桐生城(きりゅうじょう)

桐生城の基本情報

通称・別名

柄杓山城、桧杓山城、桐生桧杓山城

所在地

群馬県桐生市梅田町1-1282他

旧国名

上野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

桐生国綱

築城年

正平5年〔南朝〕/観応元年〔北朝〕(1350)

主な改修者

主な城主

桐生氏、横瀬氏、由良氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、馬出、堀切

指定文化財

市史跡(桐生桧杓山城址)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

高津戸城(群馬県みどり市)[6.9km]
彦部屋敷(群馬県桐生市)[8.0km]
五覧田城(群馬県みどり市)[10.2km]
神梅城(群馬県桐生市)[10.2km]
山上城(群馬県桐生市)[11.8km]
膳城(群馬県前橋市)[12.4km]
足利城(栃木県足利市)[13.0km]
蓬山城(栃木県佐野市)[13.6km]
赤堀城(群馬県伊勢崎市)[14.1km]
新田金山城(群馬県太田市)[14.3km]

桐生城の解説文

柄杓山城(ひしゃくやまじょう)は、群馬県桐生市梅田地区の北部にあった桐生氏の日本の城(山城)である。桐生城ともいう。

概要
市街地の北側5キロ、桐生川上流に添った形で聳える城山頂上に築かれていた日本の城。典型的な実戦型の山城であり、現在では幾つかの曲輪が遺構として残っているに過ぎない。本廓は公園として整備されている。

歴史・沿革
1350年 藤原姓足利系佐野氏一族の桐生国綱によって築かれたとされる。
1351年 渡良瀬川の水を桐生川へと落とす下瀞(しもとろ)堀を構築する。(長さ約2500メートル。現在は埋め立てられていて、一部がコロンバス通りとなっている。)
1440年 結城合戦に桐生正綱の弟正俊が出陣。
1455年 享徳の乱に谷近綱が出陣し戦死。
戦国期は、北条氏・上杉氏らに従いつつ、新田金山城の由良氏と抗争。
桐生真綱の代に後桐生氏の全盛期を迎える。
1560年 桐生助綱は関東管領として北条氏を討伐に向かう長尾景虎に従う。
1570年 助綱が死去し、佐野昌綱の子桐生親綱が桐生氏の養子として後を継ぐ。
このころ、渡良瀬川・桐生川の灌漑用水を巡り、桐生氏と由良氏の対立が表面化。小競り合いが繰り返されるようになる。
里見上総介勝広をよく思わない家臣による諫言を桐生親綱が誤解し彼を切腹させる。桐生氏弱体化。
1572年3月 太田金山の由良成繁が柄杓山城を攻め、親綱は佐野に逃走する。
由良成繁、新田金山城を子に譲り、本拠を柄杓山城に移す。
1578年 由良成繁の死去に乗じて桐生親綱が柄杓山城奪回を図るが、失敗。
1590年 後北条氏の滅亡により由良氏が牛久に領地代えされ、廃城。

桐生城の口コミ情報

2021年04月08日 おかっぴき
桐生城



登城口から休まず20分前後で本丸まで行けます。曲輪、土塁、登り口に説明板があります。

2021年03月11日 【銀英1】唐沢山下野守秀郷
皆沢八幡宮[桐生城  寺社・史跡]



桐生にある皆沢八幡宮です(この頃は佐野庄?)。桐生氏の本家筋藤姓足利忠綱の最期の地です。

忠綱は宇治川の合戦(1180年)で平家方として大活躍、上野大介(国守?)を望むも一族庶流からクレーム⁉️以後藤姓足利氏は庶流との結束が乱れ次第に孤立してしまいます。

志田義広の乱、野木宮の合戦で敗軍となり運なく悲しい末路となります。

忠綱は西国に逃れた後、郷里に帰り足利義兼の庇護に?その後事情があり、義兼の怒りに触れここ八幡宮に逃れますが追い詰められ自害したそうです。父俊綱も頼朝に追討され、家老の桐生六郎(綱元?)に佐野庄の赤見で殺害されました。

広い境内、社殿は大分傷んでいますが、説明板の通り祭りには屋台や出店もありたいへん賑やかだったようです。建物裏のビールの看板、懐かしい昭和の薫りがします。

歴史は勝者が作り替える?しかし、忠綱はここに奉られ、慕われていました。



2021年02月09日 eiki
小俣城[桐生城  周辺城郭]



標高305メートルの城山に築かれていた城、県道218号沿いの叶花集会所に駐車場があり、そこにコース案内板があります。やや急な山道を30分程登ると到着します。山頂は大きな郭になっており、その回りは帯曲輪、腰曲輪、堀切がはっきりと確認できます。足利氏に使えた小俣氏の居城であったとのこと、城山からは桐生の町を見下ろします。

2021年02月08日 三輪左近衛少将直虎
小俣城[桐生城  周辺城郭]

小俣城は足利氏の後裔にあたる渋川氏が築いたとされています。元亀3年(1572)に上杉謙信は小俣城に襲いかかりましたが城兵たちは必死に防戦し上杉勢を撃退しています。
小俣城はゴルフ場の建設で破壊されたと思い込んでいました。本来の大手道はゴルフ場側にあったため失われていますが、城跡はまったくの無傷であることを知り訪れてみました。小俣駅で降りたときから小雨が降り始め、城山の麓に着いたときは雪になっていました。
東から直登し尾根へ取りつきますが、登り始めが難関で巨木にしがみついて山道へ入ります。山道も登り始めはほとんど道の体裁を成していないので帰り道を見失わないように振り返りながら民家の屋根を目印にしました。
尾根へ出ると城山への道標が設置されていました。小さな堀切と郭を越えると主郭が目の前に現れます。やや深い堀切を越えて主郭を囲む二の郭へ着き、主郭の壁面には巨石を用いた石積が顔を覗かせているのがわかります。こじんまりしていますが遺構はよく残り、何より冒険心を満たしてくれる山城ですね。


2018年01月01日 mas.k上野介57th
桐生城

一昨年夏に一度トライしたけど藪が酷くて登城口入って
すぐに心折れて諦めました スズメバチも飛んでたし・・・
その年の暮れに再トライしてやっと登城できました

登城口さえ見抜ければ、あとはほぼ一本道なので安心です

でも、猪が出るので登城は日中がお薦めです

2018年01月01日 おり〜ぶ上野介
桐生城

ヤマト運輸桐生中央宅配便センターを右に見て50mほど先の左側に「柄杓山城跡入口」の標識があり、左折すると傾斜がきつくなり右手に墓地と白い観音様、渭雲寺を確認して道なりにしばらく行くと左側路肩に駐車場がある。
その先は工事車両以外立入禁止になっている。
車を停め、駐車場に設置してある案内板で確認しながら登山道方向へ。

林道と登山道への入口は二股に分かれているが登山道は車では進入するのを躊躇う程の大きな石が剥き出しの悪路。
正面から左の視界が開ける方向には砂利が山のように積んであり重機が置いてある。
登山道は右側、一見して分かりにくい。
徐々に細くなり人ひとり一列分の道幅。
夏場は草薮と化しそうなのでお勧めできない。

30分ほど登山道を歩くと本丸跡に辿り着く。
途中、竪堀や土塁、岩盤が剥き出しの堀切などの遺構を見る事ができる。
本丸跡南側の石垣部分は崩落を食い止めるために丸太様の土留工事がしてあるが、本来の石垣なのか、それとも再建されたものなのか興味深い。

いずれにしろ、あまり手を加えられていないので興味を掻き立てられる山城である。

2015年05月04日 まー刑部卿
桐生城

林道には車は通れなくなってます。以前は通れたようですが。その前に駐車場がありますのでそこからは歩いて上ります。
居館跡の神社の道は狭いので自分はカインズの駐車場に停めて行きました。

2015年04月25日 牢屋見廻り同心マダオ
桐生城

城下には桐生城縁の寺院があります。
西方寺には桐生氏累代墓、層塔1基・五輪塔13基があり、その内の8代義綱・11代親康・12代重綱・13代助綱の4基だけ銘文が判読出来ます。
鳳仙寺は由良成繁が自ら建立し、菩提寺とした寺で、本堂裏に由良成繁の墓があります。
渭雲寺は渡瀬繁詮(由良成繁次男)が開基した寺で由良成繁が桐生へ入部する以前は桐生氏の平時の居館があったと言われています。
また、平安期に桐生を所領していた足利俊綱の家臣、桐生六郎の居館である梅原館には土塁が残されいます。

2012年09月05日 傾奇揚げ仙兵衛
桐生城

最寄りのJR桐生駅でひもかわうどんと言うワンタンみたいなうどんが有ります。
個人的にカレーひもかわ

2011年02月15日 Mr左近衛大将ワコーレ
桐生城

上毛電鉄の後ろの車両は平日、自転車ごと乗れるんです。
とてもローカルを感じます。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore