三瀬城(みつせじょう)

三瀬城の基本情報

通称・別名

所在地

佐賀県佐賀市三瀬村大字三瀬字宿

旧国名

肥前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

三瀬宗利

築城年

享禄年間(1528〜1532)

主な改修者

主な城主

三瀬氏、神代氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切、竪堀

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

曲渕城(福岡県福岡市)[4.1km]
雷山神籠石(福岡県糸島市)[7.4km]
荒平城(福岡県福岡市)[8.2km]
飯盛山城(福岡県福岡市)[8.4km]
高祖城(福岡県糸島市)[9.6km]

三瀬城の解説文

三瀬城(みつせじょう)は佐賀県に存在した日本の城(山城)。

概要
神埼市の背振山地中央部にある標高560mの城山の山頂に位置する。佐賀平野を望み、山麓は博多や唐津、佐賀に通ずる要衝地だった。

享禄年間に、有事に備えて三瀬宗利により築かれた。享禄年間に神代勝利を迎えると、やがて勝利は背振山地一帯を統一した。勝利の死後、息子の神代長良は龍造寺氏に降伏し、やがて鍋島氏の重臣となった。鍋島直茂は神代党の結束を避けるため慶長年間に神代家良を芦刈に転封させ、神代氏は当城を離れた。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(43.熊本県)』、角川書店、1987年

三瀬城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore