佐世城(させじょう)

佐世城の基本情報

通称・別名

金剛山城

所在地

島根県雲南市大東町下佐世

旧国名

出雲国

分類・構造

平山城

天守構造

不明

築城主

佐世清信

築城年

正中3年(1326)

主な改修者

佐世氏

主な城主

佐世氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、土塁、横堀

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

三刀屋氏城館(島根県雲南市)[6.9km]
金山要害山城(島根県松江市)[7.7km]
牛尾城(島根県雲南市)[8.4km]
高瀬城(島根県出雲市)[8.9km]
玉造要害山城(島根県松江市)[12.5km]
三沢城(島根県仁多郡)[12.7km]
茶臼山城(島根県雲南市)[13.2km]
半分城(島根県出雲市)[16.7km]
平田城(島根県出雲市)[17.8km]
日倉城(島根県雲南市)[18.3km]

佐世城の解説文

佐世城(させじょう)は戦国大名・尼子氏の家臣佐世氏の拠点で、島根県雲南市大東町佐世に位置する。

歴史
佐世・金剛山は佐世氏の拠点で、いつごろ築城したかはっきりしていないが、佐世を支配管理し、また外敵に備えるのにも立地条件がよく、古くから城砦があった。
佐世氏が成長するに至ったのは応仁の乱以後と思われ、6代佐世為徳以降に築城されたものと思われる。

現佐世城の近くに出城として小木戸城があり、為徳が築城したという。
小木戸城は佐世城以前に佐世の本城であったといわれ、佐世城は後年佐世清宗が築城移転したともいわれる。

8代佐世清宗は尼子御家老衆のうち、宇山飛弾守に次ぐ重臣で備後内12万石を領していた。

永禄8年(1565年)、月山富田城の戦いの際には佐世清宗は月山富田城での守備に就き、佐世城の留守は佐世元嘉が守備していた。
父清宗が富田在陣中に毛利氏に攻められたが、元嘉は毛利方と適切な対応をして、流血する事無く処理しえたという。
また別説には永禄8年以前にすでに落城していたという説もある。

構造
佐世・金剛山は北東向きで凸字型をなし頂は高く突出している。この山頂に城櫓があったものと思われる。山の南側は平地になっており、そこは佐世氏の屋敷跡であったといわれる。さらにその麓は平野となり佐世川が流れている。この辺りには佐世氏の家臣が住み侍屋敷が多かったという。鍛冶もあり、金屋子神を祭る祠が残っている。
城の南方細長く小高いところに馬乗馬場があった。

佐世城の口コミ情報

2021年06月07日 九曜紋東市正
佐世城



雲南市の整備推進委員会が設置する金剛山佐世城跡案内図に従い、城跡公園から、侍屋敷跡,物見櫓跡と進み、標高差 10m程度の城櫓跡へと登ったが、リア攻めならず。
城マークの示す方向に、一端、山を降り。城マークは佐世家九代の屋敷跡を示していると推測し、付近(城山の南)を彷徨っていた。畑仕事中の初老の紳士に出会い、お話しを伺うと、この辺り(城櫓跡南側の山の中腹)は、昔、妙昌寺(複数回移動している)があり、佐世正勝の菩提寺であったと話を聞いた。城跡について確認すると、先程登った城櫓跡が佐世城跡であると、改めて断言された。しかし、地域の歴史に詳しく、歴史好きだと言われた、この初老の紳士に、マップ上の城マークは、別場所を示していることを伝え、許可を頂き私有地の畑から、城櫓跡南側の山林へと入らせて頂いた。
現在は栗林となっている平坦な場所で、城マークを捉えることが出来た。
また、この山林には、他にも櫓跡とおぼしき平坦地を複数確認できた。
因みに、歴史好きだと言われた初老の紳士は、佐世氏の末裔ではないが、尼子一党に関係する子孫であると言われた。
ありがとうございました。

2017年09月09日 サクラガイ
佐世城

城の入り口付近に詳しい看板があったり、要所要所にも小さな看板が立ててあり、山の利点を利用した構造が理解しやすくなっています。初心者にはとてもありがたかったです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore