刈松田城(かりまたじょう)

刈松田城の基本情報

通称・別名

苅松田城

所在地

福島県福島市飯野字苅松田

旧国名

岩代国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

青木修理

廃城年

遺構

曲輪、井戸

指定文化財

再建造物

周辺の城

河股城(福島県伊達郡)[5.6km]
小手森城(福島県二本松市)[7.0km]
八丁目城(福島県福島市)[7.7km]
小浜城(福島県二本松市)[9.4km]
田地ケ岡館(福島県二本松市)[10.7km]

刈松田城の口コミ情報

毘沙門天山城守乱丸様[2013年01月13日]
上刈松田、館などの地名から、刈松田不動尊より挑戦、宮川の上流不動沢の不動尊近くまで車で、そこから不動滝脇より登坂開始!
苅松田城略測図を基に井戸曲輪からほぼ直登坂で二ノ郭、本郭へ全て雑木林で平場は確認、土塁も一部確認?も今の季節で四苦八苦ですので新緑の季節は妥協の二文字が!
これだけ未整備ではまともな写真取れず、顔や手などの地肌はキズだらけで下山!
林道脇の三ノ郭から攻め本郭へ、道らしきものが藪だらけ本郭に到着も雑木林だらけで(^^;)
舌状台地先端部に築かれ、南西には宮川上流の不動沢、堀の役割はなしておらず三方が水田で敵の接近を妨げたと思われる。
伊達政宗が関わった城跡なのに地元の人の認知度低く、碑、案内板も無し。
さらに、城跡一帯のほぼ中央を林道により分断、まだ新しい舗装路で残念です(>_<)
略測図を見ると西側の本郭、二ノ郭、三ノ郭と東側の馬場跡、東郭が分断されてるいるのを視認できました。
駐車スペースはなし、遺構の確認難易度高、落ち葉時期以外無理!
場所は飯野町役場周辺から宮川沿いに上流へ刈松田不動尊を目指す。

初代征夷大将軍天下一の号様[2012年04月25日]
伊達政宗も謀略した史実があるが、いっさい案内板がなくリアル攻め難度高、地元の人に聞かないとたどり着けないと思います。近くに刈松田不動尊、刈松田不動滝有。町の地図に刈松田(かりまだ)が刈又と表記されたりして余計分かりにくいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore