小浜城(おばまじょう)

小浜城の基本情報

通称・別名

下館

所在地

福島県二本松市小浜字下館

旧国名

岩代国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

不明

築城主

大内宗政

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

蒲生氏郷

主な城主

大内氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏

廃城年

寛永4年(1627)

遺構

曲輪、石垣、空堀、堀切

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

宮森城(福島県二本松市)[1.9km]
小手森城(福島県二本松市)[7.0km]
二本松城(福島県二本松市)[8.4km]
田地ケ岡館(福島県二本松市)[9.4km]
刈松田城(福島県福島市)[9.4km]

小浜城の解説文

小浜城(おばまじょう)は福島県二本松市(旧・岩代町)にあった戦国時代の山城。現在は本丸跡が史跡公園として整備されている。

歴史・沿革
小浜城のある塩松地方(安達郡東部。現在の福島県二本松市の一部を含む)は、室町時代には石橋氏の所領であった。小浜城はその家臣・大内氏が築いたといわれている。永禄11年(1568年)、小浜城主・大内義綱は田村氏に通じて主家の石橋尚義を追放し、塩松地方一帯を支配下に置いた。大内氏はその後、田村氏からの独立を目論んで伊達氏・蘆名氏の側に転じた。天正12年(1584年)に伊達政宗が家督を継ぐと、当主・大内定綱は引き続き伊達氏への従属を誓ったが、翌年には離反し、蘆名氏に属する。これに対し、政宗は自ら軍を率いて塩松地方へ攻め込み、支城の小手森城を攻め落とすと、その勢いで塩松地方の制圧に成功した。小浜城の大内定綱は蘆名氏を頼って逃亡し、政宗は小浜城へ無血入城することができた。この後政宗は小浜城を二本松畠山氏攻撃の拠点とし、天正14年(1586年)8月までの約1年間滞在した。政宗の父・輝宗が畠山義継に拉致殺害された事件(粟之巣の変事)が起きたのもこの小浜城滞在期間中である。なお、定綱は郡山合戦の際に伊達成実の調略によって帰参し、後に伊達家の重臣となった。天正19年(1591年)、奥州仕置によって塩松が蒲生氏郷領となると、家臣の蒲生忠右衛門が2万5千石を与えられて小浜城代となった。現在、本丸跡に残されている石垣はこの時築造されたものである。その後、上杉氏時代は山浦景国、再蒲生時代は玉井貞右が城代となり、寛永4年(1627年)廃城となった。

構造
小浜城跡は二本松市役所岩代支所(旧岩代町役場)東側の丘陵一帯である。最も高い平場を本丸とし、その四方に6つのやや大きめの郭が存在し、さらに南西方向は小規模な郭を階段状に配置している。本丸跡は昭和56年(1981年)に発掘調査されており、7棟の掘立建物跡が確認されている。また、本丸入口に現存する石垣は蒲生氏郷時代のものと推定されている。現在、本丸跡は公園となっている。

小浜城跡の南方約2kmに宮森城跡がある。小浜城は下舘、宮森城は上舘とも称され、両城一体となって小浜城の防御が戦略的に可能になるといえる。

小浜城の口コミ情報

毘沙門天山城守乱丸様[2012年06月24日]
駐車場は本曲輪登り途中に、あと本曲輪右側に数台駐車スペースあり!

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年09月25日]
県道から案内看板に従って丘陵状の山を登ると、本曲輪に到着。
二本松の市街地から東に車で20分くらい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore