龍泉寺城(りゅうせんじじょう)

龍泉寺城の基本情報

通称・別名

嶽山城、岳山城、東条城

所在地

大阪府富田林市龍泉

旧国名

河内国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

楠木正成

築城年

元弘2年(1332)

主な改修者

主な城主

楠木氏、佐備氏、畠山氏

廃城年

遺構

曲輪、居館跡、削平地

指定文化財

再建造物

周辺の城

下赤坂城(大阪府南河内郡)[2.4km]
烏帽子形城(大阪府河内長野市)[3.7km]
上赤坂城(大阪府南河内郡)[3.9km]
白木陣屋(大阪府南河内郡)[4.4km]
狭山陣屋(大阪府大阪狭山市)[5.9km]

龍泉寺城の解説文

嶽山城(だけやまじょう)は元弘2年(1332年)に楠木正成が築城した南河内の城。大阪府富田林市彼方の嶽山山頂にあった。中腹に龍泉寺があることから龍泉寺城とも呼ばれる。楠木七城の一つ。

上赤坂城下赤坂城千早城の正面入口にあたり、峰続きの南西には金胎寺城が、更に南西には烏帽子形城があった。現在は城のあった辺りにかんぽの宿富田林がある。

歴史・沿革
南北朝時代では南朝方の佐備氏が守将となって防衛に当たっていたが、延元2年/建武4年(1337年)、北朝方の細川顕氏の攻撃により激戦の末陥落した。その後、南朝方が奪還して楠木正儀・和田正武の軍が千人ほどいたが、正平15年/延文5年(1360年)に北朝方の細川清氏、赤松範実によって落とされた。以後は河内守護畠山氏の支城となる。

室町時代中期になると畠山氏にお家騒動が発生、畠山政長に家督や河内・紀伊・越中・山城の守護職を奪われた上に治伐の綸旨まで出され、朝敵にされた畠山義就が長禄4年(1460年)12月、籠城を開始する。ここに応仁の乱の前哨戦とも言える嶽山城の戦いが開始され、2年以上も細川勝元や政長を中心とする幕府軍を散々悩ませたが、寛正4年(1463年)4月15日、成身院光宣の計略によって嶽山城は陥落した。義就はひとまず高野山に逃れ、紀伊を経て最終的に吉野に落ち延びた。城は畠山氏の没落と共に廃城。

龍泉寺城の口コミ情報

左衛門尉ねこすずめ様[2016年05月21日]
いやぁ、近くまで行って迷いましたよ(^^;。初めて行く人はわかんないって、これ。城址に行くなら、かんぽの宿の敷地の中に堂々と入って下さい。そして、テニスコートに向かって下さい。テニスコートに近づくと案内出ています。そしたらすぐです。車で行くなら、中腹の竜泉寺に駐車して20分ぐらい歩くのが無難かな。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore