彦部屋敷(ひこべやしき)

彦部屋敷の基本情報

通称・別名

彦部氏屋敷、彦部家住宅

所在地

群馬県桐生市広沢町6877

旧国名

上野国

分類・構造

屋敷

天守構造

なし

築城主

彦部信勝

築城年

永禄4年(1561)

主な改修者

主な城主

彦部氏

廃城年

遺構

主屋、長屋門、冬住み、穀倉、文庫倉、曲輪、石垣、堀、土塁、井戸

指定文化財

国重要文化財(彦部家住宅)、県史跡(彦部氏屋敷)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

新田金山城(群馬県太田市)[6.7km]
桐生城(群馬県桐生市)[8.0km]
新田荘城館(群馬県太田市)[8.8km]
足利城(栃木県足利市)[9.2km]
高津戸城(群馬県みどり市)[9.4km]

彦部屋敷の解説文

彦部屋敷は、桐生市広沢町の手臼山の麓に位置する。山裾以外の三方に土塁と堀を設け、南の大手口に長屋門、北の搦手口に櫓台を築いた中世の屋敷構えを残している。主屋や長屋門は江戸時代に建てられたものである。

彦部家は家蔵の「高階朝臣家譜」によると、天武天皇の長子である高市皇子を祖とする。高市皇子から六代目で臣籍降下し高階姓となり、高階氏は鎌倉時代に陸奥国斯波郡彦部郷に移り、彦部姓を名乗った。室町時代に彦部氏は足利将軍家に仕え、永禄4年(1561年)に広沢の地に屋敷を構えたと伝わる。

彦部屋敷の口コミ情報

牢屋見廻り同心マダオ様[2015年04月25日]
彦部屋敷に隣接する福厳寺には彦部氏累代墓が本堂裏にあります。

シコタレ常陸介様[2013年12月08日]
入館料は大人一人500円でした。
敷地内には重要文化財があり、館主のご主人が、ご丁寧に一つ一つ解説してくださいました。石垣・から堀・土塁なども綺麗に残っていました。さらに奥にある竹やぶの竹は、かつて関ヶ原の戦いに参戦した徳川家康に献上したらしく、東軍の勝利に貢献した!?らしいです。帰り際には暖かいお茶まで入れていただきました。見どころは十分かと

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore