烏帽子形城(えぼしがたじょう)

烏帽子形城の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府河内長野市喜多町

旧国名

河内国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

楠木正成

築城年

元弘2年(1332)

主な改修者

中村一氏

主な城主

楠木氏、畠山氏

廃城年

元和3年(1617)

遺構

腰廓、横堀(空堀)、土塁、井戸

指定文化財

国史跡(烏帽子形城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

仁王山城(大阪府河内長野市)[3.1km]
龍泉寺城(大阪府富田林市)[3.7km]
下赤坂城(大阪府南河内郡)[5.3km]
上赤坂城(大阪府南河内郡)[6.1km]
狭山陣屋(大阪府大阪狭山市)[7.2km]

烏帽子形城の解説文

烏帽子形城(えぼしがたじょう)は大阪府河内長野市喜多町の烏帽子形山にある城跡。現代烏帽子形公園となっており、烏帽子形八幡神社がある。

元弘2年 / 正慶元年(1332年)、楠木正成が上赤坂城の支城として築城。楠木七城のひとつ。西高野街道を眼下に見下ろす要所の地にあるため、南北朝時代には主に南朝の楠木氏の城として北朝の畠山氏との争奪戦が行われ、室町時代・戦国時代には義就流畠山氏と政長流畠山氏の間で争奪戦が行われた。天文年間には楠木正季の子孫である甲斐庄氏の当主隆成が城主であったが、敵対する義就流畠山氏の畠山定国によって落とされ、代わって碓井定純が入城した。元亀年間には甲斐庄正治(橘長治)が入り、畠山高政や根来寺衆徒等が幾度も入城して三好長慶に抵抗した。正治はキリシタンであったため、城下でキリスト教を奨励し、南河内の一大拠点として大いに賑わいを見せた。

畠山氏滅亡後、正治は徳川家康の家臣となって遠江へ移ったため、烏帽子形城は岸和田城主である中村一氏の支城となり天正12年(1584年)には改築なども行われはしたが特に使用されることなく放置される。だが、大阪の陣で正治の子正房が幕府方として河内の道案内を行ったことにより甲斐庄氏は戦後加増されて旗本として再び故地である烏帽子形城に戻ってくることが出来た。しかし、大規模なこの城を維持できずに元和3年(1617年)に廃城処分にした。

烏帽子形城の口コミ情報

シバヤン大和守交友莫爭様[2017年05月28日]
南海電車の河内長野駅から駅前案内所で観光マップと烏帽子形城の歴史本を購入。
現在は烏帽子形公園となってますとの内容に人工的な感じかと危ぶんで向かいます。
途中とHotto Mottoでお昼用意を。道中にコンビニは見当たらないのでここで飲料水の用意を。烏帽子形八幡神社の階段の右手に登城入口。上がりきった右手に古墳に展望台あり。戻ってきて左に行くと虎口があり三段の曲輪が見えます。
唯、そこまでの道は複雑怪奇な経路。右に左に曲がり急坂から平坦また急坂と攻めて来た者を何とか疲労困憊させてやろうと思わせる、嫌らしい作り!底意地の悪い施工者やなと思いました。
土塁と空堀のまるで何匹もの大蛇が這い回った跡のような険しさ!
やっと上がった本郭の北側は垂直の切岸。
蟹がハサミを広げたような曲輪の配置に。
公園の雑木林に隠れがちですが、雑木林を頭から消して想像したらモトクロス場みたいな城です。南北朝から戦国時代数えきれない争奪戦のなれの果ての姿かと•••。
駅から近いのにこの保存の良さに感激した1日でした。
標高差もあまりないので山城苦手のビギナーにお勧めな城です。
気軽に行ける

北川幸人様[2016年06月13日]
公園の東側の烏帽子形八幡神社に、河内長野市教育委員会作成の散策マップがありました。

三日陸奥守落人様[2014年01月26日]
烏帽子形公園の南側に市営プールがあり、その脇に駐車場があります。
そちらから登城ルートも整備されて歩きやすくなっています。

小早川兵部卿貴景様[2013年01月15日]
河内長野駅の観光案内所で烏帽子形城の本が500円で売られています。詳しく分かりやすく作られているのでオススメです。

ポリタンク大和守様[2012年09月02日]
2011年に国指定史跡になりました。大阪府内の中世山城としては78年ぶりだそうです。

コンパクトながらも見応えがあり、散策していて楽しいお城です。

調査後に埋め戻されていますが、堀内障壁の存在が確認されています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore