三箇城(さんがじょう)

三箇城の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府大東市三箇5-2

旧国名

河内国

分類・構造

水城?

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

三箇氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

野崎城(大阪府大東市)[1.7km]
飯盛城(大阪府大東市)[2.4km]
岡山城(大阪府四條畷市)[3.1km]
古橋城(大阪府門真市)[3.7km]
水走城(大阪府東大阪市)[4.6km]

三箇城の解説文

三箇城(さんがじょう)は、大阪府大東市にあった城。

沿革
三箇は深野池西側に浮かぶ複数の島の地名である。池の水位によって3つから4つの島で構成されていたとされる。

築城時期ははっきりしないが、畠山義就と畠山政長が北河内を舞台にして争った1470年前後と考えられる。文明3年(1471年)7月には、義就方の遊佐五郎が三箇に立て篭った記録がある。当初は野崎城の、飯盛山城築城後は飯盛山城の支城であった。

永禄3年(1560年)に三好長慶が畠山高政・木沢長政を破り、河内国を領国として飯盛山城を本拠とした。永禄4年(1561年)12月には畠山高政が城兵の油断を突き三箇城を落とし守将の三好政成を討ち取った。一時は長慶の本拠地飯盛山城をおびやかした高政だったが、翌年5月には長慶勢が盛り返し、高政は紀州に逃れた。

三箇氏は大和国宇智郡の出自で畠山政長に従ってこの地に移動してきたものと思われるが、記録で明らかになるのは三箇頼照(洗礼名:サンチョ)の代からである。長慶の配下で三箇領主であった永禄6年(1563年)に頼照は飯盛山城でロレンソ了斎の説教を聞いて改宗を決意し、翌年に妻や一族、家臣の多くと共に洗礼を受けた。

頼照は、永禄7年(1564年)に三好長慶が死ぬと三好義継に従い、天正元年(1573年)義継が敗れると織田信長に降った。信長と石山本願寺の関係が悪化すると、大和川を遡上してたびたび本願寺勢が三箇に攻め寄せたが援軍の助けもあって全てこれを防いでいる。天正6年(1578年)多羅尾綱知によって「毛利氏と内通している」との讒言を受け閉居を命じられた。まもなく許されたが、この時に家督を子の三箇頼連(洗礼名:マンショ)に譲った。

天正10年(1582年)、本能寺の変の際には明智光秀についたが山崎の戦いで光秀が敗れたため、三箇親子は領地を捨てて逃亡し、三箇城とその城下は焼き討ちにあった。

三箇氏の後にはキリシタン武将である結城如安(ジョアン)が城主となった。如安は天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで戦死し、この頃に三箇城は廃城になったとみられる。

比定地
三箇城がどの位置にあったのかは分かっていない。比定地候補として三箇菅原神社社地や、大畑の廃慶岸寺跡が挙げられる。大正8年(1919年)に三箇菅原神社社地に「三箇城址」の石碑が建てられた。

三箇のキリシタン...

三箇城の口コミ情報

てっちゃん掃部頭50さん[2013年12月31日]
JR住道駅前の「大東八景」パネルの中に
『美わしの社 三箇城址』のパネルも有ります(その説明文)
[深野池に浮かぶ島(大箇)にあったと推定され、菅原神社地が三箇城址といわれている。神社の秋祭りでにぎわうが、市指定保護樹木のクスノキ、エノキの大樹が繁り、今は碑として残るのみで寂しい。]
私も寂しい (/_;)

てっちゃん掃部頭50さん[2012年04月01日]
【水月院跡地:三箇菅原神社 説明板ヨリ】

『西の隣接地には曹洞宗宇治興聖寺末・水月院があった。現在も墓石が残存し、江戸時代までの神仏習合の面影を残している。
(中略)
なお、水月院跡には「城ハ灰 埋は土となるものを何を此代に思ひ残さん」の辞世句を記す墓石も見いだされる。』

三箇菅原神社の西の隣接地「水月院跡」の墓石の辞世の句写真撮りました
文字が少し見にくいですがアップします

このあたりにお城があった名残?ですね

てっちゃん掃部頭50さん[2012年03月01日]
【場所】
『三箇菅原神社』に石碑が有ります(候補地 の一つ)
お城らしい遺構は何も有りませんが… 神社の説明文に三箇城に触れた部分が有り ますヨ!

JR西日本学研都市線(片町線) 野崎駅 西 へ約1km
参拝者用の駐車場も有ります

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。