足利城(あしかがじょう)

足利城の基本情報

通称・別名

両崖山城、飯塚山城、小屋城、栗崎城

所在地

栃木県足利市西宮町両崖山

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

足利(淵名)成行

築城年

天喜2年(1054)

主な改修者

長尾景長

主な城主

足利氏、長尾氏

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、堀切、竪堀、石積

指定文化財

市史跡(足利城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

足利氏館(栃木県足利市)[1.8km]
岩井山城(栃木県足利市)[3.6km]
新田金山城(群馬県太田市)[7.5km]
赤見城(栃木県佐野市)[7.7km]
彦部屋敷(群馬県桐生市)[9.2km]

足利城の解説文

足利城(あしかがじょう)は栃木県足利市の標高250mの両崖山に平安時代後期に築城された山城で、両崖山城、飯塚山城、小屋城、栗崎城などとも呼称される。1512年以降は長尾氏によって支配された。

足利城を巡り、1455年、1564年、1584年、1590年の4度合戦が勃発しており、それぞれ足利城の戦いと呼称される。

足利城の戦い
第一次合戦は関東管領の山内上杉憲忠を殺害した鎌倉公方の足利成氏と上杉氏家臣の長尾氏との間で起こった。『正木文書』に収録されている1455年5月13日の足利成氏書状写には、足利義明が足利城へ赴いたことを受け、計略をめぐらせるよう岩松右京へ命じる旨が記されていた。また、『赤堀文書』に収録されている同年8月29日の書状写には赤堀政綱に対し、近日中に上杉勢が足利庄内へ進駐してくることから、軍勢を整え、軍議をなすよう命じる旨が記されている。『真壁文書』にも真壁尚幹に対し同様の伝令があった旨が記されていたが、これらの結果、軍の対峙のみで終わったのか、合戦が起こっていたのかは現状の資料からは明らかにされていない。

第二次合戦は上杉謙信と佐野昌綱の間に勃発した。1564年11月、上杉謙信は佐野氏が支配する唐沢山城を攻撃するにあたり、足利、館林、新田領などに火を放ち、沼尻に築陣したという記録が残されている。この結果、当地を守護していた長尾政長は、下野国足利衆として上杉方へ属した。

第三次合戦は小田原北条氏の下野国侵攻が本格化した1584年に勃発している。『古今消息集』に収録された4月22日の北条氏勝感状写にて、足利城で長尾顕長と佐野宗綱の戦闘があった事が記されている。

豊臣秀吉により小田原攻めがなされた1590年ごろ、足利城で第四次合戦が行われていた事が示唆されており、『木島文書』『平沼伊兵衛氏所蔵文書』『宇津木文書』などにある1月28日北条氏直感状写には反町大膳亮、辻新三郎、宇津木下総守らに宛てた足利城での戦功を称える言葉が認められている。ただし、本件に関しては相手方がどこであったかについては言及がなされておらず、不明となっている。

足利城の口コミ情報

コロ助様[2014年05月01日]
織姫神社境内の藤棚を通った所にある登山口から入ります。前方後円墳の脇を通ったり、今が見頃のツツジ園の中を通ったりします。50分程で城跡の両崖山山頂に着きますが、何ヵ所か岩肌を登り降りすることになるので少しキツいです。

朝5時半頃から登り始めましたが、何人もの方と行き交いましたので、人気のあるコースの様です。

足利城跡碑の立つ所から少しだけ天狗山ハイキングコースに入った箇所に堀切がありました。

伏龍鳳雛SAS様[2012年12月25日]
城跡碑まで歩くと往復で、約二時間位掛かります。

体力に自信ない方は、止めておいた方が良いです

半日皇帝下野守様[2011年03月06日]
織姫公園駐車場から攻城。城跡はハイキングコースになっており、山頂まで片道約1.5㎞。途中、岩山を4〜5回アップダウンしたあと、展望台から足利の街並みを一望できます。ハイキング気分で城攻めしましょうε≡≡≡ヾ(。ゝω・。)ノ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore