角牟礼城(つのむれじょう)

角牟礼城の基本情報

通称・別名

角埋城

所在地

大分県玖珠郡玖珠町大字森大字太田

旧国名

豊後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

森朝通

築城年

弘安年間(1278〜1288)

主な改修者

毛利高政

主な城主

森氏、毛利氏(藤原氏)、久留島氏

廃城年

慶長6年(1601)

遺構

曲輪、石垣、土塁、井戸、竪堀、虎口

指定文化財

国史跡(角牟礼城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

玖珠城(大分県玖珠郡)[5.1km]
日出生城(大分県玖珠郡)[9.2km]
一ツ戸城(大分県中津市)[15.4km]
白米城(大分県中津市)[18.2km]
永山城(大分県日田市)[20.4km]

角牟礼城の解説文

角牟礼城(つのむれじょう)は、大分県玖珠郡玖珠町の角埋山(つのむれやま)にあった山城。弘安年間(1278年 - 1288年)に森朝通により築かれたとされる。国の史跡。

沿革
玖珠盆地は平安時代から玖珠郡衆によって支配されていたが、角牟礼城は、弘安年間(1278年 - 1288年)に玖珠郡衆の森朝通により豊後国から豊前国に抜ける交通の要衝に位置し、天然の要害である角埋山(576メートル)に築かれたと伝えられる。ただし、史料においてその存在が確認できるのは、文明7年(1475年)が最初である。

その後、戦国時代には、豊前の大内氏と豊後の大友氏との争いを背景により堅固に補強された。天正14年(1586年)の島津義弘による豊後侵攻の折には、玖珠郡衆が籠城したが、島津軍の攻撃にも落城することはなく、難攻不落の城として名を高めた。

文禄3年(1594年)から慶長5年(1600年)にかけて、日田の毛利高政が玖珠の拠点として角牟礼城を整備した。しかし、慶長6年(1601年)に来島長親が入封し森藩が立藩されると、来島氏が城主の格式を有さなかったため角牟礼城は廃城とされ、山麓に陣屋が置かれた。

2017年(平成29年)、続日本100名城(192番)に選定された。

構造と遺構
角牟礼城は、毛利高政によって、中世の山城から石垣や櫓門をもつ近世の城郭に作り変えられたとされ、その遺構からは中世の城郭から近世の城郭への移行の様子をうかがうことができる。

角埋山の頂上から本丸、二ノ丸、三ノ丸の順に配置され、伝搦手門跡には穴太積み(あのうづみ)とも呼ばれる野面積みの石垣が残っている。これは、安土城にも見られるという近世の山城の特徴であるという。

アクセス
大分自動車道玖珠インターチェンジより国道387号経由。三の丸跡まで車が入る。

角牟礼城の口コミ情報

徳じい図書頭"ちゃん"脱皮様[2017年05月27日]
直接城跡(続百名城)に行かれるのであれば皆さんの書かれている通りに!

麓からなら
三島公園に駐車場があります。トイレも綺麗です。

そこから、機関車の横を抜けて久留島庭園を堪能。庭園の右側にある御長坂を石垣を見ながら登り栖鳳楼を左手に見ながら道なりに。
左右の石垣を見ながら真っ直ぐ進み下り階段を下りて清水御門(の上の石垣もチェック)、丸木御門を堪能(常夜燈も)。
来た道を戻り末広神社へ。鞘堂の紋になるほどと頷き鎮西為朝ゆかりの石を見ます。
(建前では、城の為の石垣ではありません。を、嘘やろうと言いながらご堪能下さい)
体力のある方は神社右手奥の道を登ると城跡に。でない方は車で三の丸駐車場に。

城跡は熊本、大分地震の影響を受けています。危険な箇所もありますので、くれぐれも安全に!でお願いします。

五瓜に唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
三之丸迄車でいけます。
町から城に行くまで古い町並み城下町があります。
城下町抜けて車で走ると暫く田畑が続き林道を走り城になります。
駐車場は三之丸に停める感じになります。
あんまり、観光客が来る感じではない場所でした。
三之丸には石垣があります。

尾張守だもんで様[2016年04月02日]
麓から三の丸跡まで車で登れます。修復整備中なので作業車がたくさん停まっていました。三の丸から歩いてすぐにハイライトの穴太積み石垣です。そこから10分ほどの主郭からの眺望がとてもよく、奇形の大岩扇山や城下町を一望できます。

中務少輔きたろう三世様[2014年11月13日]
三ノ丸まで車で行くことができるが、麓から、久留島陣屋→末広神社→城址→搦め手→久留島陣屋のルートがお勧め。途中、多少の坂や鎖場があるが、島津軍を撃退した山城が堪能できる。

また、久留島陣屋のみごとな庭園や、どう見ても城にしか見えない末広神社の石垣も見応えがある。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore