日隈城(ひのくまじょう)

日隈城の基本情報

通称・別名

隈城、亀翁城

所在地

大分県日田市隈2

旧国名

豊後国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

型式不明[5階6階/1596年築/破却(一国一城令)]

築城主

宮城豊盛

築城年

文禄3年(1594)

主な改修者

毛利高政

主な城主

毛利氏(藤原氏)

廃城年

元和2年(1616)

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

永山城(大分県日田市)[2.1km]
杷木神籠石(福岡県朝倉市)[10.4km]
麻底良城(福岡県朝倉市)[16.4km]
一ツ戸城(大分県中津市)[17.8km]
鷹取城(福岡県八女市)[19.2km]

日隈城の解説文

日隈城(ひのくまじょう)は、豊後国日田郡竹田村大分県日田市亀山町(きざんまち)にあった城である。

概要
日隈城は、安土桃山時代に日田盆地を流れる三隈川沿岸に築かれた平山城であった。豊臣政権下の直轄地(蔵入地)となった際に宮城豊盛によって築かれ、毛利高政が改修した際には5重の天守や三重櫓が建てられたとされる。毛利氏は関ヶ原の戦いの際の寝返りなどで功を上げたことにより佐伯2万石の所領を安堵され日隈城を実質の支城としたが、一国一城令の発布後は、廃城とされた。

江戸時代には洪水や火災などによって城下であった隈地区も被害に遭い、現在では、森春樹が口伝や『豊西記』などをもとに著した『亀山抄』などで城跡や当時の情景を伺えるのみである。

現在、城跡は亀山公園として整備されているが、城跡として保存されている遺構はなく、大手門枡形の石垣が残るのみで当時の詳しい様子はわかっていない。

歴史
1592年(文禄元年)蔵入地(豊臣政権下の直轄地)の代官として日田に入封されてきた宮城豊盛によって築かれた。当時日隈山一帯を境内としていた曹洞宗寺院である真光寺を麓に移して築かれ、田島村(現日田市大原八幡宮付近)より、商家や市を竹田村(現日田市隈町付近)に移し、城下町を形成した。

1596年(慶長元年)に毛利高政が2万石(6万石とも)で移封され増築を施し、『豊西記』『豊西説話』によると「五階の天守」と「三階の櫓」が増築され、森春樹の『亀山鈔』によると城下には2重の堀と土塁が廻らされたとある。

1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いに際し、同年9月16日、石垣原の戦いで木付城に詰める松井康之を救援するために赴いて、豊後立石(大分県杵築市山香町立石)にいた加藤清正は玖珠郡の引治村(大分県玖珠郡九重町引治)にいた家臣の吉村橘左衛門へ、日隈城に対し翌日までに開城するよう要請する書簡を届けるよう指示した。しかし、9月17日石垣原の戦いは徳川方の勝利に終わったため、日隈城攻略は行われることなく加藤勢は熊本へ帰国した。

1600年(慶長5年)9月24日、中津領主であった黒田如水が、重臣の栗山利安を日田に送り込んで、森慶則を中心とする毛利家留守居の家臣が詰める日隈城に開城を迫った。慶則は当時石田毛利方であった佐賀の鍋島直茂家臣宛に支援の書簡を送り、その鍋島氏からの返書は9月26日付で届けられている。その年に毛利氏は城を開け渡し、一時、栗山利安が日隈城に詰めることとなった。

1601年(慶長6年)、小川光氏が月隈山に丸山城を築くと、栗山氏は移封され、城は再び毛利高政の預かりとなり、城代に家老の毛利隼人を送る。 1602年(慶長7年)毛利高政は佐伯に移封となり、城は小川氏の預かりとなる。

1616年(元和2年)以降、江戸幕府発布の一国一城令により廃城。破城は寛永年間とされているが、松平直矩時代の日田陣屋役宅増設の時1683年(貞享元年)、「永山、隈居城…」と城としての残存を伺わせる記述もあるため、実際の破城の経緯は詳らかでない。移築された建物としては、日田陣屋本陣とするために御殿、隈町願正寺山門とするために城門が移築されていたが双方とも現存しない。...

日隈城の口コミ情報

カーネル様[2017年03月14日]
久大線の光岡駅を100mくらい北に進み右折して東へ

歩道はありませんが、交通量が少ないので安心です
まずは日田林工高校の体育館の下が石垣で、軽く感動
そのまま周囲を北に散策すると、山に入る階段があり登ります
途中にある横穴が不気味です。山頂の神社が永山城の本丸で、お参りしてから南の参道を下って車道にでたら、10分ほど東へ進み、永興寺の脇から15分ほど登ると日田城本丸です。遺稿はよく分からず、地形は城っぽかったです

引き返して、南西へ進み久大線を超えます
日隈城は亀山公園を目指すといいです。西から登ると見どころの石垣があります
日隈城本丸である山頂の神社でお参りしてから、北上して日田駅に着いたのは、光岡駅をでて3時間弱後

その前の麻底良城と合わせて4万歩で、最後はフラフラでした

加藤豊後守清正様[2013年04月13日]
日田・玖珠他12万石を拝領したと言われ、5重の天守・3重の月見櫓・2重櫓数基あったとか。決して広くない場所にこれだけの建物があるとなるとかなり、迫力が有ります。例で言えば、大洲城がそうで同じ12万石のお城としては立派な造り。もしかしたら本当にあったのかも。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore