涌谷城(わくやじょう)

涌谷城の基本情報

通称・別名

涌谷要害

所在地

宮城県遠田郡涌谷町涌谷下町1

旧国名

陸前国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

涌谷氏

築城年

不明

主な改修者

亘理重宗、亘理定宗

主な城主

涌谷氏、亘理氏(涌谷伊達氏)

廃城年

遺構

隅櫓(太鼓堂)、石垣、横堀(空堀)

指定文化財

町指定文化財(涌谷館跡隅櫓(太鼓堂))、町史跡(涌谷城跡)

再建造物

城郭風建築物(涌谷町立史料館)、説明板

周辺の城

彫堂七館(宮城県遠田郡)[7.0km]
千石城(宮城県大崎市)[7.9km]
塩野田館(宮城県石巻市)[13.0km]
小野城(宮城県東松島市)[15.4km]
高清水城(宮城県栗原市)[15.8km]

涌谷城の解説文

涌谷城(わくやじょう)は、宮城県遠田郡涌谷町にある平山城。別名涌谷要害。

もともとは大崎氏の家臣の涌谷氏が所有していたが、豊臣秀吉の天下統一に伴い木村氏を経た後、伊達氏の家臣亘理氏の居城になる。2代重宗、3代定宗を経て城郭を整備し、後に定宗は伊達氏を名乗ることを許されるまでになった(涌谷伊達氏)。しかし、定宗の後を継いだ伊達宗重が後継者問題などで原田宗輔と対立し、遂には殺害されてしまう(伊達騒動)。

現在は城山公園となっていて、春は桜の名所として知られる。城内には隅櫓(太鼓堂)が現存し、県内の城郭で唯一の遺構となっている。その隣に天守風の資料館が建設されている(実在した天主を再現したものではない)。

涌谷城の口コミ情報

さくら主膳佑にゃ〜様[2010年12月10日]
因みに涌谷城の二重櫓は、旧仙台藩領に唯一遺る貴重な現存櫓なんですよー。

さくら主膳佑にゃ〜様[2010年12月10日]
直ぐ近くの城山裏土塁遺跡で12月12日(日)10:30〜現地説明会開催。奈良〜平安前期の構築とみられる二〜三重の土塁遺構が確認され、古代小田郡家の存在した可能性が浮上との事。直接は関係無いのですが、この遺構は近世のものという可能性もあるとか…?行きてぇ〜!(>_<)ノ

のぼちゃん陸奥守様[2010年06月08日]
敷地内には天守と櫓、涌谷神社があり、伊達騒動で有名な伊達安芸の銅像があります。天守内は、資料館になっていますよ。

シャド陸前守様[2010年06月07日]
国道346号から佐沼街道を西へまっすぐ進むと橋を越える為に坂になります
その坂を上り切ったところで右折県道173号へ
川沿いは城壁のような造りになっているのでまっすぐ進むと涌谷城に辿り着きます

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore