきれいです。ちょうど見開きの特別な御朱印もいただけました。ご近所の方の憩いの場にもなっているようで、アットホームなお寺さんです。御城印も御朱印と並べてあり、購入できます。1時間あればゆっくり見られると思います。

2020年11月15日 アッサー
足利氏館

大銀杏が黄色く染まってきれいでした。夕方でしたが、思ったよりたくさん人がいました。

2020年09月23日 中島 誉
足利氏館

薬医門から入り境内に車を停めました。お参りしてスタンプを押しました。御朱印帳受付と同じ場所で向かって左です。

2020年08月15日 左近衛少将三代目野見宿禰
足利氏館

夕方ギリに飛び込みましたが、寺務所の方が親切に応対してくれました。恐縮^_^
駐車場もありアクセス良好です。

2020年01月17日 KAZ中務卿正勝
鑁阿寺 本堂[足利氏館  寺社・史跡]



正面の唐破風の上にある鬼瓦と龍の
コラボは初めて拝見しました。
珍しいと思います。
元々の瓦も見てみたいな!
100名城スタンプは正面上がって左側に
ありましたが、先にお参りですね(^-^)

2020年01月17日 KAZ中務卿正勝
多宝塔[足利氏館  寺社・史跡]



シンメトリーが綺麗でした
毎月23日の午後は中に入れるらしいっす
(=゚ω゚)ノ

2019年08月11日 まさある甲斐守
足利市観光駐車場[足利氏館  駐車場]



24時間駐車可能。夜間も施錠等行わないとの事でした。無料です。

2019年07月30日 GINTOKI
足利氏館



土塁と水堀の方形館!100名城のスタンプは、9時から4時までしか置いていないようです!

2019年05月06日 雅周防守昌☆Air☆
経堂[足利氏館  寺社・史跡]



一切経堂…独楽のようなお堂にお経(一切経)が納められており、それを人力で回す事によりお経を唱えた事と同じとの説明を受ける。商売繁昌との事でした。

2019年05月06日 雅周防守昌☆Air☆
足利氏館

一切経堂内室町幕府歴代将軍坐像が特別公開中です。

2018年11月02日 唯一無二
足利氏館

100名城スタンプは、本堂のお守り売り場付近に置いてあります。鎖に繋がれているわけでもなく、持っていこうと思えば持っていけます。のどかな感じがします。いいところでした。

2018年02月03日 ねこいんこ左京亮
足利氏館

お寺です。
100名城で期待して行くと肩透かしをくうかもしれませんが、国宝に指定された本堂や室町時代から江戸時代に建築された境内の山門などの建築物、池や堀の鯉に餌をあげたりと見所はあります。
観光客はいますが、敷地内の公園で子供が遊んでたりと、のどかな感じです。
近くの足利学校跡に徳川幕府歴代将軍の位牌があります。

2014年05月16日 結城権中納言秀康
足利氏館

5時には100名城のスタンプがある本堂が締まりますので注意して下さい。

2013年08月07日 曹内蔵助孟徳
足利氏館

今日官報を読んでたら、鑁阿寺本堂が国宝に指定されたとのことです。

2012年02月26日 しまさ左大臣
足利氏館

「100名城スタンプ情報」
ばんな寺本堂、受付?で訪ねると出してくれました。
(2012/2/19時点)

2010年10月05日 傾奇揚げ仙兵衛
足利氏館

森高千里の名曲わたらせ橋 その橋の近く思わず電話ボックス探しました。

2010年07月20日 のぼちゃん陸奥守
足利氏館

足利学校の隣に館があります。館跡は、神社になっており、祠や石碑や案内板があり、館跡にしては、かなりの規模です。足利学校の近くに駐車場があり、裏手に足利尊氏の銅像があり、風情ある町並みになっていましたよ。

足利氏館の周辺スポット情報

 北門(遺構・復元物)

 西門(遺構・復元物)

 東門(遺構・復元物)

 井戸(遺構・復元物)

 足利陣屋移築表門(遺構・復元物)

 富士山城(周辺城郭)

 多宝塔(寺社・史跡)

 鑁阿寺 本堂(寺社・史跡)

 経堂(寺社・史跡)

 鐘楼(寺社・史跡)

 楼門(山門)(寺社・史跡)

 稲荷堂(寺社・史跡)

 御霊屋(寺社・史跡)

 不動堂(寺社・史跡)

 足利義氏(鎌倉時代)の墓(寺社・史跡)

 御城印 足利氏館(御城印)

 本堂内寺務所(スタンプ)

 トイレ(トイレ)

 トイレ(トイレ)

 トイレ(トイレ)

 足利市観光駐車場(駐車場)

 たかうじ君広場 駐車場(駐車場)

 足利学校(関連施設)

 足利学校(関連施設)

 征夷大将軍足利尊氏公像(その他)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore