芝村陣屋(しばむらじんや)

芝村陣屋の基本情報

通称・別名

所在地

奈良県桜井市芝(織田小学校)

旧国名

大和国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

織田輔宜

築城年

延享2年(1745)

主な改修者

主な城主

織田氏

廃城年

遺構

石垣、移築門

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

戒重城(奈良県桜井市)[2.5km]
柳本城(奈良県天理市)[2.6km]
十市城(奈良県橿原市)[3.7km]
龍王山城(奈良県天理市)[4.0km]
田原本陣屋(奈良県磯城郡)[5.1km]

芝村陣屋の解説文

芝村陣屋(しばむらじんや)は奈良県桜井市大字芝村(桜井市芝、大和国式上郡)にあったが、当初は戒重(かいじゅう)に陣屋を構えた。

概要
織田長益の四男長政が元和元年(1615年)に1万石を分知され、式上郡戒重に陣屋を構えたのが始まりである。関ヶ原の戦いで東軍に与し、戦功を挙げ、その後は豊臣氏の家臣になっていた。

豊臣氏滅亡後に徳川氏への配慮から所領3万石の内、1万石を自分の隠居領に1万石ずつを四男長政と五男尚長に分知させ、四男長政の系統が芝村藩として存続するが、陣屋が芝村に移るのは第7代藩主輔宜の代の延享2年(1745年)である。

長政以降第10代長易の代に明治維新を迎えている。

遺構
陣屋址は桜井市立織田小学校の敷地となり、周囲に石垣が残存している。また、陣屋南門が慶田寺山門として移築されている。

芝村陣屋の口コミ情報

河内守まきゅさま様[2013年10月09日]
織田小学校の西側に織田信長が祭神の建勲神社があります、児童公園と一緒になった小さな神社です。
祭神の信長公「しんちょうこう」がなまってか?地元の方には「しんちょこさん」と親しまれて毎年夏に信長公祭が催されているそうです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore