小泉城(こいずみじょう)

小泉城の基本情報

通称・別名

富岡城

所在地

群馬県邑楽郡大泉町(城之内公園)

旧国名

上野国

分類・構造

平城

天守構造

なし

築城主

富岡直光

築城年

延徳元年(1489)

主な改修者

主な城主

小泉氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

土塁、横堀(水堀)

指定文化財

町史跡(小泉城跡(富岡城跡)附、城之内古墳(復元))

再建造物

説明板

周辺の城

中野城(群馬県邑楽郡)[4.6km]
赤岩城(群馬県邑楽郡)[6.3km]
新田金山城(群馬県太田市)[7.1km]
高松城(栃木県足利市)[7.8km]
岩井山城(栃木県足利市)[8.0km]

小泉城の解説文

小泉城(こいずみじょう)は現在の群馬県邑楽郡大泉町にあった日本の城。築城は、延徳元年(1489)。現在では城跡(内堀の全部と外堀の一部および土塁)のみが残っており、城之内公園(しろのうちこうえん)として整備されている。

歴史・沿革
結城合戦で敗れた結城持朝の息子の持光(後の富岡主税介直光)が後に足利成氏から邑楽郡に所領を与えられて延徳元年(1489)に建設した富岡城が後に小泉城と呼ばれるようになったと言われている。その後、富岡一族は古河公方や上杉謙信、後北条氏などの勢力下で活躍し、富岡氏から小泉氏が分かれる。しかし、天正18年(1590)、豊臣秀吉の関東攻めの際、家臣浅野長政らに攻められて落城し、廃城になった。なお、残っている外堀と内堀の間には「庚申」と彫られた楕円形の石柱を数十以上見ることができるが、これは庚申信仰が盛んだった江戸時代のものと考えられている。

現在では、残っている内堀、外堀ともに、堀はすべて護岸工事され、また、城跡の一部では古墳が復元されている。「庚申」と彫られた楕円形の石柱が多数存在するのは、忠霊塔の西側である。内堀の東側には公園が配置されており、城之内公園と呼ばれている。

構造
大泉町には山はなく、比較的標高の高い(33m近辺)場所に作られた平城。標高33mというと環状八号線が東京都大田区田園調布や世田谷区尾山台近辺を通過するあたりの標高と同程度である。

戦国時代末期、後北条氏の傘下の時代に改築された城の遺構が現在残っているもの。 本丸の北東側や南西側の隅に2層から3層程度の隅櫓があったとも伝えられ、その場所は土が盛られて一段高くなっている。

小泉城の口コミ情報

立花飛騨守様[2017年05月17日]
本丸を囲む水堀と土塁がとても良い状態で残されています。

よく整備された公園で、深緑が目に眩しく、今の時期が最適だと思います。

けじめ様[2016年12月17日]
古墳の後ろ辺りにある石碑は見どころ。なお、戦時中中島飛行場の被害が合ったためお地蔵様も。

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年02月21日]
東側駐車場(場所は先に投稿されている写真を参考にされたし)から入ると渡る大手橋のたもとに、小泉城について書かれた資料(復元図付き)が常備されています。

すずママ右馬頭要害情報屋様[2015年12月29日]
春に来たときに工事中だったので冬なので終わったかと思ったらまだ工事中でした。西側駐車場は工事関係者用なので駐車不可、東側駐車場可。一方通行が多いのでご注意を。28年3月末まで工事期間。
駐車場マップを写真投稿してあります。
春は桜の名所。水鳥、ウサギ、ニワトリなどがいる城趾公園です。お子様連れでも安心。

すずママ右馬頭要害情報屋様[2015年03月29日]
西側 (大泉北消防署 向) 駐車場 工事中で車はいれませんでした

ばしこん様[2013年01月27日]
公園東側に駐車場は有ります。狭い敷地でありながらもトイレは2ヶ所有ります。
お堀には鴨が泳いでいて、公園の北側線路側には鳥小屋が有ります。いろんな鳥が居たけど鳩は居ませんでした。個人的に鳥好きなので癒されました。
堀一周沿いに桜の木もあるので桜のシーズンになると楽しめそうです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore