羽衣石城(うえしじょう)

羽衣石城の基本情報

通称・別名

所在地

鳥取県東伯郡湯梨浜町羽衣石

旧国名

伯耆国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

独立式層塔型[3重3階/1931年築・1990年改/RC造模擬]

築城主

南条貞宗

築城年

貞治2年(1363)

主な改修者

主な城主

南条氏、尼子国久、毛利元経

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

石垣、井戸

指定文化財

県史跡(羽衣石城跡)

再建造物

模擬天守、石碑、説明板

周辺の城

打吹城(鳥取県倉吉市)[7.1km]
堤城(鳥取県東伯郡)[8.7km]
河口城(鳥取県東伯郡)[9.0km]
岩倉城(鳥取県倉吉市)[9.9km]
会下城(鳥取県鳥取市)[14.0km]

羽衣石城の解説文

羽衣石城(うえしじょう)は、鳥取県東伯郡湯梨浜町にある中世の山城跡。

概要
城跡は東郷池の南、羽衣石川上流にある羽衣石山(標高372m)にあり、山陰道と東郷池に臨む東伯耆の要衝にある。南条氏歴代の本拠地で、尼子氏や毛利氏と激しい攻防を繰り返した。

山頂には1990年に建てられた三層の模擬天守と「羽衣石城主南条公累代碑」がある。それ以前にも、昭和6年に大阪在住の南条氏の子孫によって建てられた模擬天守があった。

南条氏は伝承によると当初、羽衣石城よりも奥にある十万寺集落付辺に築城を予定していたという。築城しようとしたところ予定地のそばにある「日向池」(現在は地名のみ残る)にツバメが落ち、不吉なことだと感じた貞宗が羽衣石山へと変更させたといわれている。現在、その十万寺集落の北に広大な城跡があることが分かっているが調査が行われていないため詳細は不明である。

歴史
貞治5年(1366年)、南条貞宗が築城。
大永4年(1524年)、大永の五月崩れによって落城。尼子領となり、南条宗勝は山名氏に逃れる。(近年の研究ではこの五月崩れの存在自体が否定されている)
天文15年(1546年)、南条国清(のちの南条宗勝)、武田国信の要請を受けて尼子方を離れると同時に羽衣石城から退去する。
永禄5年(1562年)、南条宗勝、毛利氏の支援を受けて羽衣石城を回復する。
天正3年(1575年)、南条宗勝死亡により、南条元続が家督を継ぐ。
天正7年(1579年)、南条元続、毛利方に背き羽柴秀吉方につく。
天正9年(1581年)、吉川元春、馬ノ山に布陣し、子の元長に羽衣石城を攻めさせる。鳥取城を落とした羽柴秀吉軍が馬ノ山で吉川元春軍と対陣。両者共に退く。
天正10年(1582年)、吉川元春配下の武将・山田重直の手により落城する。
天正12年(1584年)、織田氏と毛利氏の和睦が結ばれ、伯耆国東3郡が南条氏領となる。
天正19年(1591年)、南条元続病死し、南条元忠が家督を継ぐ。
慶長5年(1600年)、南条元忠は西軍について敗れ、廃城となる。...

羽衣石城の口コミ情報

織田修理大夫晃司0923可児様[2017年06月20日]
羽衣石城の麓に駐車場があります。
向かって右側の登山道から模擬天守を目指しました。

途中石垣や羽衣岩などありますが、かなりキツイ道のりです(備中松山城もキツイですが多分、羽衣石城のほうがキツイ)

備中松山城は登城の辛さがあっても重文の天守が出迎えてくれて達成感はありますが、羽衣石城は模擬天守なのでどうしても…という方以外、リア攻めはあまりお薦めしません。

東郷温泉か、はわい温泉の方を薦めます。

第1連隊様[2017年05月12日]
羽衣石城の近くに駐車場がありトイレも在ります。
山頂にはトイレはないですが、素晴らしい眺めです。山を下り羽衣石川に沿って下ると山陰地方最大級の古墳 北山古墳があります。是非行ってみてください。

近江守Silvine様[2016年05月26日]
入り口の看板に徒歩15分と書かれていますが、なかなかきつい坂道で20〜30分は見たほうがいいと思います。入り口の杖は持って行きましょう。井戸への道は少し崩れていますが、通れないことはないと思います。大手の方はよく整備されていますが、搦手(徒歩20分と書かれたほう)は石がごろごろしており、苔むして滑りやすいので気をつけてください。

まるき〜淡路守様[2015年05月03日]
城取り攻略は倉吉駅前付近でGPS攻略できますが
実際に行くと、かなりの山道を歩きます。
麓の駐車場には綺麗なトイレが有ります、今登ってきましたが辿り着くとパノラマビューで眺めは最高でした。かなりの急坂です、入り口付近に杖が置いてあるのが納得できました。

んな摂政な!マイリバ様[2010年11月14日]
伯耆国・羽衣石城再訪にて四年連続リアル百城達成
今思えば、現状把握目的の再訪に拘らなければ、そろそろリアル千城に手が届いてたかも
まっ、いいか

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore