徳合城

(とくあいじょう)

通称・別名

所在地

新潟県糸魚川市徳合

城郭構造
山城
天守構造
築城主
村山氏
築城年
鎌倉時代末期〜南北朝時代
主な改修者
主な城主
村山氏、村上氏
廃城年
遺構
曲輪、土塁、空堀
指定文化財
市史跡(徳合城跡)
再建物
説明板
周辺の城
春日山城(上越市) 11.9km
黒田城(上越市) 12.6km
不動山城(糸魚川市) 14.5km
御館(上越市) 15.1km
鮫ヶ尾城(妙高市) 15.7km
標高316mのトヤ峰を中核に曲輪が重なり、東方の大峰砦を詰城、海岸の筒石城(城ヶ峰)を支城とする堅固な中世の城館跡です。

鎌倉時代末期から南北朝時代の頃には西浜頸城郡園田保の地頭であった村山氏が城を構え、戦国時代末期には根知城主村上義清の子・国清が城主であったとも伝えられています。

戦国時代においては越後上杉氏の居城である春日山城の支城として重要な役割を果たしたものと思われます。

「たての屋敷」と呼ばれる泥田堀で囲まれた館跡や城主の菩提寺である宝昌寺をはじめ、城に関する遺構や地名が今も多く良好に残っています。

情報提供:糸魚川市交流観光課


徳合城口コミ情報

雅楽頭緋戀@黒うさ様[2015年05月24日]
今の時期は草が凄く鉈等がないと進むのは難しそうです。
車は写真投稿したところの手前迄は行けます。
普通車でもコンパクトカーならギリギリ進めますが、対向車が来たら避ける場所がないので要注意です。

まるさん武蔵守異能者追跡中様[2012年05月30日]
↓前の口コミのつづき


ちなみに、本日2012年5月30日の現地の状況はと言うと…


雑草やらが大きく成長して道がわからない状態


少なくとも、鎌とか鉈、鋸の類いの用意がないと進みにくい印象で、
先客のご夫婦も諦めて帰るところでした


そちらの方によるならば、草木が伸びる前(今年は雪が多かったので4月末頃?)か、
でなければ枯れている12月頭くらいがいいのではないかとのことでした。


なので、実際に登るつもりの方は事前の情報収集が重要な印象です

春日山城の絡み(8月の謙信公祭など)で狼煙を上げるならば、
その時に道の草刈りはされるはずですから、
直後ならば登城のチャンスになります



ですが、山周辺にも関連遺構があって標示もされているので好きな方はそれなりに楽しめると思いました

まるさん武蔵守異能者追跡中様[2012年05月30日]
↓の織田殿の口コミにある中村バス停は集落の公民館ですが、
同じ敷地内にサンまるさんの写真の徳合城の案内図も掲示されています。


公共交通機関を利用の方はここから徒歩になりますが…


小型の自動車やバイクでしたらかなり本丸近くまで進めます(写真の葉に囲まれた標識手前10m辺り)


ただし自動車だと他の車両がいた場合、すれ違いや駐車することができないので注意が必要です
(1台だけならばUターンは可能)


実際、私が案内看板にたどり着く手前から適当に登った際(案内図の大手道を進んだようです)、
昨年も登城したと言う老夫婦が車両を駐車していました。


そちらの方の話だと、そこから本丸跡までは15分もかからないとのことでした

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore