永納山城(えのうさんじょう)

永納山城の基本情報

通称・別名

所在地

愛媛県西条市河原津

旧国名

伊予国

分類・構造

神籠石式山城

天守構造

なし

築城主

不明

築城年

天智天皇2年(663)

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

不明

遺構

列石、土塁、鍛冶遺構、土坑、ピット

指定文化財

国史跡(永納山城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

世田山城(愛媛県西条市)[1.5km]
鷺ノ森城(愛媛県西条市)[5.0km]
徳能城(愛媛県西条市)[6.9km]
今治城(愛媛県今治市)[10.9km]
西条陣屋(愛媛県西条市)[12.8km]

永納山城の解説文

永納山城跡は、西暦663年の白村江の会戦前後に築かれた古代山城の一つである。

遺跡の規模は城壁部分で南北720m・東西470mを測り、その全周は推定部分も含め、約2.5kmに及ぶ。指定された範囲は南北970m・東西780mである。

遺跡の発見は昭和52年にさかのぼり、その直後に2次にわたる調査が実施され、その結果古代山城であることが明らかとなった。

その後、平成14年度から3ヵ年をかけ国史跡指定に向けた再確認調査が実施された。調査は、おもに城壁部分を中心に実施され、列石と土塁による城壁、石積みによる城壁、そして自然地形を利用した城壁構造が確認されている。

史跡指定後は、内部施設の確認調査が実施され、鍛冶炉や炭置き場等の鍛冶関連遺構や土坑・ピットが検出され、城内の様相も明らかになりつつある。

参考文献
『西条市の文化財』

情報提供:西条市教育委員会社会教育課歴史文化振興係

永納山城の口コミ情報

カーネル様[2018年02月07日]
今治駅から、せとうちバスで『蛇越池』バス停で下車し、国道196号線を南下します

今治市から西条市に入ってすぐ右に、高速道路をくぐるトンネルがあるので、曲がります
道なりに進むと、永納山の北口の登り口に着きます。ここから山に入り、反対側に降りれば世田薬師に出れます

私は2つほど先のバス停(河原津北バス停)で下車してしまい、そこから世田薬師を目指してあぜ道を進むと、偶然に世田薬師の東側(城から見ると西側)入口にたどり着き、ここから登って北口に抜けてから世田薬師に向かったので、無駄に歩き回りました

バス停から世田薬師まで1時間15分くらい。城は、眺めのよい尾根を進むので、ハイキングにいいですが、国史跡にしては、説明板が少ない印象でした

伊予守菜々様[2012年06月23日]
世田薬師前の山麓に説明板があり、そのまま進むと左に登山道入り口があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。