鏡山城(かがみやまじょう)

鏡山城の基本情報

通称・別名

西条城

所在地

広島県東広島市鏡山2

旧国名

安芸国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

大内氏

築城年

長禄・寛正年間(1457〜1466)

主な改修者

主な城主

大内氏、武田氏、安富行房、蔵田房信、尼子氏

廃城年

天文年間前期

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀、井戸

指定文化財

国史跡(鏡山城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

槌山城(広島県東広島市)[6.6km]
平賀氏城館(広島県東広島市)[10.0km]
松尾城(広島県東広島市)[10.4km]
寺山城(広島県東広島市)[10.7km]
松嶽城(広島県東広島市)[14.5km]

鏡山城の解説文

鏡山城(かがみやまじょう)は、広島県東広島市にあった日本の城(山城)である。城跡は国の史跡に指定されている。

概要
鏡山城は安芸国西条にある山城で、安芸支配を目論む周防・長門の大内氏が長禄・寛正年間(1457年-1466年)に築城し、安芸支配の拠点とした。鏡山城が築城された頃は応仁の乱により安芸国内も東西に分かれて合戦を繰り返していた。そのためこの城も度々争奪戦の対象となり、安芸の旧守護の安芸武田氏や沼田小早川氏の攻撃を受けている。

時代が下り、大内義興の時代になってもこの城の重要性は変わらず、大内氏の安芸支配の重要拠点として機能していた。しかし出雲の尼子氏が安芸国に勢力を伸ばしてくると、1523年に鏡山城もその尼子氏当主・尼子経久率いる安芸国人衆の攻撃を受けることとなる。鏡山城主・蔵田房信は奮戦し、尼子軍は大きな損害を出した。尼子氏に従属していた毛利氏当主・毛利幸松丸の後見人である毛利元就は計略にて鏡山城を落城せしめ、蔵田房信は自害した。元就はこの戦いにおいてもその勇名を知らしめることとなった。

1525年に大内氏は鏡山城を奪回したものの、その防御力に不安を感じた大内義興はより堅固な槌山城を築き、そこを拠点としたため、鏡山城はその役割を終えることとなった。

現在は城址公園として整備がなされており、崩れた石垣、井戸、土塁、竪堀等の遺構が残されている。

鏡山城の口コミ情報

ヒロシゲ安芸守様[2017年05月14日]
鏡山公園の中にありますので駐車場は沢山あり、池の近くに第2駐車場もあります。自販機もあります。

公園入り口から山頂の1郭までは徒歩で20分くらいです。ですが険しい道もあり、あまり軽装での登城おすすめしません(^^;

因みに入り口付近にあるうどん屋さんからも席次第では城跡が見えます。

近隣の史跡としては、三ツ城古墳、安芸国分寺などが挙げられます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore