小谷城(こたにじょう)

小谷城の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府堺市南区豊田1602

旧国名

和泉国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

上神(小谷)政有

築城年

寛喜3年(1231)

主な改修者

主な城主

小谷氏

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

陶器城(大阪府堺市)[3.6km]
伯太陣屋(大阪府和泉市)[5.2km]
狭山陣屋(大阪府大阪狭山市)[5.4km]
家原城(大阪府堺市)[5.5km]
綾井城(大阪府高石市)[6.4km]

小谷城の口コミ情報

若狭守次郎吉@沼津遠征中さん[2019年01月13日]
小谷城は根来党の小谷氏(上神氏)の居城。天正3年に信長の根来征伐によって落城したという。現在、病院裏の丘の頂に石碑と説明板があるのみ。付近には「小谷城郷土館」があり、伯太陣屋の長屋門が移築されています。

【小谷城付近の城跡】
・関宿藩伏尾陣屋跡(堺市中区伏尾234)
下総国関宿藩の泉州飛地の陣屋。遺構は消滅しているが、伏尾地域会館横に石碑あり。

・和田城跡(堺市南区和田)
楠木正成の家臣和田氏の居城。多聞寺付近が城跡というが、遺構は消滅している。

・渡辺藩大庭寺陣屋跡(堺市南区大庭寺)
元禄11年に渡辺基綱が築いた陣屋。大庭寺交差点の南西すぐの溜め池がその跡だが、遺構は消滅している。

・豊田城跡(堺市南区若松台3-2-2)
小谷氏(上神氏)の城。小谷城と同時期に築かれたとされる。現在は泉北高校となっており、遺構は消滅している。

・栂山城跡(堺市南区原山台1)
小谷氏(上神氏)の城。小谷城と同時期に築かれたとされる。現在は原山台団地となり、遺構は消滅している。原山台口バス停前に石碑がある。

国士無双河内守さん[2018年02月24日]
堺では一番古い城址の一つだそうで、南北朝時代には、南朝方に加わり千早・赤坂から浜の寺(堺の海方面)への狼煙火の中継の要所だったそうです。
小谷氏は代々、武勇にすぐれ29代政長は大坂冬・夏の陣に徳川方にて参陣し、冬の陣の時、大坂城外堀に落ちた前田家の家来を槍の柄を掘に差し出し助け上げた逸話も残っている様です。

小谷城郷土資料館
入館料 ¥200
休館日 毎週月曜日

山城守@㉓㉔関●州♪さん[2016年06月05日]
泉北高速鉄道「泉ヶ丘」を下車し、南西方向に阪和第一泉北病院を目指す。
駅から病院までは徒歩25分くらい。
病院裏手側から急な傾斜となった坂を上りきると石碑と案内板があります。

見る限り遺構らしきものはなく、石碑と案内板くらいしかありませんが、丘陵地帯にあり、近くの竹城台などの地名でなんとなく城があったんを類推できる程度でした。
ここは平氏を祖とする小谷氏の居城だったそうですが、織田信長の根来攻めにより天正三年(1575年?)に落城したそうです。

病院の南西に小谷城郷土館があるらしいですが、訪問した時は既にクタクタやったんで郷土館には行きませんでした。
(2015.9訪問)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。