今井環濠(いまいかんごう)

今井環濠の基本情報

通称・別名

今井寺内

所在地

奈良県橿原市今井町

旧国名

大和国

分類・構造

環濠集落

天守構造

なし

築城主

今井兵部豊寿

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

今井氏

廃城年

遺構

横堀(水堀)、土居

指定文化財

国重要伝統的建造物群保存地区(橿原市今井町伝統的建造物群保存地区)

再建造物

周辺の城

十市城(奈良県橿原市)[3.4km]
高田城(奈良県大和高田市)[3.6km]
越智城(奈良県高市郡)[4.8km]
戒重城(奈良県桜井市)[4.9km]
田原本陣屋(奈良県磯城郡)[5.7km]
芝村陣屋(奈良県桜井市)[6.3km]
箸尾城(奈良県北葛城郡)[7.3km]
柳本城(奈良県天理市)[8.0km]
櫛羅陣屋(奈良県御所市)[8.6km]
高取城(奈良県高市郡)[9.4km]

今井環濠の解説文

大和軍記に、「今井村ト申処ハ 兵部ト申一向坊主ノ取立申新地ニテ候、此兵部器量ノ者ニテ、四町四方ニ堀ヲ堀リ廻シ、土手ヲ築キ、内ニ町割ヲ致シ」とあり、16世紀中頃には、四周に環濠・土居を廻し、武装宗教都市がつくられたとみられるが、逐次東方を取り込み、文禄4年(1595)の太閤検地の頃には、ほぼ現状の規模に拡大されていたとみられる。

しかし、天正3年(1575)織田信長の軍門に降り、環濠、土居が埋めたとされているが、17世紀初期頃旧状に基づき復旧されたものが江戸時代を通じて維持され、町の入口は9口の門を備えていた。

17世紀末頃の古絵図によると、東側の土居は、率川の西側土居を含め二重、西南隅の春日神社附近では2~3重に描かれている。

土居幅は3間が普通で、掘った土を構築し、竹や雑木が繁り、いざ戦いとなると竹を伐り竹槍などに使用したらしい。

濠幅も平均3間が普通であるが、西南部の外濠は4.5間、西北部の集水場所は7.5間と記している。これより水は、北に流れ田原本町附近で飛鳥川と合流し、大和川へと注ぐ、なお、古絵図では、西口門より乾口門にかけて、内側の土居は描かれていない。それは、すぐ西側に天領支配の際、代官所「御役屋舗」が設けられた関係で、東側の土居を移したとも考察される。

また、元禄12年(1699)には、春日神社境内の拡張を示す享保年間の「町方留書」には、「東西三拾間、南北二拾間五尺、但シ東ニ而四間三尺、五間三尺、入込之有」とあり、現状の広さとほぼ一致するが、これは内濠の一部及び、内側の土居を埋め立て、春日神社本殿を再建したものとみられるが、春日神社西側の内濠中央部分に積まれている石垣上部は、後補の積替があるが、下部は比較的大きな自然石が用いられ、その積方工法は17世紀を降らないとみられているので、観音堂(慶長18年)建設の際、境内を拡張したものとも推察されるが、今後の調査を待つこととする。

環濠は、防御的な役割りと同時に、水害の際の遊水池的な機能をもち、また地区内の雨水、家庭内の排水を集める役割りも兼ね備えており、江戸時代を通じて濠・土居についてもきびしい學書もあり守られてきた。

情報提供:橿原市教育委員会生涯学習部今井町並保存整備事務所

今井環濠の口コミ情報

2019年06月10日 石工集団穴太衆
今井環濠



町内に入ると随所に見通しのきかない筋違いの道路があり、恐らくは敵の侵入に備えての事、戦国時代の要塞都市の構造がそのまま残ってます

2019年05月10日 百済門徒衆兵部大輔とら
華甍(はないらか)[今井環濠  関連施設]



今井町見学はまづここから!駐車場トイレあり、無料見学。

必見は、複製ながら、称念寺所蔵の明智光秀書状、信長朱印状の展示。

海の堺、陸の今井と言われ、大和の金は今井に七分あると評された戦国屈指の寺内町。織田軍団明智勢に焼討ちされる寸前、茶人津田宗久が奔走し、明智光秀に直々の嘆願によって回避され、貴重な室町戦国の町並みが現在に残った。

また今井町町並みの模型も展示している。

2016年05月16日 邦順大和守大八郎宗久
今井環濠

紙半豊田記念館、規模は小さいですが豊田家が収集した美術品や使っていた品が良好な状態で展示されていました。

濠跡や町並み以外でも、今井町の栄華を感じる良いスポットですよ。

2012年11月12日 邦順大和守大八郎宗久
今井環濠

1386年時点では、今井庄という興福寺一乗院の庄園である。
興福寺の影響力低下が出始めたのか、天文年間に一向宗門徒が道場を設けるも、幾度か近辺に勢力を持つ越智氏(一乗院方)に破却されるが、今井兵部(代々称念寺住職が名を継いだという)や集結した牢人・在郷武士などが称念寺を中心に寺内町を造った。
1574(天正2)年に織田勢の明智・筒井達に攻められるが、翌年に赦免されて以降は大和随一の経済の町として栄えた(赦免の際に高櫓などの防備を破却させられた)。
現在は名残として入り組んだ道と町並み、再現(往時より狭く浅いが)された濠がある。
城塞都市、経済の中心の他、大坂~吉野を往復する本願寺一門の宿泊地でもある(吉野町の飯貝に、本善寺という蓮如上人と御同行が建立した寺院と上人の墓所(御分骨が眠る)がある)。
近鉄八木西口かJR畝傍から徒歩での訪問を勧める。

2012年09月09日 ヤマト紀伊守タケル
今井環濠

近鉄橿原線の八木西口駅から徒歩三分位で着きます。案内板有り。

環壕の名残らしき溝が町の周りに見受けられました。
また、五月には大名行列やフリマなど出店する六斉市が有るそうです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore