寺池城(てらいけじょう)

寺池城の基本情報

通称・別名

寺池館、登米要害、臥牛城

所在地

宮城県登米市登米町寺池桜小路

旧国名

陸前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

葛西氏

築城年

天文5年(1536)

主な改修者

主な城主

葛西氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

佐沼城(宮城県登米市)[8.6km]
滝浜館(宮城県本吉郡)[18.0km]
涌谷城(宮城県遠田郡)[18.1km]
遠野城(宮城県気仙沼市)[18.5km]
塩野田館(宮城県石巻市)[20.5km]

寺池城の解説文

寺池城(てらいけじょう)は、宮城県登米市登米町にあった城。「寺池館」とも呼ぶ場合もあり、通称「臥牛城」。江戸時代は伊達氏の支配下の元「登米要害」と称した。

歴史
築城年代は不明。葛西氏により築城された。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉の奥州仕置によって葛西晴信は改易。木村吉清が葛西氏、大崎氏の旧領30万石を与えられ、寺池城を居城とした。

しかし、葛西・大崎一揆が勃発。一揆軍に城を占拠されたため、木村吉清は佐沼城に逃れた。その後寺池城は伊達政宗により落城した。

慶長9年(1604年)、伊達政宗の家臣白石宗直が移り居城とした。その後白石氏は伊達氏を名乗ることを許され、寺池城は一国一城令の後は登米要害と称し、幕末まで登米伊達氏の居城であった。

寺池城の口コミ情報

カーネル様[2017年04月25日]
気仙沼線 柳津駅から

直線で5.5km。遠いなぁと思いながら北上川に沿って北上します。川の東側を歩きます

川沿いの国道342号は、歩道がないので、国道の一段下の土手を歩く。こっちは未舗装なので膝にも優しい

1時間後に、初めて北上川を渡る橋がでるので、ここで左折します。国道342号も一緒に曲がります
橋を渡るといきなり市街地になります。観光駐車場の北に寺池城の標識があります。ここまで1時間半

城跡は公園になってます。公園には井戸や曲輪があり、周辺は武家屋敷風に整備されてました

帰りは国道342号に並走する東の生活道路を歩きました。歩道はないけど交通量が少ないので、こっちのほうがよかったです
駅から往復して3時間でした

寺池城前で佐沼行きのバスとすれ違いました
そして、柳津駅北西の津山総合支所前にあるバス停に、佐沼行きがありました。バスあったんか・・・

中務少輔きたろう三世様[2014年08月27日]
遺構は、全体的な形状や主郭周辺以外は、改編されてしまった部分が多い。

葛西氏の本拠としての寺池城は、近くの保呂羽城だとする説もあり、こちらは、郭や切岸が確認できる。

のぼちゃん陸奥守様[2010年06月09日]
廃藩地県のとき、宮城県でなく、水沢県だったそうで、県庁記念館や警察資料館や尋常小学校もあり、見所満載です。懐古館には、白石氏の甲冑(兜が政宗風に『也』になっています)が展示してあります。城跡周辺には、B級グルメで有名なあぶらふ丼のお店が数件あり、はっと汁とのセットは美味しかったですよ。

シャド陸前守様[2010年06月07日]
教育資料館の隣にある観光物産センターの裏に駐車場もあるので
比較的場所は見つけやすいと思います

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore