大須和城(おおすわじょう)

大須和城の基本情報

通称・別名

諏訪山

所在地

広島県呉市川尻町森4

旧国名

安芸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

多賀谷氏?

築城年

南北朝時代?

主な改修者

主な城主

多賀谷氏?

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、堀切

指定文化財

市史跡(大須和城)

再建造物

説明板

周辺の城

丸屋城(広島県呉市)[4.5km]
松尾城(広島県東広島市)[16.9km]
矢野城(広島県広島市)[17.4km]
槌山城(広島県東広島市)[18.8km]
鏡山城(広島県東広島市)[19.5km]
丸子山城(広島県呉市)[21.0km]
小頃子城(広島県豊田郡)[21.0km]
仁保城(広島県広島市)[23.5km]
府中出張城(広島県安芸郡)[24.3km]
木村城(広島県竹原市)[25.2km]

大須和城の口コミ情報

2021年05月04日 九曜紋東市正
大須和城



JR呉線、川尻駅近くから県道248を野呂山方向に登り、小路を西側に進むと、大須和城跡に着きます。登口は城跡の小山の南東部にあり、約30mの高さを登ると、頂上に10m四方の平地に諏訪神社(須和社)が現れ、この場所が大須和城跡です。
この須和社のさらに先(西側)には、眼下に堀切を見ることができます。
現状では、この城跡の小山は、その大部分を竹に占領された状態となっています。

2020年10月25日 弾正忠アーミヤ
大須和城



登城口まで車で登城。安芸川尻駅から野呂山ハイウェイを500メートル進むと左手に小さな赤い看板があり、左に曲がった目の前の山が大須和城です。車は登城口の砂利のところを少し拝借しました。
登山道は舗装されており、歩くことに苦はないのですが、クモの巣が多く張っているので帽子か何かがあった方がいいと思います。2分程度進んだところでけものみちに道を外すと名物?の大堀切が見られるとおもいます。

2018年10月17日 橘若狭守次郎吉
大須和城

コンパクトな縄張りです。
主郭には祠と説明板があります。
主郭西側は大堀切を隔てて曲輪があります。この大堀切が大須和城で一番の見処です。他にも主郭南側から東側にかけて曲輪がいくつかあります。

登城口はJR呉線の安芸川尻駅から西に7分の所にあります。途中、大須和城跡への矢印板がありますので分かりやすいと思います。
見学時間を含めて、安芸川尻駅との往復は駆け足で30分でした。

また2018年10月14日現在、台風の影響で城内の一部に倒木がみられましたので、登城される方は足元にお気をつけください。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore