田原城(たわらじょう)

田原城の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府四條畷市上田原字八の坪

旧国名

河内国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

田原但馬守

築城年

室町時代後期?

主な改修者

主な城主

田原氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

北田原城(奈良県生駒市)[1.6km]
飯盛城(大阪府大東市)[3.8km]
菜畑城(奈良県生駒市)[4.4km]
野崎城(大阪府大東市)[4.4km]
高山城(奈良県生駒市)[4.8km]

田原城の解説文

田原城(たわらじょう)は河内国(現在の大阪府四條畷市上田原)の大和国との境界付近に建てられた戦国時代の日本の城(山城)である。

築城者は田原庄の荘官であった田原対馬守(名は不明・某と記される)で戦国時代には畿内の支配者となった三好長慶に属し、田原城も永禄三年(1560年)以降は長慶の居城とされた飯盛山城の支城として機能したといわれる。また、田原城より北に元の居館があったともいわれている。

田原対馬守は一説には松永久秀の被官であったという。三好氏の没落とともに田原城も廃城とされた。田原城については残されている史料は少ない。田原対馬守は代々付近に存在した千光寺を菩提寺としたと伝えられ、現在では近辺の月泉寺にその位牌が伝えられている。月泉寺の墓地には田原氏の墓碑とされる五輪塔も現存する。最後の城主はキリシタンとなり洗礼名はレイマンと言ったことが、フロイスの書簡(フロイス日本史)からわかる。また千光寺跡から出土した墓碑に洗礼名の礼幡(レイマン)と十字及びイエズス会を示す“Η”が刻まれており、天正九年(1581年)の日本最古のキリシタン墓碑であることを示す銘がある。

参考文献
四條畷市教育委員会編『ふるさと四條畷』 2010年

田原城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。