田原城(たわらじょう)

田原城の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府四條畷市上田原字八の坪

旧国名

河内国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

田原但馬守

築城年

室町時代後期?

主な改修者

主な城主

田原氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

北田原城(奈良県生駒市)[1.6km]
飯盛山城(大阪府大東市)[3.8km]
菜畑城(奈良県生駒市)[4.4km]
野崎城(大阪府大東市)[4.4km]
高山城(奈良県生駒市)[4.8km]

田原城の解説文

田原城(たわらじょう)は河内国(現在の大阪府四條畷市上田原)の大和国との境界付近に建てられた戦国時代の日本の城(山城)である。

築城者は田原庄の荘官であった田原対馬守(名は不明・某と記される)で戦国時代には畿内の支配者となった三好長慶に属し、田原城も永禄三年(1560年)以降は長慶の居城とされた飯盛山城の支城として機能したといわれる。また、田原城より北に元の居館があったともいわれている。

田原対馬守は一説には松永久秀の被官であったという。三好氏の没落とともに田原城も廃城とされた。田原城については残されている史料は少ない。田原対馬守は代々付近に存在した千光寺を菩提寺としたと伝えられ、現在では近辺の月泉寺にその位牌が伝えられている。月泉寺の墓地には田原氏の墓碑とされる五輪塔も現存する。最後の城主はキリシタンとなり洗礼名はレイマンと言ったことが、フロイスの書簡(フロイス日本史)からわかる。また千光寺跡から出土した墓碑に洗礼名の礼幡(レイマン)と十字及びイエズス会を示す“Η”が刻まれており、天正九年(1581年)の日本最古のキリシタン墓碑であることを示す銘がある。

参考文献
四條畷市教育委員会編『ふるさと四條畷』 2010年

田原城の口コミ情報

シバヤン大和守交友莫爭様[2017年01月04日]
近鉄生駒駅南口から奈良交通バス田原台一丁目行きに乗り「池谷」で下車して北へ行き診療所の大看板のある脇道に入ります。道なりに歩き橋を渡り歩いて行くと右手に車の販売店があります。その左手の丘陵に田原城の入口案内があります。
先日、一回目の訪城の時はこの反対側から登城しましたが、確認の為に再度の登城。入口から道なりに上がる。本丸入口前に田原城の案内板ありました。
城主の名は田原対馬守レイマン。

田原城の本丸にたどり着くまでに背丈を越える高さの堀切が二本あります。
これが最大の見所。本丸から降りた一番目の堀切を北へ抜けたら井戸曲輪、これが二段に敵を待ち受けます。
井戸曲輪の前は西出丸に繋がる堀切と本丸へ繋がる堀切の分岐路になってます。敵を惑わし敵兵を分断させる工夫と推理。
城には竹藪だらけですが、ネットは廃城後
荒れたの一言でしたが、また私の推理は違います。鉄砲の弾除け等に竹束作りに利用する為に敢えて植林、春には筍も食用になる。足が捕られる程の竹藪に敵兵も容易に入れない!
本丸周囲は土塁があり小さい城ながら鋭さを感じました。
田原レイマンについては後日に(;^_^A

まるき〜淡路守様[2016年05月05日]
ひっそりした村のゴミ置場付近に登城口があり竹藪の中を少し進むと15×10m程の四角い穴?がいくつか連なって畝傍堀のようになっている、本丸下と隣郭の間の堀切を抜け奥の階段より回り込むようにして本丸上へと続くとここに城址碑、小さな神社があり眺めは標高30mながら遠くまでよく見通せる、南側にも竹藪の道は続き郭が存在している、奥に行くと更に小さな祠がある所々民家の畑と隣接しており、また筍があちこちにあるので色々と誤解されないかと見かける人には極力こちらから声を掛けながら城探索をしていますとアピールするのが良いかと思う。全体的に荒れてはいるのだけど形としてはハッキリしていてわかりやすい遺構ではないかと思います、見応えは十分ありました。時おり14〜5mの竹どおしが上空でコツーンと音を立てるのでドキッとしますが…素人なりに探索を終え城跡を後にしましたが道によってはあちらこちに「田原城→」という案内の札があり、もしかしたら結構ウェルカムな城跡なのかな?とも思えましたオススメです。駐車場はありません。追記、運営の城説明で築城主が「田原但馬守」となっていますが現地の説明では「田原対馬守」となっています。

城井宇都宮智房様[2016年04月24日]
素直に…
めっちゃ!良かった(笑)

若狭守次郎吉様[2016年03月25日]
田原城は田原氏の居城で近くの飯盛城の支城である。堀切、土塁、曲輪、古道、堤が遺構として残っており、田原城のある小山の殆どが竹でおおわれている。曲輪跡には石碑と案内板があり、住吉神社のミニ社殿も存在する。ミニ社殿の中に2体の狛犬があり、手前には燈籠もある。石碑は表に“田原城跡”裏には田原城の説明がかかれているので要チェックだ。

金森出雲守様[2015年03月17日]
城跡北方の阪奈サナトリウムは千光寺跡で、城主田原レイマンのキリシタン墓碑が見つかってます。サナトリウム近くに掲示板あります。現物は四條畷歴史民俗資料館で見ることができます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore