中野城(なかのじょう)

中野城の基本情報

通称・別名

中野館

所在地

群馬県邑楽郡邑楽町中野元宿3015

旧国名

上野国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

中野景継

築城年

文永2年(1265)

主な改修者

宝田和泉守

主な城主

中野氏、宝田氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

高松城(栃木県足利市)[3.3km]
小泉城(群馬県邑楽郡)[4.6km]
岩井山城(栃木県足利市)[6.4km]
赤岩城(群馬県邑楽郡)[6.7km]
館林城(群馬県館林市)[7.4km]

中野城の解説文

中野城(なかのじょう)は、群馬県邑楽郡邑楽町にあった日本の城。

概要
中野城は文永2年(1265年)、新田氏の一族中野景継によって築城された。
景継の子中野藤内左衛門が延元3年(1338年)、越前国の藤島の戦いにおいて、新田義貞とともに戦死したため、廃城となったと伝えられている。
戦国時代には、小泉城主富岡氏配下の宝田和泉守が、 中野氏の故城を修築し本拠としたが、天正18年(1590年)、豊臣秀吉の関東平定に伴い廃城となった。

中野城の口コミ情報

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年02月21日]
神光寺にある解説板に「南面に塁濠跡」とあるが、それらしきものは見つけられませんでした(はす向かいの小学校に土塁らしきものはあるが城域からは外れるのでおそらく違うと思われる)
解説板には書かれてないものの、北東角(駐車場への曲がり角)に土塁らしき土盛りがあります

すずママ右馬頭要害情報屋様[2015年12月29日]
邑楽町中野幼稚園の向かい、神光寺になります。駐車場は裏手にあります。駐車場案内地図の写真投稿してあります

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore