足利氏館(あしかがしやかた)

足利氏館の基本情報

通称・別名

足利氏宅

所在地

栃木県足利市家富町(鑁阿寺)

旧国名

下野国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

足利義兼

築城年

文治年間(1185〜1190)

主な改修者

主な城主

足利義国

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

国史跡(足利氏宅跡(鑁阿寺))

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

岩井山城(栃木県足利市)[1.8km]
足利城(栃木県足利市)[1.8km]
新田金山城(群馬県太田市)[7.1km]
高松城(栃木県足利市)[7.5km]
赤見城(栃木県佐野市)[7.5km]

足利氏館の解説文

鑁阿寺(ばんなじ)は、栃木県足利市家富町にある真言宗大日派の本山である。「足利氏宅跡(鑁阿寺)」(あしかがしたくあと(ばんなじ))として国の史跡に指定されている。

概要
寺号は詳しくは「金剛山 仁王院 法華坊 鑁阿寺(こんごうさん におういん ほっけぼう ばんなじ)」と称する。足利氏の氏寺。本尊は大日如来。
鑁阿寺はもともとは足利氏の館(やかた)であり、現在でも、四方に門を設け、寺の境内の周りには土塁と堀がめぐっており、鎌倉時代前後の武士の館の面影が残されている。

足利氏館として2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(15番)に選定され、2007年(平成19年)6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。

歴史・沿革
12世紀の半ばに足利氏の祖・源義康が同地に居館(足利氏館)を構える。
1196年(建久7年)足利義兼(戒名:鑁阿)が理真を招聘し、自宅である居館に大日如来を奉納した持仏堂、堀内御堂を建立。
1234年(文暦元年)足利義氏が伽藍を整備、足利氏の氏寺となる。
南北朝時代鶴岡八幡宮の支配下となる。
1922年(大正11年)3月8日「足利氏宅跡」として国の史跡に指定される。
1908年(明治41年)鑁阿寺本堂が古社寺保存法に基づく特別保護建造物(現行法の重要文化財に相当)に指定される。
1950年(昭和25年)文化財保護法の制定により、本堂は重要文化財となる。
1951年(昭和26年) 真言宗豊山派から大日派として独立。
2013年(平成25年) 本堂および、経堂、鐘楼がそれぞれ国宝に指定された。

交通
東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線足利駅から0.7km(徒歩10分)...

足利氏館の口コミ情報

結城秀康様[2014年05月16日]
5時には100名城のスタンプがある本堂が締まりますので注意して下さい。

内蔵助孟徳様[2013年08月07日]
今日官報を読んでたら、鑁阿寺本堂が国宝に指定されたとのことです。

しまさ大納言様[2012年02月26日]
「100名城スタンプ情報」
ばんな寺本堂、受付?で訪ねると出してくれました。
(2012/2/19時点)

傾奇揚げ仙兵衛様[2010年10月05日]
森高千里の名曲わたらせ橋 その橋の近く思わず電話ボックス探しました。

のぼちゃん陸奥守様[2010年07月20日]
足利学校の隣に館があります。館跡は、神社になっており、祠や石碑や案内板があり、館跡にしては、かなりの規模です。足利学校の近くに駐車場があり、裏手に足利尊氏の銅像があり、風情ある町並みになっていましたよ。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore