富岡城(とみおかじょう)

富岡城の基本情報

通称・別名

臥龍城

所在地

熊本県天草郡苓北町富岡字本丸

旧国名

肥後国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

築城主

寺沢広高

築城年

慶長10年(1605)

主な改修者

山崎家治

主な城主

寺沢氏、山崎氏、戸田氏

廃城年

寛文10年(1670)

遺構

石垣、堀切

指定文化財

町史跡

再建造物

石垣、櫓、門、塀

周辺の城

瀬詰崎台場(長崎県南島原市)[14.7km]
本渡城(熊本県天草市)[15.8km]
河内浦城(熊本県天草市)[22.7km]
小宮地城(熊本県天草市)[23.1km]
原城(長崎県南島原市)[23.8km]

富岡城の解説文

富岡城(とみおかじょう)は、肥後国天草郡(熊本県天草郡苓北町富岡)にあった城。

概要
富岡城は天草下島の北西、砂州で繋がった陸繋島の富岡半島の南東部の丘陵上にある梯郭式の平山城である。城の南には堀の役割を果たした袋池があり、東部には砂嘴に囲まれた巴湾が天然の土塁となって海からの外敵を防衛する役割を果たしていた。また、陸からの攻撃は砂州のみしかない。極めて攻撃し難い天然の要害を形成していた。

平成6年(1994年)より城の発掘・復元が計画され、国立国会図書館にある『肥前甘艸富岡城図』をもとに丘陵上の本丸に復元作業が行われた。平成17年(2005年)3月復元作業が終了し石垣や櫓が復元された。本丸の櫓は展示施設「富岡ビジターセンター」となり、天草の歴史・文化・自然などが紹介されている。

沿革
慶長5年(1600年)天草郡を含む肥後北部を領していた小西行長は、関ヶ原の戦いにおいて西軍方に参陣し敗れた。このため所領は没収され、翌年の慶長6年(1601年)東軍に参陣し功績のあった唐津城主・寺沢広高は天草郡4万2千石を与えられた。広高は肥前唐津から離れたこの地を治めるために、慶長7年(1602年)から慶長10年(1605年)にかけて富岡城を築き城代を置いた。

寛永14年(1637年)10月28日(新暦12月14日)、藩による重税とキリシタン迫害に堪りかねていた天草の領民は、数日前に代官を殺害した島原の領民に呼応、共に天草四郎を盟主として蜂起し、島原・天草一揆が始まった。富岡城代の三宅籐兵衛は1,500人の唐津藩兵を率いて、本渡に出向き一揆軍との戦闘が繰り広げられた。しかし数に勝る一揆軍により11月14日(新暦12月30日)に三宅籐兵衛は討ち死にした。11月19日(新暦1638年1月4日)、一揆軍は富岡に迫り城下町と城を攻撃した。戦死した城代に代わり原田伊予が指揮を執り、猛攻によく耐え11月25日(新暦1638年1月10日)には一揆軍を撤退させた。一揆軍は海を渡り原城に立て籠もる島原の一揆軍と合流し、天草での戦闘は終了した。寛永15年(1638年)2月28日(新暦4月12日)、原城に立て籠もった一揆は鎮圧された。しかし、一揆の勃発を許した堅高(唐津藩2代藩主)は天草郡を没収された。なお、堅高は正保4年(1647年)に自害し寺沢氏は無嗣断絶となっている。

この年、天草郡4万2千石は山崎家治に与えられ、備中国成羽城より入城し富岡藩が成立した。家治は入封すると早速、城の改修に着手した。百間塘と呼ばれる土手道を整備し、袋池を構えて内堀の代わりとした。また、大手門を造営した。寛永18年(1641年)城の改修が終了したが、この年に家治は讃岐国丸亀城に転出となった。

寛永18年以後は寛文4年(1664年)まで天領となった。初代代官として鈴木重成が承応2年(1653年)まで務めた。重成は天草郡の石高4万2千石は過分であり半減すべきであると訴え江戸で切腹した。重成の後は子の重祐が継いだが13歳と年少であった為、明暦元年(1655年)甥の重辰が天領代官を継ぎ寛文4年まで務めた。

寛文4年、三河国田原城より戸田忠昌が2万1千石で入城し再び富岡藩が立藩した。忠昌は城の維持管理が領民への負担を強いていることに疑問を感じていた。このため寛文10年(1670年)忠昌は遂に三の丸に藩庁を残し、本丸・二の丸を破却し廃城とした。これは「戸田の破城」と呼ばれ、良策として後世に評価された。廃城となった後は三の丸が陣屋(富岡陣屋)として残った。

破城の翌年の寛文11年(1671年)忠昌は「天草は永久に天領であるべき地」と主張し認められた。忠昌は奏者番兼寺社奉行となった当日に関東へ転封となり、以後、富岡城三の丸は明治維新まで天領代官所(天草代官所)として機能した。

明治元年(1868年)には天草県となり、代官所は県庁となったが間もなく長崎府に編入され、廃藩置県の時の明治4年(1871年)には八代県に編入、さらに白川県、熊本県に編入された。遺構として鈴木家の墓所がある端林寺には代官所正門が移築現存している。...

富岡城の口コミ情報

ぐっさん^。^)y-様[2017年05月09日]
続、あとは看板通りに進むと着きますが、先ずは大手門跡を見て下さい。写真も載せましたが今なら復元工事してますので石垣内部や復元状況など間近で観察出来ますよ!規模も中々広く大きい大手門だった事が確認出来ます。港側に向かって行くと富岡城の全景が見えてきます。現存の百間土手石垣を進み鈴木重成公像がお迎えしてくれます!看板に従い行くと二の丸に駐車場が有ります。かなり復元されて石垣などは見応え有ります!辺りには天草島原一揆の激戦の跡も有るので散策して下さい。帰りは、時間が有れば南に向かうと妙見浦と言う絶景スポットと切支丹歴史の崎津教会など有ります。また鬼池港からフェリーで島原に行くのもOK。(注、木曜日は歴史資料館は休みです。)改めて富岡城を見てみると地形的は難攻不落の城郭だった事が解ると思います。まず城に向かうには砂州を通なければ行けません。突破しても今度は強固な大手門が迎え撃ちます。更に突破しても百間土手石垣で殺られます!と、良い地形に城郭が有ります。実際に一揆の時は落城なく撃退してます!ってな感じで口コミは終わります。(笑)また来る時は大手門が完成した姿が見たいな!

ぐっさん^。^)y-様[2017年05月09日]
富岡城。行くなら車で宇土市側から海を右手に海岸線を走って行くのが良いですよ。途中、御輿来海岸が有ります。夕方なら砂浜と夕陽のコントラストが最高に良い場所です。
そのままR57を西に走らせると平成新山と島原が海側に見えて気分良くテン上げてノリノリの音楽を聴きながら行きましょう(笑)
三角港からは天草五橋の1号橋を渡って天草に向かいます。途中に日本一の天草四郎像有ります。そのまま進みますと、2号3号4号5号と戦隊なみの名の橋を渡りますが5号橋付近に来ると日本三景松島の天草松島が迎えてくれます。(Pは各自でチェックして下さい)景色を見たらR324を西に更に走らせますと天草瀬戸大橋を渡り(橋を渡ると複雑な交差点を曲がるので間違えないように)R324を進むと、干潮時に見られるおっぱい岩と面白そうな岩が有ります。更に走らせると右手に富岡城が見えて参ります。

ぷわ様[2012年12月16日]
一応城郭っぽい建物こそありますが、中は全く無関係です。天草の海の中の映像が上映されてたりとか。お城!と意気込んで行くとちょっとがっかりするかな。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore