飯盛山城(いいもりやまじょう)

飯盛山城の基本情報

通称・別名

飯盛城

所在地

大阪府大東市北条/四條畷市南野

旧国名

河内国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

佐々目憲法?、木沢長政?

築城年

建武年間(1334〜1338)

主な改修者

木沢長政、三好長慶

主な城主

木沢氏、安見氏、三好氏

廃城年

天正4年(1576)

遺構

曲輪、石垣、竪堀、畝状竪堀群、堀切、井戸跡

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

野崎城(大阪府大東市)[1.0km]
三箇城(大阪府大東市)[2.4km]
岡山城(大阪府四條畷市)[2.5km]
田原城(大阪府四條畷市)[3.8km]
北田原城(奈良県生駒市)[4.7km]

飯盛山城の解説文

飯盛山城(いいもりやまじょう)は、大阪府大東市及び四條畷市にある日本の城跡。標高315.9mの飯盛山に築かれた日本の城(山城)である。

飯盛山城や飯盛城と名称が統一されていなかった時期があるが、大東市による公式名称は「飯盛城(いいもりじょう)」である。

概要
日本の中世史、中世城郭史を研究する上で、飯盛山城は重要な位置を占める。河内と大和との間には生駒山脈が南北に走り、これが国境となっている。飯盛山城は、その生駒山脈の北西支脈に位置している飯盛山に築かれている。

中世の山城としては、かなり大きな部類に属し、強固な要塞であった。全盛期には、南北に1200m、東西に500mに達し、70以上の曲輪が確認されている。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(160番)に選定された。

沿革
南北朝時代
この城の始まりは、『河内志』によると佐々目憲法(僧正憲法)が南北朝時代に築いたとされているが、藤田精一の著書『楠氏研究』によると、これは河内国ではなく紀伊の飯盛山城であると指摘している。

正平3年(1348年)1月5日の四條畷の戦いで、北朝方の高師直が6万の大将として四條に着陣。太平記によると、

懸下野守、その勢五千余旗飯盛山に打ちあがりて(『太平記』)

という記載が見受けられ、南朝方の恩地氏が飯盛山城に立て篭もったようである。ただ、この時代はまだ臨戦的陣城で、恒久的な城ではなかったと思われている。
...

飯盛山城の口コミ情報

シバヤン大和守交友莫爭様[2017年05月27日]
続)城の石垣群は東斜面に集中しています。嬉しくなるぐらいの土橋を渡った後展望台のある本郭に。見やすい縄張り図があり有り難いが何故ここなのか?疑問。
大東市と四條畷市に跨がるこの城の所有権の折り合い付かなかったかな?
展望台からは阿倍野ハルカスも望める程です。脚が痙攣気味になって登った甲斐あり!
本郭を降りたらまた大堀切!トイレに行きたくなりましたら東斜面降りた楠公神社で、自販機もあります。ここはパンフだと馬場にあたります。
最後に蟷螂の胴体に部分にあたるFM送信タワーがある南千畳敷。木々の織りなす緑の日傘で鶯の森で気持ちよし。南千畳敷の南側に小さい看板で虎口の表示あります。
長慶の権威絶頂の城に大満足!
帰り道にもう一度石垣群を見ようと楠公神社に降りて東斜面の山道を北に進みます。斜面に注意すると右に左に石垣群、嬉しくなる。
しかし、西側と比べて東斜面は寂寞として仄暗い道は石垣の蔭から今にも落ち武者がよろよろと現れるようなそんな戦国の不気味な空気か風塵が残る貴重な山城です。
大阪が誇る歴史遺産大事にして下さい。

シバヤン大和守交友莫爭様[2017年05月27日]
JR四条畷駅から四条畷神社を目印に向かうのですが、まず四條畷市立歴史民族資料館を訪ねます。駅東出口から北に歩いたら和田賢秀公の墓を見てから左に入った所。
此処で飯盛山城の説明、縄張り図のパンフを手に入れて下さい。折角来たので見学を、入場料無料。田原城主の田原レイマンの墓碑が展示されてます。日本最古のキリシタン墓碑です!お見逃しなく。
四條畷神社の階段を上がり、拝観。神社の右手にある四條畷神社会館の右側に登城入口です。杖もあります、必要な方はどうぞ。
この城の縄張りは飯盛山を大きな蟷螂が跨がっていると想像して下さい。脚の着地点に曲輪があると。神社から上がる道は蟷螂の頭側から上がる事になります。道中は曲輪に近くになると手すりを持たないと危ないです。一歩一歩確実に。
主要郭は大きく分けて三つ。その間に堀切がある縄張りです。まず、三好長慶の眠る御体塚丸。東斜面に石垣が、この城の石垣は垂直に積み上げてます。汗だくになり積み上げた姿が浮かんできます。
次に土橋を歩いて本郭。展望台もありますが、上がらずに東斜面を見て下さい。
尾根沿いに石垣群が続いて圧巻です!

式部卿京の御恩と奉公と問屋様[2016年10月18日]
四條畷駅から東へ約1㎞先の四條畷神社に飯盛山登山口があります。
ハイキングコースとして整備されてるので登山経験の少ない方でも登られるかと思われます。
一部ではありますが石垣、土塁、堀切、切岸、土橋など遺構が残存してます。
飯盛山山頂からは広大な河内平野が眺められます。
楠木正行公に縁があり、戦国時代には織田信長公以前の天下人と目される三好長慶公が居城としてました。
JR四條畷駅から徒歩圏内なので、車の無い方にもおすすめです。

若狭守次郎吉様[2016年06月11日]
四条畷駅から四条畷神社を経由して登城しました。飯盛山城は連郭式の山城です。四条畷神社から飯盛山山頂に向けて登っていきます。結構分かれ道がありますが、方向案内板があるので大丈夫です。一番最初に現れるのが飯盛山史跡碑郭と呼ばれる郭。そのまま進むと堀切があります。堀切の上には三好長慶を極秘埋葬したといわれる御体塚があります。しばらくは石垣がいろんな所にちょっとだけ残っています。次に本郭が現れます。本郭の展望台でセルフ式で城跡の案内パンフレットがもらえます。写真付きでとても分かりやすい縄張り図と飯盛山城付近の歴史関連のスポットが記載されています。本郭の一段上に高櫓郭があり、飯盛山山頂314Mです。その先堀切があり2つに道が分かれます。左側に行くと伝馬場跡の楠公寺があります。寺の前に自販機あり。右側に行くとFM送信塔がある千畳敷があり、その先虎口と南丸、畝状竪堀があり、飯盛山城の終わりです。

北川幸人様[2013年09月30日]
山頂近くの楠公寺まで車で行けます。阪奈道路の府県境から約500m大阪寄りに、楠公寺1㎞の案内板があります。未舗装部が多く、道幅が狭いので、あまりオススメできませんけど…。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore