鷺ノ森城(さぎのもりじょう)

鷺ノ森城の基本情報

通称・別名

鷺森城、鷺の森城

所在地

愛媛県西条市壬生川21

旧国名

伊予国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

桑原通興

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

主な城主

桑原氏(壬生川氏)、金子氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

永納山城(愛媛県西条市)[5.0km]
徳能城(愛媛県西条市)[5.2km]
世田山城(愛媛県西条市)[6.2km]
幻城(愛媛県西条市)[8.1km]
西条陣屋(愛媛県西条市)[8.6km]

鷺ノ森城の解説文

応永元年(1394)11月、伊予国守護河野通之が、道前各郡を鎮撫するために、神領壬生川郷(壬生川・円海寺・明理川・北台)1000貫の地を没収して、一族の桑原河内守通興(出雲坊宗賢の裔)を移住させて築かせた城である。

この城は、水郷壬生川の地形を巧みに生かした和戦両用の臨海平城で、燧灘の入江の沼地を利用して、城の南と東は葦の茂る湿地に濠を巡らして固め、北は潮沼を掘り開いて海水を入れ、航路を兼ねた水濠にした。

大手口は西側に置き、壕の土居を一段高く築いて、これに一ツ橋を架け、その後方に大手門、更に奥に桜御門を造って守備を固め、城内には有力家臣を住まわせたと伝えられる。

桑原通興は、後に氏を壬生川と改め、その子孫は、四国征伐で小早川隆景に滅ぼされるまで。河野家の出先機関としての職務を相伝えた。

参考文献
『東予市誌』

情報提供:西条市教育委員会社会教育課歴史文化振興係

鷺ノ森城の口コミ情報

伊予守菜々様[2012年08月25日]
今は鷺森神社になっています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore