槌山城(つちやまじょう)

槌山城の基本情報

通称・別名

守護山城、明神山城

所在地

広島県東広島市八本松町原、吉川

旧国名

安芸国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

建造されず

築城主

大内氏

築城年

天文12年(1543)?

主な改修者

主な城主

弘中氏、菅田宣真、毛利氏

廃城年

天文20年(1551)

遺構

曲輪、堀切、石垣、土塁、切岸、井戸

指定文化財

市史跡(槌山城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

鏡山城(広島県東広島市)[6.6km]
寺山城(広島県東広島市)[11.7km]
永町山城(広島県広島市)[13.3km]
府中出張城(広島県安芸郡)[13.3km]
二ヶ城(広島県広島市)[13.5km]

槌山城の解説文

槌山城(つちやまじょう)は、広島県東広島市八本松町吉川にある山城。市指定史跡。

沿革
尼子氏の侵攻により大内氏の安芸国支配拠点であった鏡山城が1523年に落城(鏡山城の戦い)。その後大内氏は鏡山城を奪回したものの、その防御力に不安を感じた大内義隆は鏡山城を廃城として曽場ヶ城を築城、その後に本格的な山城である槌山城を完成させた。そして1543年に弘中隆包が槌山城に入城した。この頃が槌山城の築城年代として推定されるが、それ以前に砦規模の城があったという説もある。

1551年の陶隆房の反乱により、大内義隆は殺害され、安芸国内の義隆派は槌山城に立て籠もった。安芸国人で最有力の毛利元就は陶晴賢(隆房より改名)の命を受け、平賀隆保の籠もる頭崎城を落城させた後に、菅田宣真らの籠もる槌山城を攻撃した。強攻策では被害が大きく、策を持って城兵をおびき出し殲滅し落城させた。その後、城は廃城となった。

概要
城は比高260メートルの山頂を中心に東西400メートル南北250メートルに及び、山頂の主郭群など4つの郭で構成されている。山は険しく、道は細くかなりの堅城であったようで、二宮俊実の覚書にも「先手の大将が負傷して兵が争って下山したので、後方にいた兵も引き返せざるを得なかった」との記述がある。

槌山城の口コミ情報

INO-C-C右近衛少将様[2016年03月29日]
登山口は南側からの登山です。
500mを越えた地点で、城めぐ登録のない鬼ヶ城を一望できます。

日向夏安芸守様[2013年06月23日]
駐車場から本丸(主郭群)までは約900mですがかなり急峻な道なので夏はそれなりに装備を。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore