白岩城

(しらいわじょう)

通称・別名

所在地

秋田県仙北市角館町白岩

城郭構造
連郭式山城
天守構造
築城主
白岩氏
築城年
不明
主な改修者
主な城主
白岩氏
廃城年
天正18年(1590)
遺構
曲輪、腰曲輪、堀切
指定文化財
市史跡(白岩城跡)
再建物
周辺の城
角館城(仙北市) 5.4km
戸沢氏城館(仙北市) 10.2km
本堂城(仙北郡) 13.8km
払田柵(大仙市) 15.2km
六郷城(仙北郡) 20.3km
白岩城(しらいわじょう)は秋田県仙北市角館町にあった城である。

遺構
貴重な武家屋敷群を残すことでも知られる角館城の東方約5kmの館山に位置する。

その規模は東西250m、南北500m(『仙教』)で南北に細長い地形を利用して築かれており、頂上を主郭として南へ向かって郭が連続的に構築されている。また、尾根続きの北側には空堀が設けられている(『仙教』)。

城の西方の山麓には平城(居館)があったとされるが明確な遺構はなく、「平城」の地名にその名残をとどめるのみである。

歴史
正確な築城年代は不明だが、鎌倉時代からの土着の豪族とされる白岩氏が居城とした。白岩氏は後に角館城主である戸沢氏の家臣となった(『仙教』)が、豊臣秀吉による奥州仕置によって天正18年(1590)城は廃城となった。

平成14年(2002)からは毎年2月に白岩地域の活性化に取り組む住民グループらによって「白岩城址燈火祭」が行われている。

交通
JR東日本田沢湖線・秋田新幹線・秋田内陸縦貫鉄道角館駅から車で約15分

参考文献
『仙教』:仙北市教育委員会提供資料。
『大系』:『日本城郭大系 第2巻』新人物往来社、1980年。


白岩城口コミ情報

口コミがありません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore