下赤坂城(しもあかさかじょう)

下赤坂城の基本情報

通称・別名

赤阪城、楠木館

所在地

大阪府南河内郡千早赤阪村下赤坂

旧国名

河内国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

楠木正成

築城年

元弘年間(1331〜1334)

主な改修者

主な城主

楠木氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

国史跡(赤阪城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

上赤坂城(大阪府南河内郡)[1.6km]
龍泉寺城(大阪府富田林市)[2.4km]
白木陣屋(大阪府南河内郡)[3.5km]
烏帽子形城(大阪府河内長野市)[5.3km]
平石城(大阪府南河内郡)[5.4km]

下赤坂城の解説文

下赤坂城(しもあかさかじょう)は、日本の城国の史跡に指定されている。

概要と沿革
鎌倉時代末期より南北朝時代に存在した楠木正成の城である。標高185.7メートル、比高61.4メートル。遺構はほとんど残っていない。現在の千早赤阪村役場裏手付近が主郭(本丸)であったとされる。千早赤阪中学校の裏手に石碑が残り、日本の棚田百選にも選ばれた美しい棚田の風景が広がる。

昭和9年(1934年)3月13日、「赤阪城跡」として国の史跡に指定された。楠木七城の一つ。

歴史
元弘の乱の主要な舞台となった。元弘元年(1331年)、倒幕計画が発覚した後醍醐天皇が笠置山で挙兵すると、楠木正成もこれに呼応して当地で挙兵。熱湯や二重塀の活用、大木の投下等の奇策を用いて鎌倉幕府軍を翻弄したと伝えられるが、にわか造りの下赤坂城は大軍の攻撃に耐え切れずに落城、正成は金剛山に潜伏した。翌元弘2年(1332年)になると、正成が当城を奪還して再挙兵したものの落城し、楠木軍は上赤坂城千早城に後退して抗戦を続けた。この千早・赤坂地域の戦いで幕府側を予想以上の苦戦に追い込んだことで、全国的に倒幕の気運が高まったとされる。

南北朝期にも南朝方の拠点となったが、延文5年(正平15年、1360年)に落城した。周辺の金剛山の尾根上には上赤坂城とともに猫路山城・国見山城・枡形城等の出城が築かれており、赤坂城塞群を形成していた。一連の戦いの模様は『太平記』に記述されている。

参考文献
『日本史広辞典』山川出版社、1997年

下赤坂城の口コミ情報

左衛門尉ねこすずめ様[2016年05月29日]
此処、日本の棚田100選に認定されている下赤坂の棚田が史跡から見れます。

羽渡太政大臣唯子様[2015年03月14日]
中学校を通り抜けた所にあるので、入場フリーとはいえ非常に訪問しづらい

ひとりもんの副将軍様[2014年11月10日]
石碑の立つ場所に棚田を見渡せる駐車スペースがありました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore