野崎城(のざきじょう)

野崎城の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府大東市野崎2-11

旧国名

河内国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

畠山氏?

築城年

室町時代

主な改修者

不明

主な城主

畠山氏

廃城年

天正4年(1576)?

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

飯盛山城(大阪府大東市)[1.0km]
三箇城(大阪府大東市)[1.7km]
岡山城(大阪府四條畷市)[3.0km]
田原城(大阪府四條畷市)[4.4km]
水走城(大阪府東大阪市)[4.8km]

野崎城の解説文

野崎城(のざきじょう)は、大阪府大東市にあった城。

概要
野崎城は、慈眼寺(野崎観音)の裏山に築かれた城で、標高114.4mの山頂に本曲輪の削平地を構築した。また飯盛山の東の支脈の突き出した場所で、平地が狭かったことから、交通の便、天然の要害で古くから戦略上の要点とされてきた。

慈眼寺から飯盛山城に向かう登山道にこの野崎城が位置する。

沿革
河内国守護畠山氏の内紛の際、畠山尚順が立てこもる野崎城に畠山義豊が攻めた、という記述あるのみで、歴史については不明な点が多い。河内国の北半分の拠点であった若江城の支城として、守護代の遊佐氏が守っていたのではないかという説もある。

飯盛山城が築城後は、東高野街道から飯盛山城に向かう推定の大手通り上に野崎城があるため、むしろ飯盛山城の支城となったのではと考えられている。野崎城に関する築城、廃城が記載された文献は残されていないが、廃城に関しては、飯盛山城と同時期天正4年(1576年)ではないかと推定されている。

城郭
山頂に本曲輪を設け、その東側に10m以上の堀切を配し、本曲輪の西と北に出曲輪、更に西の山麓の傾斜添いに3段にわたる4つの曲輪を設けている。

交通

 阪神高速東大阪線 水走出入口 → 国道170号旧道を北上
 近隣に駐車場無し(慈眼寺に参拝者用の駐車場有り)
公共交通機関
 JR学研都市線野崎駅 → 約10分 → 野崎観音 → 約10分...

野崎城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年04月04日]
野崎観音から登城。登山道は整備されていて登りやすい。主郭に石碑と説明板があります。主郭の東側(飯盛山城方面)には堀切もあります

左衛門尉ねこすずめ様[2016年09月07日]
野崎観音から出ている飯盛ハイキングコースの途中にあります。途中の分かれ道の立て札に野崎城コースの案内が出ているし、道も整備されていて、道なりで10分ぐらいでいけるようですが、途中の見晴らしを楽しんだり、廓の写真を撮ったりしたら、20分ぐらいかかっちゃいました。いいところです(^^)

若狭守次郎吉様[2016年06月11日]
遺構は郭の他に堀切もある。飯盛山城から行くコースと野崎駅→慈眼寺のルートの二つがある。どうせなら飯盛山城とセットで攻めるのをオススメします。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore